富士山 吉田ルートまでのアクセス、登山地図・マップと特徴(登山口、距離、所要時間、山小屋数など)と注意点

吉田ルートの概略図、登山口までのアクセス情報、登山地図・マップ、特徴(登山口(五合目)標高、歩行距離、所要時間・コースタイム、山小屋数)、関連動画の紹介、登山時に撮影した写真、注意点などについて掲載、解説します。

(2019/07/25~26に吉田ルートを登ってきましたので、このページの写真も更新しました。)

吉田ルート概略図

fujisan_top1.jpg
 

 

kawaguchiko1.jpg
登山ルート情報
登山ルート名 登山口
(五合目)標高
歩行距離 所要時間
(休憩含まず)
山小屋数
吉田ルート
(写真:黄色
2305m 全:
15.1km
上り:
7.5km
下り:
7.6km
登り:約6時間

下り:約3時間20分
18

富士スバルライン五合目(旧 河口湖口五合目)を出発し、吉田口五合目に合流する登山道です。

 

登山口の位置とアクセス

”富士スバルライン五合目”が登山口となります。

自宅からマイカーで移動する方

  • 自宅出発[車移動]→乗換駐車場[シャトルバス・タクシーに乗換]→五合目登山口へ

富士スバルライン五合目付近には、普通車約330台分の駐車スペースがありますが、夏季のマイカー規制期間中は、一般車は富士山パーキング(旧名 県立富士北麓(ほくろく)駐車場(約1400台)に停めて、シャトルバスかシャトルタクシーに乗り換えて五合目まで移動することになります。

※平成31年4月より県立富士北麓駐車場⇒富士山パーキングに名称が変更されました。

  • マイカー規制期間 : 2019年7月10日(水)17時~ 2018年9月10日(火)17時まで (連続63日間)
  • マイカー規制中、富士山パーキングは有料となります。(1台1,000円)
  • 富士山パーキング⇔富士スバルライン五合目のシャトルバスとシャトルタクシーの時刻表、料金 → 富士急行バス

※電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)など一部車両はマイカー規制対象外です。詳しくは → 富士スバルライン マイカー規制

自宅から電車&バスで移動する方

  • 自宅最寄り駅出発[電車移動]→登山口の最寄り駅[登山バスに乗換]→五合目登山口へ

夏期限定で最寄り駅(富士急大月線:富士山駅、富士急河口湖線:河口湖駅)から富士スバルライン五合目までのバスも運行しています。(発着地点、時刻表、運賃はこちら → 富士急行バス

 

吉田ルート登山地図

富士山 吉田ルートの登山地図・マップ・コースタイム

特徴

  • 多数の登山者、観光客が訪れるため、富士スバルライン五合目の商業施設が非常に充実している。
  • 他の登山ルートに比べて、圧倒的に山小屋が多く、休憩やトイレに困らない。
  • 登山道と下山道が分かれているため、登山者と下山者の道の譲り合いによる渋滞は発生しにくい(ただし、高山病などで途中リタイヤし、登山道を下山してくる姿は見かけます)。
  • 五合目、七合目、八合目に看護師・医師常駐の救護所あり、万が一のサポートが手厚い(開所期間・時間は異なります)
  • 登山道(上り)は、砂礫道、溶岩の岩場など変化があり、楽しい。
  • 富士山の山頂を中心としたご来光の方角は、山開きの7月1日には東北東で、次第に南下し閉山時期9月10日にはほぼ東になります。
    富士山 山開きシーズンの日の出方角と時刻
    吉田ルートは富士山の北東にあるため、天候が良ければルート上からでも開放感のあるご来光を眺めることができます(御殿場ルート、富士宮ルートでは、時期や場所によってはご来光の瞬間が山の斜面で隠れてしまったり、左側の地平線・雲海が山の斜面に隠れてしまいます。山小屋前でのご来光の見え方は宿泊予定の山小屋に事前に問い合わせて確認してください。詳細な方角・日の出時刻は日の出・日の入りマップでも確認できます)。
  • 富士登山者の約60%が利用するルートのため、ハイシーズンとなる7~8月の週末やお盆時期は、混雑する。
  • 本八合目で須走ルートと合流するため、さらに混雑しやすい。
  • 特に、山頂ご来光の場合、日の出時間には山頂に着くように、各山小屋から登山者がどっと出てくるため、須走ルートと合流する本八合目以上はご来光渋滞が発生しやすく、コースタイムより大幅に時間がかかってしまう場合がある。
  • 吉田ルートの山頂(久須志神社)から、最も標高の高い剣ヶ峰(標高3776m)までは、火口を挟んでほぼ反対側で、剣ヶ峰目的の場合は実質お鉢めぐり(約90分)をすることになり、それ相応の体力が求めらる。
  • 登山者が多いため常に人に囲まれることが多く、マイペースで登りにくい。
  • 下山ルートは単調な砂礫のジグザグ道がひたすら続き(約2時間程度)、面白みに欠ける。
  • 下山ルート八合目に吉田ルートと須走ルートの分岐あり、間違いが発生しやすい(要注意)。

 

動画

吉田ルート全体を解説した動画を紹介します。

世界遺産富士山へ登る~安全・マナーガイド~(約29分)

公的機関(山梨県富士山五合目インフォメーションセンター運営協議会)の 企画・製作の動画です。かちっとした作りで、動画時間も長いですが、吉田ルートの案内だけでなく、富士登山に関する基本的な情報・心得をもれなく網羅しています。

 

00:00 世界遺産 富士山へ登る ~安全・マナーガイド~
01:26 富士登山~計画編~
10:33 富士登山~ルールとマナー編~
13:08 富士登山~装備と高山病対策編~
17:58 富士登山~ドキュメント編~

 

各地点の情報、個人的感想

2019年7月に吉田ルートを登り、多数の写真を撮影しました。以下写真は、2019年撮影のものを優先的に使用しています。

富士スバルライン五合目(旧 河口湖口五合目)

富士スバルライン五合目は、観光客(上まで登らない方々)、これから登山する方、下山してきた方、バス(観光バス、シャトルバス)で、まるで都内にいるかのような賑わいがあります。(これだけ観光地化されているのは富士スバルライン五合目のみ)

富士スバルライン五合目案内図

富士スバルライン五合目 案内図

トイレ(無料)、複数の大規模な売店(五合園レストハウス、富士山みはらし、こみたけ売店、富士急雲上閣)、小御嶽神社、五合目総合管理センターがあります。

 

五合目の売店

五合園レストハウス

五合園レストハウス(左)、富士山みはらし(右)

富士山こみたけ

こみたけ売店

富士急雲上閣

富士急雲上閣

以下、各売店の様子です。

富士スバルライン五合目 売店

各売店は富士山関連品で非常に充実

登山装備 富士スバルライン五合目

登山ウェア・装備も販売されています(うっかり忘れたときに)

五合園レストハウスには、郵便局(富士山五合目簡易郵便局)があり、現金を引き落とせます。

郵便局 五合園レストハウス

富士山五合目簡易郵便局(五合園レストハウス、1階)

外国人向けに、外貨両替機もあります。

五合園レストハウス 外貨両替

外貨両替機(五合園レストハウス、1階)

富士急雲上閣には、多数のコインロッカーがあり、ちょっとした預け荷物に便利です。(他の売店にもあるかもしれません。)

富士急雲上閣 コインロッカー

コインロッカー(富士急雲上閣、1階:大600円、小300円 )

 

冨士山小御嶽神社

”富士山みはらし”と”売店こみたけ”の間に鳥居あり、そこから冨士山小御嶽神社の鳥居があります。

冨士山小御嶽神社

冨士山小御嶽神社

冨士山小御嶽神社

時間に余裕がありましたら、ぜひ参拝へ。

乗馬

乗馬も可能です。

富士スバルライン五合目 乗馬

富士スバルライン五合目 乗馬

料金を支払えば登山の荷物背負って、六合目まで移動できます。

五合目総合管理センター

売店街から登山道へ進むと、五合目総合管理センターがあります。

五合目総合管理センター

五合目総合管理センター

富士山の観光案内、様々な言語での富士登山資料など用意されています。夏山シーズン中には看護師が常駐し、救護施設の役割も担っています。

公衆トイレ&休憩所

富士スバルライン五合目 公衆トイレ

富士スバルライン五合目 公衆トイレ&休憩所

非常に整備された綺麗な公衆トイレがあります。ただ、利用者が多く、マナー問題もあり、汚れていることも多々あります。

 

五合目~六合目

吉田ルート 五合目~六合目

とても傾斜が緩やかな道が続きます。その昔、吉田ルートを初めて登った時「富士登山ってもしかして楽?」と勘違いしてしまいました。

五合目から楽に六合目に着きます。馬も歩いています(有料で乗ることも可能です)。

吉田ルート 五合目~六合目

10分ほど進むと、泉ヶ滝(いずみがたき)という分岐点に差し掛かります。

泉ヶ滝(いずみがたき) 標高2,275m

泉ヶ滝(標高2,275m)

泉ヶ滝(いずみがたき) 標高2,275m

泉ヶ滝は、吉田口五合目と富士山頂方向の分岐点になります。

富士登山の方は、もちろん富士山山頂へ。

 

しばらく、樹林帯が続きます。

登山者の皆様は進行方向に集中されていますが、道端に目を向けると、高山植物の花々が咲いているかもしれません。

20190725-090754 20190725-090928 20190725-091116 20190725-091822

ぜひ、富士山の自然を感じてみてください。

 

途中、落石避けのシェルターがあります。

吉田ルート 五合目~六合目 シェルター

落石避けのシェルターを通過し、まもなく建物が見えてきます。

吉田ルート六合目 富士山安全指導センター

吉田ルート六合目(標高2,390m) 富士山安全指導センター

六合目には、仮設のトイレが設置されています。

吉田ルート 六合目 トイレ

六合目を出発すると、七合目の山小屋のトイレまで約60分ほどかかります。

トイレに行きたい感じがある方は、ここで済ませておくことをおすすめします。

 

六合目~七合目

吉田ルート登山道(登りルート) 六合目~七合目 

六合目から七合目までは、しばらく整備されたジグザグの道を登ります。

吉田ルート登山道(登りルート) 六合目~七合目 イワツメクサ

時期によっては、所々、イワツメクサの白い花々が咲いているかもしれません。

 

吉田ルート登山道(登りルート) 六合目~七合目 立ち並ぶ山小屋が見える

ある程度登ると、富士山の傾斜にいくつもの山小屋が立ち並ぶ、見慣れない不思議な光景が広がってきます。

吉田ルート登山道(登りルート) 六合目~七合目 

徐々に七合目の山小屋が近づいてきて、節目まで登った達成感が湧いてきます。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目 花小屋

富士山 七合目 花小屋(標高2,700m)

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目 花小屋

六合目から約60分登った最初の山小屋のため、花小屋の前の休憩スペースは混雑しやすいです。

ここからしばらく山小屋街が続きます。(少し登ったら山小屋&休憩スペースあります)

もう少し先の山小屋の休憩スペースの方が空いている可能性が高いため、体力に余裕がある方は、もう少し上の山小屋前での休憩をおすすめします。

 

七合目~八合目

七合目~八合目までは、非常に山小屋が密集しています。

各山小屋には、休憩スペースとトイレが併設されています。

呼吸を整えて、登山のリズムを作りましょう。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 

花小屋から上を見上げると、等間隔に立ち並ぶ山小屋が見えてきます。

ここからしばらく山小屋ラッシュが続きます。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

ここからは、火山富士山を思わせる、岩盤傾斜の登りが続きます。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 日の出館

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 日の出館

七合目 日の出館(標高2,720m)

少し登って、トモエ館があります。

吉田ルート登山道(登りルート) 六合目~七合目  吉田ルート登山道(登りルート) 七合目 花小屋  標高2,700m   吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 トモエ館

七合目 トモエ館(標高2,740m)

 

ここから少し登って、

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

 

七合目救護所の救護所が見えてきます。

吉田ルート 富士山七合目救護所

吉田ルート 富士山七合目救護所

吉田ルート 富士山七合目救護所

吉田ルート 富士山七合目救護所(標高2,790m)

救護所は主に登山者の多い時期に開所されています。

場  所:鎌岩館下(医師常駐)
開所期間:2019年7月14日〜16日, 7月21日〜8月26日
開所時間:24時間

救護所のすぐ上に、山小屋があります。

吉田ルート登山道(登りルート) 六合目~七合目  吉田ルート登山道(登りルート) 七合目 花小屋  標高2,700m   吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 鎌岩館七合目 鎌岩館(標高2,790m)

ここから少し登って、

吉田ルート登山道(登りルート) 六合目~七合目  吉田ルート登山道(登りルート) 七合目 花小屋  標高2,700m   吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 鎌岩館

富士一館があります。

 

20190725-110658

七合目 富士一館(標高2,800m)

さらに少し登って、赤い鳥居が目印の鳥居荘に到着します。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 鳥居荘

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 鳥居荘

本七合目 鳥居荘(標高2,900m)

鳥居荘は、七合目ではなく、本七合目となっています。

ここから、次の山小屋までは7分程度あります。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

ゴツゴツした溶岩の岩場が続きます。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

次の山小屋が見えてきました。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 東洋館

七合目 東洋館(標高3,000m)

東洋館は、2007年にリニューアルされたようで、建物が奇麗です。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 東洋館

小屋前の休憩スペースも広々。

東洋館から次の八合目の山小屋まで約30分ほどあります。

まだまだ、岩場が続きます。

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目 吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

次の山小屋が見えます。

 

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

岩の隙間から、イワツメクサ。

 

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

ここの岩場は、かなり凸凹していて、手を使う場所も所々あります。

足場も不安定な箇所ばかりのため、転倒注意です。

 

吉田ルート登山道(登りルート) 七合目~八合目

八合目の太子館が見えてきました。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目 太子館

八合目 太子館(標高3,100m)

『太子舘』という名前は、「聖徳太子が馬に乗り富士山に登った時、休憩した場所がこの場所であった」という伝説に由来しているそうです。

太子館には、富士山八合目 富士吉田救護所が隣接しています。

富士山八合目 富士吉田救護所

富士山八合目 富士吉田救護所(標高3,100m)

夏の開山期間中に、いつも開設している訳ではなく、登山者の多い時期に開設されています。

場  所:太子舘横(医師常駐)
開所期間:2019年7月14日〜16日, 7月20日〜8月27日
開所時間:24時間

経験上、高山病になる方は、八合目付近~本八合目付近で発症する傾向があります。

どうしても気分が悪い、転倒して怪我をした等あれば、救護所を頼ってください。

八合目~本八合目

八合目付近まで来ると、明らかに五合目より気温が下がっていることが体感できます。

天候によりますが、風が強いとTシャツ1枚では肌寒く、レインウェアを羽織ることもあります。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 

まだ岩場が続きます。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 蓬莱館

八合目 蓬莱館(標高3,150m)

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 蓬莱館 石碑

蓬莱館から少し道が変わります。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 白雲荘

八合目 白雲荘(標高3,200m)

白雲荘 温度計

白雲荘には、温度計が付いています。7月下旬、八合目はこの気温。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目

そろそろ登山の疲労を実感してくる頃です。

まだ、山頂まで先は長いです、呼吸を整えてゆっくりと。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目

やがて鳥居のある山小屋が見えてきます。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 鳥居

鳥居の奥には、冨士山天拝宮(てんぱいぐう)があります。

冨士山信仰の冨士道中興元祖・伊藤食行身禄が、享保18年6月13日~7月13日の31日間を庶民救済のため一日一椀の水だけの断食修行により六十三歳で即身入定霊跡。[出典]富士山天拝宮 -冨士山八合目 –

 

 

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 富士山天拝宮(てんぱいぐう)

この建物の右側の階段を上がると烏帽子岩神社があり、富士山信仰と深く関わりを持った神社と言えます。

この隣には、山小屋の元祖室(がんそむろ)があります。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目 元祖室

八合目 元祖室(標高3,250m)

 

 

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目

富士山山頂まで、1,8km,125分の看板。

吉田ルート登山道(登りルート) 八合目~本八合目

次の山小屋は本八合目の山小屋になります。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目 冨士山ホテル

本八合目 富士山ホテル(標高3,400m)

富士山ホテルは、第1, 第2, 別館と複数個の建物が密集しています。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目 冨士山ホテル 別館

 吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目 冨士山ホテル 第2

すべて合わせると収容人数350人と富士山の中でも最大規模の山小屋になります。

 

 

本八合目~九合目

本八合目は、須走ルートとの合流地点になります。そのため、時間帯によってはここから先は非常に混雑しやすいです。

本八合目には、富士山ホテルの他に、本八合目トモエ館、胸突江戸屋(上江戸屋)があります。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目 トモエ館

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目 トモエ館

本八合目 トモエ館(標高3,400m)

 

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目 胸突江戸屋 上江戸屋

本八合目 胸突江戸屋(上江戸屋)(標高3,400m)

胸突(むなつき)のとは、「胸を突かれたように息ができなくなるほど険しく急なところ」の意味あります。

実際に、本八合目付近から、空気が薄い、疲労、気温の低下や風が強いなど、富士登山の正念場を迎えます。

また、本八合目まで来ると、高山病を発症する方、しない方が別れてきます。

 

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目 浅間大社境内

「これより浅間大社境内」

本八合目以上は富士山本宮浅間大社奥宮の境内地になります。

ここから、15分程度登ったところに次の山小屋があります。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目~九合目

登山道は、幅広で歩きやすい。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目~九合目

 左側を見ると、下山者が降りる様子が確認できます。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目~九合目

ここを登れば、御来光館です。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目~九合目 御来光館

八合五勺 御来光館(標高3,450m)

御来光館は本八合目と九合目の途中にある山小屋です。

また、吉田ルート山頂までの最後の山小屋になります。この先、山頂まで1時間以上トイレがありませんので、必要な方はここで済ませておくことをおすすめします。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目~九合目

ここまで来ると、登山者に疲労感見え、スピードも明らかにゆっくりしています。

しばらく登ると、遠くに鳥居が見えてきます。

吉田ルート登山道(登りルート) 本八合目~九合目

しばらく登ると、遠くに鳥居が見えてきます。

吉田ルート登山道(登りルート) 九合目 迎久須志神社

九合目 迎久須志神社(標高3,600m)

九合目 迎久須志神社(むかえくすしじんじゃ)に到着です。

吉田ルート登山道(登りルート) 九合目 迎久須志神社

この建物は、廃墟となっています。

ここから山頂まで約35分程度ですが、天候が落ち着いていたらここで少し休憩するのをおすすめします。

ここから山頂までは、また道が険しく、急になるため、ここで座ってある程度休憩しておくと、山頂まで比較的楽に登れます。

九合目~山頂

九合目から見上げれば、山頂が見えてきます。

吉田ルート登山道(登りルート) 九合目~山頂

この最後の登りが、なかなか険しい。

吉田ルート登山道(登りルート) 九合目~山頂

途中の、看板に励まされます。

吉田ルート登山道(登りルート) 九合目~山頂

岩ゴロゴロ、道幅もそれほど広くありません。

そのため、早朝の山頂御来光の方々は、ここで大渋滞になります。

吉田ルート登山道(登りルート) 九合目~山頂

岩場あります、山頂までもう少しですので慎重に。吉田ルート登山道(登りルート) 九合目~山頂

最後のジグザグを曲がると、その先に鳥居が見えています。

吉田ルート登山道(登りルート) 九合目~山頂

そう、あの鳥居が山頂です。

吉田ルート登山道(登りルート) 山頂

お疲れさまです!登頂です!

この鳥居で、写真撮影する方多数。ぜひ、他の登山者の方々と登頂の達成感を味わってください☆

 

鳥居をくぐると、久須志神社(くすしじんじゃ)があります。

吉田ルート 山頂 久須志神社

吉田ルート山頂 久須志神社(標高3,715m)

多くの登山者が参拝し、記念撮影します。

富士山の山頂

富士山 山頂ルート 案内図 地図 お鉢めぐり

富士山山頂 案内図(クリックで拡大)

富士山の山頂は、大内院と呼ばれる巨大な火口(直径780m)と八神峰(8つに峰々)があり、歩行ルートは1周で約90分ほど要します。(山頂を一周することを、通称お鉢めぐりと言います。)

吉田ルートの頂上から、日本最高地点の剣ヶ峰(3,776m)は、火口を挟んで反対側にあり、剣ヶ峰へ行く≒お鉢めぐり90分となりますので、天候、体調、時間と相談の上で検討しましょう。

 

吉田ルートの頂上部は少し離れたところからみると・・・

須走・吉田ルート下山道:山頂

多数の建物が密集しているため、雲の上の集落、そんな感じになっています。

 

吉田ルートの頂上部には、参拝、御朱印、お守り購入など、多くの登山者で賑わう久須志神社。

吉田ルート 山頂 久須志神社

吉田ルート山頂 久須志神社(標高3,715m)

富士山 吉田ルート頂上 扇屋

頂上 扇屋(売店・食事)

富士山 吉田ルート頂上 山口屋

 

富士山頂上 山口屋(売店・食事・宿泊)

※2016年から隣にあった東京屋スペースも扇屋で運営されているようです。

また、上記の山小屋前には、広々とした休憩スペースがあります。

富士山 吉田ルート頂上 休憩スペース

 

登山者の多い吉田&須走ルート頂上の休憩スペースは、時間帯によっては多くの登山者で一杯に。

須走・吉田ルート下山道:山頂

席が空いていれば、ここで登頂の充実感を満喫しつつも、腰をおろして休憩するのがいいでしょう。

 

 

富士山 吉田ルート頂上 自動販売機

日本一高い場所に設置された自動販売機。

富士山 吉田ルート頂上 自動販売機

価格も日本一?

 

トイレもあります。

富士山 吉田ルート頂上 トイレ

富士山 吉田ルート頂上 トイレ

山頂のトイレは300円

山頂での滞在を満喫したら、次は下山です。

 

下山 山頂~八合目

 

富士山 吉田・須走ルート下山 

吉田ルートは登山道と下山道が分かれています。

吉田ルートの下山道は、須走ルートの下山道と八合目まで同じです。(ブルドーザーもこのルートを上り下りします)

 

富士山頂上お鉢めぐり

富士山 吉田・須走ルート下山 石碑

この”須走口下山道”の石碑が下山口の目印になります。

下山道を降りると、ひたすら砂利のジグザグ道がひたすら続きます。

須走・吉田ルート下山道:山頂から八合目の下江戸屋分岐へ

靴の中に砂利が入りやすいので、できればスパッツを準備すると良いと思います。

スパッツに関する記事はこちら

吉田ルート下山道(下りルート) 山頂~八合目

天気がよければ、雲海、下に広がる町並み、湖、海を見渡すことができます。

吉田ルート下山道(下りルート) 山頂~八合目

ジグザグ道の折返し地点は、ちょっとした休憩スポットです。

吉田ルート下山道(下りルート) 山頂~八合目

下山は、登りの約半分の時間で標高を下げていきます。

登りほどの発汗は伴いませんし、標高低下で気温も徐々に上がっていきます。

山頂ではちょうどよかった重ね着は、下山まもなく暑くなりますので、この途中の休憩スポットで調整します。

吉田ルート下山道(下りルート) 山頂~八合目 ブルドーザー

ブルドーザーも通ります。

吉田ルート下山道(下りルート) 山頂~八合目

やがて、本八合目の山小屋が見えてきます。

さらに下ると、八合目の分岐にさしかかります。

須走・吉田ルート下山道(下りルート) 八合目 分岐

下山 八合目 吉田・須走の下山ルートの分岐(下江戸屋分岐)

須走・吉田ルート下山道(下りルート) 八合目 下江戸屋 分岐

 下山時に注意したいのが、八合目にある吉田ルートと須走ルートの分岐点です。

須走・吉田ルート下山道(下りルート) 八合目 下江戸屋 分岐

吉田・須走ルート下山道の八合目 下江戸屋分岐

 写真からわかるように、吉田ルート(富士スバルライン五合目)は左側です。

 晴天時は、しっかりと標識を確認できますが、雨天時などの悪天候で視界の悪いは要注意です。

日本語、外国語でのスピーカー放送もされています。案内人の人も立っていますので、良くわからなかったら話しかけて確認しましょう。

(2010年の須走口登山で、誤って須走口の登山口付近まで下山してしまった年配女性がいました。ここで下山道を間違ってしまうと大変です。おそらく初めて方だと、そのまま須走口まで下山してしまうでしょう。間違えに気づいて分岐点まで再度登るのは体力的にも精神的にも厳しいものがあると思います。誤って須走ルート五合目まで下山してしまうと、吉田ルート方面に戻るまでタクシーやバスでの移動になり、時間もお金もかかってしまいます。間違えないようにしましょう!)

吉田ルート下山道(下りルート) 山頂~八合目 下江戸屋前を通過

吉田ルート下山の方は下江戸屋前を通過する

下山 八合目~富士スバルライン五合目

吉田ルート下山道(下りルート) 八合目~七合目

八合目分岐からは、ひたすらジズザグ道が続きます。

吉田ルート下山道(下りルート) 八合目~七合目

徐々に、下に広がっていた雲と標高が近づいてきます。

吉田ルート下山道(下りルート) 八合目~七合目

基本的に砂利道です。深いところ、浅いところ場所により異なります。

単調な下山道、体力の消耗で、多くの登山者から疲労感が漂っていますが、もう一踏ん張りです。

やがて、先に建物が見えてきます。

吉田ルート下山道(下りルート) 八合目~七合目

吉田ルート下山道(下りルート) 七合目 公衆トイレ

富士山吉田口下山道 七合目公衆トイレ

ここまで来ると、五合目まであと約80分です(意外とまだあります)

ジズザグ道はここを少し下ったら、終わります。

吉田ルート下山道(下りルート) 七合目~六合目

懐かしい木々の緑が広がります。

吉田ルート下山道(下りルート) 七合目~六合目

吉田ルート下山道(下りルート) 七合目~六合目 落石避け シェルター

途中、落石避けのシェルターが3つ通過して、まもなく登山ルートと合流します。

吉田ルート下山道(下りルート) 六合目~五合目

六合目~五合目は、これから登る方と下山してきた方がすれ違う道です。

登山は、基本的に登山者が優先です。疲れていると思いますが、これから長い道のりを控えている登山者の方々にできるだけ道を譲ってあげてください。

吉田ルート下山道(下りルート) 六合目~五合目

泉ヶ滝を通過し、五合目が見えてきました!

やったよ、ゴール!ゆっくり腰を下ろして休もうと思いきや・・・

富士スバルライン五合目

観光客と登山者、下山者でごった返す五合目。

下山後も静かには休めないかも、1番人気の吉田ルートでした☆

 

マイカーの方は、車を停めた富士山パーキングの観光案内所に、近隣の温泉の特別割引券が多数ありますので、ぜひご活用ください。

富士山パーキング 観光案内所

富士山パーキング 観光案内所

温泉 特別割引券

近隣の温泉 割引券

 

私の吉田ルートの登山記録

富士山の登山道地図・ルートマップ

こちらの記事もよく読まれています。

[装備・持ち物]
[登山装備レンタル]
[登山ルート]
[高山病]
[天気]
[アクセス]


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ