「山小屋」タグの記事一覧

アイマスクや耳栓・ミュージックプレイヤーで安眠対策。周囲の騒音を軽減

繁忙期の富士山の山小屋は登山者で溢れかえっています。夕飯を食べて消灯時間になり、さて寝ましょうと布団に横になったとき聞こえてくる、話し声、ガサガサ音、いびき、そしてヘッドライトの明かり・・・。 私は今までに何度も山小屋で宿泊してきていますが、もう、これはどうし・・・

富士山 吉田ルートまでのアクセス、登山地図・マップと特徴(登山口、距離、所要時間、山小屋数など)と注意点

Yoshida_Trail_640

吉田ルートの概略図、登山口までのアクセス情報、登山地図・マップ、特徴(登山口(五合目)標高、歩行距離、所要時間・コースタイム、山小屋数)、関連動画の紹介、登山時に撮影した写真、注意点などについて掲載、解説します。 吉田ルート概略図     登山ルート・・・

樹林帯を抜けて風強い

10:34 富士山7合目 太陽館に到着! これでもか!というくらい立てられた看板。   トイレはチップ制です。   温度計があったので、覗いてみると約20度だった。(写真じゃわからないね。)   重いザックはテーブルへ &nbsp・・・

耳栓・・・山小屋で安眠するために

混雑時期は宿泊者で部屋があふれることもあり、いびきや荷物をさぐる音など騒音に悩まされることもしばしば。 事前に耳栓を準備するのがおすすめです。   個人的にはひもが付いているタイプの耳栓は、片側だけ行方不明になったりしないのでおすすめです♪ 山小屋で・・・

ウェットティッシュはとっても便利!

富士登山には、ウェットティッシュがとても便利です。 富士山では水はとても貴重です。水道はないので、水分は自分で持ち歩くか、山小屋で買うことになります。(あと雨水もある?) 汗や砂ぼこりなどで汚れた体をペットボトルに入った水をタオルに湿らせて拭くこともできますが・・・

トイレットペーパーは防水袋・フリーザーバッグに入れて持っていく

トイレットペーパー

富士登山道の山小屋に併設されているトイレのトイレットペーパーが無い場合に使います。 ほとんどの富士山のトイレは、有料・チップ制でトイレットペーパーがしっかり備え付けられているのがほとんどです。 ただ、利用者が多くて補充が追い付かず、用をたした後にトイレットペー・・・

山小屋の売店の値段も日本一!

富士山が日本で最も標高の高い山ですが、山小屋で売られている食べ物や飲み物の値段も日本一かもしれません。 値段の相場は ペットボトル500mlは約500円 携帯酸素は約1000円 お菓子は約300円 カップラーメンやうどんは約1000円 となっています。 &nb・・・

トイレ

富士山の登山者の多くが必ず利用することになるトイレ。 ほとんどのトイレは山小屋の外に併設されています。 宿泊者は無料で利用できますが、宿泊者以外はチップ制になっています。 チップ制の料金は100円から200円くらい。 トイレットペーパーが無いこともあるので、必・・・

山小屋での睡眠

富士山の山小屋では、基本的にひとりにつき布団1枚分のスペースが割り当てられます。 2段ベッドのような寝室の山小屋も多いです。 混雑時期は宿泊者で部屋があふれることもあり、いびきや荷物をさぐる音など騒音に悩まされることもしばしば。 事前に耳栓を準備するのがおすす・・・

山小屋の宿泊の予約

1泊2日で富士山登山で山小屋を利用する場合は、宿泊の予約が必要になります。 宿泊料金は、山小屋により多少違うが7000円前後になります。 山小屋によっては特定日は8000円前後に値上がりすることもあります。 ハイシーズンとなる7~8月は予約でいっぱいになってし・・・


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ