富士山 須走ルートまでのアクセス、登山地図・マップと特徴(登山口、距離、所要時間、山小屋数など)と注意点

  • LINEで送る

須走ルートの概略図、登山口までのアクセス情報、登山地図・マップ、特徴(登山口(五合目)標高、歩行距離、所要時間・コースタイム、山小屋数)、関連動画の紹介、登山時に撮影した写真、注意点などについて掲載、解説します。

須走ルートの概略図

fujisan_top1.jpg
 

 

subashiri1.jpg

 

登山ルート情報
登山ルート名 登山口
(五合目)標高
歩行距離 所要時間
(休憩含まず)
山小屋数
須走ルート
(写真:赤色
2000m 全:
14km
登り:
7.8km
下り:
6.2km
登り:
約5時間40分

下り:
約2時間30分
12

 

登山口の位置とアクセス

”須走口五合目(ふじあざライン五合目)”が登山口となります。

自宅からマイカーで移動する方

  • 自宅出発[車移動]→乗換駐車場[シャトルバス・タクシーに乗換]→五合目登山口へ

須走口五合目付近には、約200台分の駐車スペースがありますが、夏季のマイカー規制期間中は、一般車は「道の駅すばしり」奥の須走多目的広場乗換駐車場(約500台)に停めて、シャトルバスかシャトルタクシーに乗り換えて五合目まで移動することになります。

  • マイカー規制期間 : 2018年7月10日(火曜日)正午 ~ 9月10日(月曜日)正午(連続63日間)
  • 須走多目的広場乗換駐車場は有料となります。(1台1000円)
  • 須走多目的広場乗換駐車場⇔須走口五合目のシャトルバスとシャトルタクシーの時刻表、料金 → 平成30年度マイカー規制パンフレット

※電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)など一部車両はマイカー規制対象外です。詳しくは → 静岡県富士山マイカー規制

自宅から電車&バスで移動する方

  • 自宅最寄り駅出発[電車移動]→登山口の最寄り駅[登山バスに乗換]→五合目登山口へ

夏期限定で最寄り駅(小田急小田原線:新松田駅、御殿場線:御殿場駅)から須走口五合目までのバスも運行しています。(発着地点、時刻表、運賃はこちら → 富士急行バス

 

須走ルート登山地図

富士山 須走ルートの登山地図・マップ・コースタイム

 

特徴

  • 緑に囲まれた樹林帯から富士登山を堪能できる
  • 一部区間(七合目~八合目は登り下り共有) 以外は、登山道と下山道が分かれているため、登山者と下山者の道の譲り合いによる渋滞は発生しにくい。
  • 下山道の砂走りはヒザに優しく、早く快適に下山できる
  • 富士登山者の10%前後の利用に留まるため、吉田ルートと合流する本八合目までは比較的空いている。
  • 富士山の山頂を中心としたご来光の方角は、山開きの7月1日には東北東で、次第に南下し閉山時期9月10日にはほぼ東になります。
    富士山 山開きシーズンの日の出方角と時刻
    須走ルートは富士山の東にあるため、天候が良ければ、ルート上から開放感のあるご来光を眺めることができます(御殿場ルート、富士宮ルートでは、時期や場所によってはご来光の瞬間が山の斜面で隠れてしまったり、左側の地平線・雲海が山の斜面に隠れてしまいます。山小屋前でのご来光の見え方は宿泊予定の山小屋に事前に問い合わせて確認してください。詳細な方角・日の出時刻は日の出・日の入りマップでも確認できます)。
  • 本八合目で、富士登山者の約60%が利用する吉田ルートと合流するため、本八合目~山頂まで非常に混雑しやすい。
  • 特に、山頂ご来光の場合、日の出時間には頂上に着くように、各山小屋から登山者がどっと出てくるため、吉田ルートと合流する本八合目以上はご来光渋滞が発生しやすく、コースタイムより大幅に時間がかかってしまう場合がある。
  • 須走・吉田ルートの頂上(久須志神社)から、最も標高の高い剣ヶ峰(標高3776m)までは、火口を挟んでほぼ反対側で、剣ヶ峰目的の場合は実質お鉢めぐり(約90分)をすることになり、それ相応の体力が求めらる。
  • 下山ルート八合目に吉田ルートと須走ルートの分岐あり、間違いが発生しやすい(要注意)。

 

動画

須走ルート全体を解説した動画を紹介します。

富士山登山ガイド【須走ルート】(約15分)

静岡県の世界遺産 富士山公式サイトに掲載されている須走ルートの案内動画です。装備や登山マナー、ルート情報について解説しています。

 

ルート情報のみ知りたい方は ダイジェスト版(約8分) がおすすめです。

 

各地点の情報、個人的感想

以下の写真は2018/07/18,19の登山の時に撮影した写真を中心に掲載しています。

須走口五合目(標高2,000m)

須走ルートの登山道の写真01

須走ルートの登山道の写真02

須走ルートの登山道の写真03

須走ルートの登山道の写真04

須走ルートの登山道の写真05

五合目~登山道下山道合流地点

須走ルートの登山道の写真06

須走ルートの登山道の写真07

小御岳神社の鳥居をくぐり、ここから登山が始まります。

 

須走ルートの登山道の写真08

しばらくは樹林帯。

須走ルートの登山道の写真09

約20分ほど歩くと、登山道と下山道の合流地点に到着します。

 

登山道下山道合流地点~新六合目

須走ルートの登山道の写真10

まだまだ続く樹林帯。

須走ルートの登山道の写真11

須走ルートの登山道の写真12

高山植物が花を咲かせています。

須走ルートの登山道の写真13

須走ルートの登山道の写真14

徐々に標高が上がり、草木の背丈が低くなってきました。

須走ルートの登山道の写真15

 

須走ルートの登山道の写真16

新六合目の長田山荘(しゃくなげ山荘)に到着。

 

新六合目~本六合目

須走ルートの登山道の写真17

須走ルートの登山道の写真18

須走ルートの登山道の写真19

草木の背丈が低く、他の登山者の歩く様子が見えます。

須走ルートの登山道の写真20

様々な高山植物たち。

須走ルートの登山道の写真21

須走ルートの登山道の写真22

須走ルートの登山道の写真23

須走ルートの登山道の写真24

須走ルートの登山道の写真25

須走ルートの登山道の写真26

本六合目の瀬戸館に到着。

 

本六合目~七合目

須走ルートの登山道の写真27

まだ草木があります。

須走ルートの登山道の写真28

須走ルートの登山道の写真29

須走ルートの登山道の写真30

須走ルートの登山道の写真31

須走ルートの登山道の写真32

須走ルートの登山道の写真33

徐々に緑が少なくなってきます。

須走ルートの登山道の写真34

須走ルートの登山道の写真35

須走ルートの登山道の写真36

須走ルートの登山道の写真37

須走ルートの登山道の写真39

七合目の太陽館に到着。

七合目~本七合目

須走ルートの登山道の写真40

七合目まで来ると、緑が大分少なくなってきます。

須走ルートの登山道の写真41

須走ルートの登山道の写真42

本七合目の見晴館に到着。

本七合目~八合目

須走ルートの登山道の写真43

徐々に気温も下がっていることが体感します。

須走ルートの登山道の写真44

須走ルートの登山道の写真45

須走ルートの下山道と吉田ルートの下山道の最終分岐案内地点前を通過します。

須走ルートの登山道の写真46

須走ルートの登山道の写真47

八合目の江戸屋(下江戸屋)に到着です。

八合目~本八合目

須走ルートの登山道の写真48

須走ルートの下山道と吉田ルートの下山道の最初の分岐案内地点前を通過します。

須走ルートの登山道の写真52

本八合目の胸突江戸屋(上江戸屋)と

 

 

須走ルートの登山道の写真51

トモエ館があります。

ここは吉田ルートと須走ルートの登山道の合流地点で、ここから先は登山者が増えます。

須走ルートの登山道の写真49

ここより上は、浅間大社の境内になります。

 

本八合目~九合目

須走ルートの登山道の写真53

小岩がごろごろ。

須走ルートの登山道の写真54

見下ろすと、ぐねぐねと蛇のような道になっているのがわかります。

須走ルートの登山道の写真55

八号五勺の御来光館に到着。

ここから山頂まで約80分、トイレがありません。必要な方はここで済ませましょう。

須走ルートの登山道の写真56

須走ルートの登山道の写真57

岩が赤っぽいです。

須走ルートの登山道の写真58

上を見上げると、山頂が見えてきます。

須走ルートの登山道の写真59

九合目に到着です。

須走ルートの登山道の写真60

この建物は廃屋となっています。

九合目~ルート頂上

須走ルートの登山道の写真61

山頂まであと少し。

須走ルートの登山道の写真62

しかし、皆疲労で近くて遠い山頂。足が止まる回数も多くなる。

須走ルートの登山道の写真63

この直線を登りきったら、頂上です。

須走ルートの登山道の写真64

つきましたー!

 

頂上の神社と山小屋

subashiri-root93

須走ルート&吉田ルートの頂上には、久須志神社(くすしじんじゃ)と山小屋があります。

須走ルートの登山道の写真65

須走ルートの登山道の写真66

久須志神社(くすしじんじゃ)。

 

扇屋、山口屋、東京屋の3つの山小屋あり、食事や土産物が販売されています。

須走ルートの登山道の写真68

須走ルートの登山道の写真69

また、各小屋前には休憩スペースがあります。

須走ルートの登山道の写真67

須走ルートの登山道の写真70

自動販売機まで設置されています。

 

下山道:ルート山頂~八合目分岐

須走ルートは登山道と下山道が異なります。

須走ルートの登山道の写真71

須走口下山道が目印。

須走ルートの登山道の写真72

ここから下山が始まります。

須走ルートの登山道の写真73

須走ルートの登山道の写真74

砂礫の道です。

須走ルートの登山道の写真75

非常に滑りやすく、転倒する方も多いです。

須走ルートの登山道の写真76

そして、ここが吉田ルートと須走ルートの下山道の最初の分岐点になります。

須走ルートの登山道の写真48

須走ルートの下山道は右側です。

下山道:八合目分岐~七合目

須走ルートの登山道の写真45

しばらく降りると、もう1回分岐案内があり、ここが須走ルートの下山道と吉田ルートの下山道の最終分岐案内地点になります。

須走ルートの登山道の写真46

須走ルートの下山道はここも右です。

須走ルートの登山道の写真77

須走ルートの登山道の写真39

やがて、登山時に通過した七合目太陽館に到着します。

下山道:七合目~砂払い五合目(砂走り区間)

七合目から下って間もなく、砂走りという砂利の深い道になります。

須走ルートの登山道の写真78

須走ルートの登山道の写真79

須走ルートの登山道の写真80

砂利が深いため、膝への衝撃が少なく下山できます。

須走ルートの登山道の写真81

ただ、砂埃も発生しやすい場所です。(天候によります)

須走ルートの登山道の写真82

一旦樹林帯に入りますが、

須走ルートの登山道の写真83

また、砂走が続きます。

須走ルートの登山道の写真84

遠くに鳥居が見えてきます。

須走ルートの登山道の写真85

ここが砂払い五合目で、砂走りの終了点になります。

須走ルートの登山道の写真86

山小屋の吉野家があり、小屋前で休憩や飲み物の購入ができます。

須走ルートの登山道の写真87

この鳥居をくぐれば樹林帯になります。

 

下山道:砂払い五合目~須走口五合目

須走ルートの登山道の写真88

ここまでくれば、下山ももう少しです。

須走ルートの登山道の写真90

登山道と下山道の合流地点。

 

須走ルートの登山道の写真02

無事下山。お疲れ様でした☆

 

subashiri-root92

ロングスパッツ(ゲイター)は上まで砂埃まみれでした。

 

最後に

下山時の注意点

須走口の下山道は、頂上~八合目までは吉田ルートと共用で、八合目で須走ルート方面と吉田ルート方面で分岐します。ここは下山方向の間違いが発生するため多数の標識で注意を促していますが、なんとなく人の流れに乗ってると吉田ルートの下山者の方がずっと多いため、誤って吉田ルートに降りてしまう可能性があります。また、強風、雨、濃霧になると現在位置の把握まで気が回らず、下山方向を間違いやすくなりますので、ご注意ください。

———————

八合目で分岐する

———————

このことをしっかり念頭に置いて、下山しましょう。詳しくは次の須走ルートの下山道 動画解説を御覧ください。

<須走ルート下山道 動画解説>

また、須走ルートの下山ルートは、七合目から砂払い五合目までが”砂走り”という砂利道が続きます。砂利が深く、フットスパッツを靴の上から付けていないと、靴の中に頻繁に小石が入ってしまい痛くなります。

  • いちいち小石が入るたびに靴ひも解いて靴脱いで、また靴はいて・・・と疲労の中で気が狂いそうになるほど面倒な作業をしたくない方
  • 仲間に「足に石が入ったから、ちょっと待って!」と足止めしたくない方(一人の準備不足は仲間に負担)
  • 小石が入って足が痛いが取るのが面倒で痛い中でそのまま我慢して下り続けたくない方(経験ありますが、痛みに気をとられ登山を楽しめません。)

⇒ 事前にフットスパッツを用意することをお勧めします。

>> フットスパッツの詳しい選び方はこちら

 

私の須走口の登山記録

富士山の登山道地図・ルートマップ

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ