test

登山靴は、雨具やザック(リュック)に続く、登山の三種の神器の1つ。

登山靴の特徴、選び方について解説します。

登山靴・トレッキングシューズ

富士山に登山靴は必要なの?運動靴と登山靴の違い

過去何度も富士山に登っていますが、正直、富士山は登山靴でなくても運動靴で登れます。

事実、様々な運動靴で登っている登山者が多数います。(特に若年層に多いように感じます)

 

私は運動靴と登山靴の両方で富士山に登ったことがありますが、両方を体験から

————————–

一般的な運動靴は登りは良いが、下りが困難。

登山靴はあらゆる環境の変化にも対応でき安全。

————————–

とわかりました。

 

登山靴の特徴

登山靴は、あらゆる天候でも登山道を安全に、快適に登れるように設計された靴です。

登山靴は、軽登山靴(トレッキングシューズ)、重登山靴(アルパイン)などがありますが、共通して

  • 堅牢
  • 防水透湿性
  • ソールが固く、滑りにくい

という特徴を持っています。

 

堅牢

IMGP2355

石で強く押してもあまり凹みません

登山靴は、歩行中に岩などに接触しても足を痛めないよう、全体的に硬い素材が使われています。アッパー(靴の底を除いた上の部分)は硬く、靴底も厚く硬いです。

実は、この堅牢さゆえ、登山靴はその人の足との相性の差が出やすい(合わないと痛くなりやすい)のです。一般の運動靴は、特にアッパーが柔らかく、最初はジャストフィットしなくても次第に足にフィットするようにある程度は変形していきます。登山靴もある程度は変形していきますが、そもそも素材が硬いため、一般の運動靴に比べて僅かな変形に留まります。

そのため、登山靴を選ぶ時に”購入時点で自分の足にフィットしている”ことが非常に重要になってきます。

 

防水透湿性

水に浸かった登山靴

もちろん、水たまりに入れても、靴の中は濡れません

殆どの登山靴はアッパーに防水透湿性素材(ゴアテックスなど)を内蔵しています。

山の天候は変わりやすく、雨が降ることも多々あります。富士山ではありませんが、他の山では浅い沢を渡らなければならないような登山道もあります。水が靴内部に侵入すると

  • 水で足の皮膚がふやけて靴ずれする
  • 水を吸った分、靴が重くなる
  • 水濡れによる不快感

がおこります。アッパーに防水透湿性素材を挟み込むことにより、これを防ぐことができます。

gore-tex_scarpa_technical_image_01

出典:scarpa

特に致命的なのは足の皮膚のふやけです。長い時間お風呂に入っていると皮膚がふやけてやわらかくなりますが、足がふやふやの皮膚の状態で何時間も山を上り降りするとどうなるでしょうか?体重の圧力や靴との摩擦に耐えきれず容易に皮膚が傷つき(くるぶし、かかと、足先が発生しやすい)、痛くなってきます。一度靴ずれを発生すると、歩く度にそこが痛み、山登りを楽しむのが難しくなってきます。

そのため、ほぼすべての登山靴には防水透湿素材が使われています。

防水性は必須です。何年も靴を使っていたりメンテナンスが悪いと防水透湿素材に穴が空いて、水が入ってくることがありますが、そのような登山靴は日帰りには何とか使えても、1泊以上の登山に使うのが難しくなってきます。

透湿製に関しては、私は今までに4足のゴアテックス内蔵の登山靴を履いてきてますが、透湿しているのかどうかよくわからない、体感が難しいです。一般の非防水の運動靴の方が、通気性があり、ずっと蒸れにくいように感じます。経験上、透湿性があるといっても、発汗量の多い足の蒸れを完全に放出できるほどの透湿性は期待できません。

そのため、登山用の靴下が”余剰の汗を溜め込む”という重要な役割を果たします。登山用の靴下は日常で使われる靴下よりも厚手ですが、硬い靴とのクッション材の役割以外にもその厚み分だけ汗を吸って溜め込み、足の皮膚をドライに保つという役割もあるのです。

山小屋で1泊して富士山を登る場合、一日目の数時間の登りで靴下がけっこう濡れてしまうこともあり(特に雨の場合)、山小屋に着いても靴を脱ぐと濡れにより足が冷える&不快になることもあります。1泊以上の場合は、予備で靴下をもう1足持っていくのがおすすめです。

 

ソールが固く、滑りにくい

IMGP2349

ブロックパターンが大きく、溝も深い

登山靴は一般の靴のソールよりも、ずっと硬く、ブロックパターンも大きく、溝も深くなっています。登山靴で舗装路を歩くと歩きにくいですが、山道では悪路ほど効果を発揮します。

 

ソールの硬さは、岩角に足を乗せた時の下からの突き上げから保護していくれます。この効果は登りよりも、足裏への衝撃が大きくなる下山時に効果を発揮します。靴底が軟らかいと長時間に及ぶ足裏の突き上げで、次第に足裏が痛くなってきますが、硬いソールではほぼ起きません。

また、ブロックパターンが大きく溝が深いため、傾斜の強い砂利道・砂礫・土砂をしっかり噛み込むことができます。

IMGP4422

富士山 富士宮ルート

富士山はどの登山ルートでも、六合目以上の多くの場所が上の写真のように火山の砂礫です。登りの時は、足がずり落ちやすく、靴底が滑るとその分移動がロスするため無駄に疲れますが、登山靴を履いて斜面に対して並行に足を置く(ソールを接地面積を最大にする)ことにより、滑るのを軽減でき効率よく登ることができます。富士山は特に滑りやすく、この歩行技術が大切になってきます。

吉田ルート 下山道

吉田ルート下山道 砂礫が細かく滑りやすい

下山時は、足が滑って転倒を予防するのに大いに効果があります。

にくくなります。

 

自分の足に合った登山靴を履けば、ロスなく快適に富士山を登ることができるよになります。

 

 

 

 

運動靴の種類にもよるとおもうのですが、ソールの目が平たいものは下山時にすべって転びやすいです。

下山するときは、砂利や岩が転がっている道を下りるとことになります。

下りなので、斜面を ドンッドンッ という感じで非常に瞬間的に足に負担がかかります。

そのときに靴が路面を噛んでくれないと、ズルッと滑ってしまい転倒します。

(以前、富士宮口を下山したときに運動靴をはいた人が私を含め5人中3人転倒しました。

3人とも怪我はありませんでしたが、下山道はとがった石がゴロゴロ転がっていました。

もし、そので滑って転んだら・・・と考えると恐怖を感じずにはいられませんでした。)

 

しかも、ローカットの靴だと何度も靴の中に小石が入り込んで、そのたびに靴を脱いで小石を取り出しました。

小石が入ると、歩くたびに足が痛くてがまんできませんでした。

結局、靴を脱ぐことになるのですが、疲れている中でわざわざ止まって靴を脱ぐ作業はストレスを感じるだけでなく、仲間を足止めして迷惑をかけてしまいます。

 

それだけでなく、下山時に靴の先に足の親指がガンガンあたって激しい痛みを伴いました。

下山後に足を見ると右足の親指の爪がうっ血していました。(数日後にその爪ははがれました。)

 

以上のような経験から、翌年の富士登山では登山靴を購入。

それはそれは快適な登山でした。

とくに下山時の安定感は非常に高く、怪我も一切無く、転倒もありませんでした。

 

身をもって

————————

やっぱり登山には登山靴

————————

を体感することになりました。

 

 

 

登山靴・トレッキングシューズの選び方

そもそも登山靴の特徴を知っていますか?

 

 

基本的に登山靴は

・ソールが硬い ⇒ とがった石や岩などから足を守る

・土や砂利などの路面をかむ ⇒ 悪路でも滑りにくく、転びにくい

・防水性がある(安いのは無かったりする) ⇒ 雨でも濡れない

というような特徴を持っています。

 

高さも、ローカット、ミドルカット、ハイカットなどがあって高くなるほど足へのホールド感が増して、小石も入りにくくなります。

それだけでなく、水溜りなどでも簡単に靴の中に水が入らず快適です。

富士登山ように登山靴を買うなら、ミドルカットかハイカットの高さで防水性のあるものを選ぶとよいと思います。

 

水に浸かった登山靴

大雨が降れば、登山道が水溜りになることも。防水じゃないと
靴の中が濡れる⇒気持ち悪い&足の皮がふやける⇒靴擦れする⇒激しい痛み

そして、何より重要なのは

—————————————–

自分の足にあった靴を選ぶ (超重要!!!)

—————————————–

ことです。

 

富士登山は登り下りで10時間くらいと非常に長いです。

そんな長い時間をず~~~っとはき続けるので、靴との相性が非常に求められます。

靴との相性が悪いと、靴擦れや足のつま先を痛めます。

そして、その靴を履いて登山に行きたくなくなります。(なぜなら痛くなるから。)

結局、次回の登山に行くときに買い換える感じになります。

 

なので、とにかく自分の足にあった靴を選ぶことが重要なのです。

 

富士登山ガイドのエキスパートの野中径隆さんによる
”登山靴・トレッキングシューズ”講義

 

 

 

それでは、どうやったら自分の足にあった靴を選ぶことができるのか。

ズバリ、実際にアウトドアショップに行って実際に試着してするのがベストです。

そして、登山経験が豊富そうな店員さんを捕まえて、アドバイスを仰ぐのも非常に有効です。

(経験が豊富な店員がわからない方は、とりあえず年配の人を捕まえましょう)

ただし、シーズン中の7月末~8月中はアウトドアショップも忙しくて接客が雑になってきますので、

できるだけ早い時期に準備するのがいいとおもいます。

 

直接お店に行って試着するのがベスト

通販サイトや雑誌などで気になる靴を見つけたら、直接お店に行って試着するのがベストです。

経験上、だいたい10足くらい試着したら、自分にあう登山靴がわかってきます。

いろいろなメーカーの登山靴を試着して、自分に合った登山靴を選んでください♪

 

個人的には、イタリアで作られた靴がおすすめです。値段は2万円~と高いですが履き心地が非常にいいです。

というか中国製とはぜんぜん違います。

登山靴に詳しい方数人に聞いたところ、

ある人は、「日本人がぞうりを履いていた時代に、イタリア人は革靴をはいていた。靴作りの歴史が違う。」

ある人は、「例えるなら、中国製の登山靴はアルバイトが作ったような靴。イタリアで作ったのは職人が作った靴。」

と言ってました。

予算に余裕のある方、これから本気で登山を楽しみたい方はぜひためし履きしてみてください。

 

何はともあれ、中国製でもイタリア製でも

——————————————————–

自分の足に合った靴 = 数時間の登山でも足が痛くならない靴

——————————————————–

を選ぶことがとてもとても重要です。

(※ご参考 : 私の登山靴選びの記事

 

この記事を読んでくださった方が自分にあった素敵な登山靴にめぐり会えて、富士登山を楽しめることを心より願っています。

登山靴選びのウソ、ホント

年配の登山経験者の方に多いのが、「登山靴は痛くてあたりまえ」という発想です。

靴の作りが悪かった昔とは違い、現代の登山靴は自分の足にあったものを選べば、マメができたり、爪が剥がれたりなどでテーピングでぐるぐる巻きにしなければならないほど足が痛くなることはありません。

もちろん、履きなれない靴をとつぜん登山前に履くので多少の違和感はあると思います。

自分の足にあった登山靴に出会えると良いですね(^-^)

 

 

各メーカーの登山靴

富士登山にも適していると思われる各メーカーの代表的なトレッキングシューズ・軽登山靴をご紹介します(^^)

基本的に、登山ショップで試着して購入するのが基本です。

しかし、首都圏なら登山ショップたくさんありますが地方になるとそれほどないか、あっても、品揃えもいまいちかもしれません。

通販サイトを見ていくうちにわかったのですが、意外と登山靴を通販で購入している方も多いようです。(なぜなら購入者レビューが多いから)

そこで、私自身が試着してこれは、というおすすめも掲載しておきます(^^)

ぜひ、登山靴選びの参考にしてください♪

 

登山靴を通販で購入する前に大切なこと

・サイズは普段の+1cmを選ぶ。例えば足が26.0cmなら27.0cmを買う

 → 下山時に傾斜を下るとき多少足先が前にずれるのですが+1cm程度の余裕ないとつま先が靴の先端に当たってしまい痛くなる → そうなると爪が割れるか、内出血し、爪がはがれる(私の経験談)

 

・普通の靴が合わない人は要注意!

 → スニーカーなど普通の靴を履いて、なかなか足が合わない方は要注意。自分の足が幅広とか、足が細いとか自覚している方はそういう登山靴を選んだ方がよりフィットするでしょう。

自分の足型が良くわからないという方は、割と平均的な足型に近いと思われます。+1cmサイズで選べば、それとなくフィットするでしょう。

自分の足型はこちらの一覧表でチェック! ⇒ 靴幅を調べるには 靴幅・サイズ対応表

 

シリオ

シリオは日本人の足型にあった靴を作っている登山靴専門メーカーです。

基本的な作りがよく、値段は少々しますがぜひ試してみて欲しい靴です(^^)

sirio_pf302_1.jpg

シリオ(SIRIO) P.F.302 (メンズ&レディース) 片足 680g(26.0cm)

ハイキング入門者のみならず、尾瀬等の日帰りハイキングや軽装備の山行等のライトトレッキングにも使用できる、信頼できるトレッキングシューズです。ゴアテックスのライナーを装備し、またナイロンメッシュのタングで通気性もUP。マルチダイレクション・アンクルフレックスで足首の動きやすさと適度なサポートを両立。日本ブランド「シリオ」が開発した幅広の「3E+」のラストが採用されています。

 

これは足が合えば、素晴らしい登山靴で超一押しです。(幅広の人に!)

もし、登山ショップいったらこれから試着してみると、良い登山靴とはどういうものか、よくわかると思います。(足型合えばですが)

幅広3Eで作っていますが、足先まで紐がありフィット感を調整できます。

2013年?に私の兄と登山ショップへ靴買いにいったとき、いろいろなメーカー試着して最終的にこれ買いました。

その後もこの登山靴で足が痛くなることもなく絶好調のようです 笑。

 

もちろん私も試着しましたが、本当に良くできています。

平地の歩きやすさ、頑丈さ、紐の締めやすさ、安定感、どれをとっても素晴らしい。

軽登山靴の中でも比較的重量あり、The登山靴という感じですが、富士登山をきっかけに登山靴をしている方や、すでに軽登山靴をもっていて買い換えたい方などに非常に試着をおすすめしたい1足です(^^)

 

ネット上の使用者感想みると甲高、幅広の人の評価がかなり高いです(^^)

因みに私は幅広で甲は普通か薄いですが、靴の作りがよくて紐が良く閉まるので、これでもフィットします(^^)

シリオ(SIRIO) P.F.302 の口コミと実売価格

 

通販購入者の口コミはこっちの方が多い(楽天)

 

キャラバン

キャラバンは創業60年の登山靴メーカーです。

足型がバッチリ合うというよりは、それとなく誰でも合うような作りになっていると感じます。

 

C1_02S_1.jpg C1_02S_2.jpg

C1_02 (メンズ&レディース)  重量: 約590g(26.0㎝片足標準)

登山入門者が使いやすいように設計された、キャラバンシューズの代表的なモデルです。履き口まわりに柔らかな生地やクッション材を採用し、足首を優しくホールド。指先まわりはゆとりを持たせ、アキレス腱部分は足首が動きやすいよう浅めにカットするなど、初めて登山靴に足を入れる入門者でも違和感なく履ける設計です。つま先部分にはTPU樹脂カップを採用し、指先をしっかりと保護。さらに、悪路でもグリップ力を発揮するキャラバントレックソールや、着地時の衝撃を吸収するインソールクッションシステムにより歩行性能を高め、低山はもちろん、富士登山、尾瀬や屋久島でのトレッキングにも最適です。

このモデルは登山ショップなら必ず置いてあるといってもいい軽登山靴です。

指先がゆったりしています。

ただ、足先まで靴紐がないため、ゆったり加減は調節できませんが、それだけに足入れしやすくなっています。

価格も控えめで手ごろです。

低予算でそれなりにしっかりした軽登山靴をお探しの方におすすめです(^-^)

キャラバン C1_02 の口コミと実売価格(通販の口コミ多く評価も高い)

 

ニューバランス

ニューバランスも軽量な軽登山靴をだしています。

 

mo703_1.jpg wo703_1.jpg

MO703H メンズ用 重量:約430g(27.5cm片足標準)  WO703H レディース用  重量:約370g(24.0cm片足標準)

卓越した軽さと優れたフィット性を追求したトレイルウォーカー。GORE-TEX®、ビブラムアウトソールなどハイスペックな装備を満載し、ビギナーから経験者まで幅広い層のニーズに応える春夏シーズンのマストアイテム。

試着した感想としては、足先を強く屈曲させると少し固い生地が食い込んでくる感じがあるところが少し気になりましたが、とにかく軽量ではける防水靴といった印象があります。

靴メーカーなだけあって、足型にくせ無く万人に受ける感じです。

 

スニーカーと軽登山靴の中間にあるような靴がいいかもしれません。

「せっかく買うからには登山だけでなく、ハイキングやキャンプなどアウトドア全般で幅広く使えるものがいい」という方におすすめです(^^)

サイズも豊富です!

メンズ ニューバランス MO703H の口コミと実売価格

レディス ニューバランス WO703H の口コミと実売価格

 

メレル

Moab_Mid_1.jpg Moab_Mid_2.jpg

MOAB MID GORE-TEX (メンズ&レディース)

マルチスポーツの定番「モアブ」のミッドカットモデル。ミッドカットモデルは足首のホールド性を高め、安定した歩行を助けます。
アッパーはナイロンメッシュとシンセティックレザーを使用。通気性と耐久性を高めています。ゴアテックス®を採用し、高い防水性を備えています。
屈曲が柔らかくクッション性のあるソールは、これからハイキング始める方にもおすすめです。ウィメンズモデルには女性の歩行をサポートするQフォーム®を採用。ライトハイキングをはじめ、幅広く活躍できるモデルです。

この靴も試着しましたが、かなりスニーカーに近い軽登山靴といったところでしょうか。

非常にやわらかく、履きやすいです。

ただ、ある程度耐久性が求められる砂走りだと、この靴大丈夫かな、すぐにボロボロにならんかな、という感じもありました。

頑丈な登山靴に慣れている私には、やわらか過ぎて、ちょっと不安を感じるほどに 笑。

この靴で岩に足ぶつけたら足痛いと思いますが、普段にも使えるものをお探しの方にはいいかもしれませんね(^^)

 

メレル MOAB MID GORE-TEX の口コミと実売価格(購入者の評価は非常に高い)

 

売れ筋ランキング

登山靴・トレッキングシューズの売れ筋ランキング (Amazon)

登山靴・トレッキングシューズの売れ筋ランキング (楽天)

 

まとめ

・とにかく、登山店で自分の足に合った靴を選ぶ

・ゴアテックスなど防水加工である

・ミドルカットかハイカットがおすすめ

・直接お店に行って試着するのがベスト

 

 

最後に

軽登山靴・トレッキングシューズといってもさまざま幅があります。

上記で紹介した以上にコロンビア、トレクスタ、アディダスなど試着していて、その中でもキラッとひかった特長のものを紹介しました。

いろいろ試着して感じたのは、見た目じゃぜんぜん違いわからんな、ということですね(^^)

例えば、一見強そうな?メレルですが、履いたらビックリやわらかい、みたいな。

 

因みに富士山用の登山靴として私の一押しはがぜんシリオ(SIRIO) P.F.302です!

普通の人がこれ履くと、靴紐が閉めやすくてびっくりするんじゃないですかね。(実はこれが良い登山靴の証の一つ)

 

ただ、富士登山で一回使ったら登山しないという人には普段履きにもつかえるニューバランスかメレルがいいかもしれません。

 

近くに登山ショップある方は、ぜひ試してみてくださーい(^^)


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ