「富士山」タグの記事一覧

ネックウォーマーは、ご来光時の防寒対策としてあれば便利

ご来光登山の場合は、ネックウォーマー(フリース生地)があると便利です。 富士山の山頂付近は、夏でも1ケタ台の気温で風が強く非常に寒いです。 首は皮下脂肪が少なく、体の中で熱が奪われやすい部分なので、防寒対策としてあると快適です。   ただ、タオルや手・・・

手袋・グローブの重要性と選び方

富士山を登る上で手袋は必要です。 ごつごつした岩盤に手を付きながら登るような岩場もあります。 傾斜がきつくて、固まった溶岩はとても尖っていて歩きにくい。 手袋がないと転んで反射的に手を付いたときに傷つけることになるかもしれないので、必ず手袋は用意しましょう。 ・・・

昼食・行動食(おやつ)の重要性と選び方、おすすめの紹介

昼食・行動食(おやつ)の重要性 富士山のように長時間におよぶ登山では、まめな栄養補給がかかせません。気分転換や登山を楽しむ上で、昼食や行動食はとても重要です。 仲間と食べものを分け合えば、みんな楽しく笑顔になって、富士登山の思い出に花を添えることになるでしょう・・・

登山用の雨具・レインウェア・カッパの特徴と選び方、厳選おすすめ・人気アイテムの紹介

登山用レインウェア、雨具、カッパ

標高の高い山を登るなら、必ず雨具(レインウェア、カッパ)は必要です。 山の天気は気まぐれです。すぐにコロコロ変わります。 たとえ晴れていても、しばらくすると雨が降り出すこともしばしば。 しかも台風のような強風の中で大粒の雨が降り出すこともあります。 こんなとき・・・

登山における帽子(ハット・キャップ)の役割と登山用ハットの特徴、厳選おすすめの紹介

最適な帽子の種類は、天候によって変わる

富士登山には、帽子(ハット・キャップ)をかぶることを強くおすすめします。 富士山は標高が高いため、晴天の時の日差しはかなり強烈で、紫外線も下界より強くなっています。 2011/08 富士登山 雲ひとつ無い快晴で太陽光線が降り注ぐ。 富士山ほどの標高の山になると・・・

登山靴・トレッキングシューズの重要性と選び方

雨具(レインウェア)、ザック(リュック)に続いて登山の三種の神器の1つ登山靴。 雨具とザックが必要なのは、十分承知していても登山靴まではちょっと・・・という方も多いとおもいます。   正直、富士山は登山靴でなくても運動靴で登れます。   登・・・

富士登山に最適なザック・リュックの選び方(機能、容量)とおすすめの紹介

P5250055

 登山の三種の神器の一つであるザック(リュックサック・バックパック)。富士登山に最適なザック・リュックの選び方(機能、容量)とおすすめを紹介します。 防寒着や飲み物や行動食などを入れるために、登山には欠かせない道具です。 出典:ドイター   &nbs・・・

富士山 富士宮ルートまでのアクセス、登山地図・マップと特徴(登山口、距離、所要時間、山小屋数など)と注意点

富士宮ルートの概略図、登山口までのアクセス情報、登山地図・マップ、特徴(登山口(五合目)標高、歩行距離、所要時間・コースタイム、山小屋数)、関連動画の紹介、登山時に撮影した写真、注意点などについて掲載、解説します。 富士宮ルートの概略図     &n・・・

遭難の山梨・南アルプス市議が死亡

静岡県警は5日午前、富士山の8合目付近(標高約3200メートル)の雪上で、男性が倒れているのを発見した。県警によると、男性は山梨県の南アルプス市議、亀ケ川正広さん(46)=同市藤田=で、搬送先の病院で死亡が確認された。御殿場署の調べによると、亀ケ川さんは4日早・・・

歩き方

普通の方は富士山ほどの高所で歩くことはあまり無いでしょう。 体をならす意味も込めて、できるだけゆっくり登るのがおすすめです。 調子が良いからとペースを上げるのは禁物。 いつも以上に歩幅を小さくして、ゆっくり安全に歩きましょう!


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ