富士山 富士宮ルートまでのアクセス、登山地図・マップと特徴(登山口、距離、所要時間、山小屋数など)と注意点

富士宮ルートの概略図、登山口までのアクセス情報、登山地図・マップ、特徴(登山口(五合目)標高、歩行距離、所要時間・コースタイム、山小屋数)、関連動画の紹介、登山時に撮影した写真、注意点などについて掲載、解説します。

富士宮ルートの概略図

fujisan_top1.jpg
 

 

fujinomiya1.jpg

 

 
登山ルート情報
登山ルート名 登山口
(五合目)標高
歩行距離 所要時間
(休憩含まず)
山小屋数
富士宮ルート
(写真:青色
2400m 全:
10km
登り:
5.0km
下り:
5.0km
登り:約5時間

下り:約2時間40分
9

 

登山口の位置とアクセス

”富士宮口五合目”が登山口となります。

自宅からマイカーで移動する方

  • 自宅出発[車移動]→乗換駐車場[シャトルバス・タクシーに乗換]→五合目登山口へ

富士宮口五合目付近には、約350台分の駐車スペースがありますが、夏季のマイカー規制期間中は、一般車は水ヶ塚駐車場(約1000台)に停めて、シャトルバスかシャトルタクシーに乗り換えて五合目まで移動することになります。

  • マイカー規制期間(富士山スカイライン) : 2019年7月10日(水)9時 ~ 9月10日(火)18時(連続63日間)
  • マイカー規制中、水ヶ塚駐車場は有料となります。(1台1,000円)
  • 水ヶ塚⇔富士宮口五合目のシャトルバスとシャトルタクシーの時刻表、料金 → 令和元年度マイカー規制パンフレット

自宅から電車で登山口の最寄り駅まで行き、そこからタクシーで移動する方

最寄り駅(新幹線:新富士駅、身延線:富士宮駅)⇔ 富士宮口五合目は1万円前後のようです。(最寄り駅、料金はこちら → 富士宮口登山組合の交通案内

自宅から電車&バスで移動する方

  • 自宅最寄り駅出発[電車移動]→登山口の最寄り駅[登山バスに乗換]→五合目登山口へ

夏期限定で以下の最寄り駅

  • 静岡駅(東海道新幹線・東海道本線)
  • 新富士駅(東海道新幹線)
  • 富士駅(東海道本線)
  • 富士宮駅(身延線)
  • 三島駅(東海道新幹線・東海道本線・伊豆箱根鉄道駿豆線)
  • 裾野駅(御殿場線)

から富士宮口五合目までのバスも運行しています。(発着地点、時刻表、運賃はこちら → 富士急行バス

 

富士宮ルート登山地図

富士山 富士宮ルートの登山地図・マップ・コースタイム

 

特徴

  • 富士山頂の剣ヶ峰(標高3776m)に最短距離で登れる
  • 浅間大社奥宮(せんげんたいしゃおくみや)まで最短距離で登れる
  • ルート山頂に富士山頂郵便局もある
  • 登りも下りも一本道で道迷いしにくい
  • ハイシーズンの7~8月の週末とお盆は、ご来光の登山者で渋滞しやすい
  • 登山道と下山道が同じなので、道の譲り合いによる渋滞が発生しやすい
  • 登山道と下山道が共用のわりに道が狭く、一人しか通れない箇所(元祖七合目~八合目)もある
  • 硬い地面が多く登山道の傾斜がきついため、下山時にひざへの負担大
  • 富士山の山頂を中心としたご来光の方角は、山開きの7月1日には東北東で、次第に南下し閉山時期9月10日にはほぼ東になります。
    富士山 山開きシーズンの日の出方角と時刻
    富士宮ルートは富士山の南南東にあるため、富士宮ルート上からは、時期や場所によってはご来光の瞬間が山の斜面で隠れてしまったり、左側の地平線・雲海が山の斜面に隠れてしまいます。早朝2時前後に山小屋を出発して山頂で見る場合は問題ないですが、宿泊する山小屋前で見る方は、山小屋前でどのように見えるか事前に山小屋に問い合わせて確認してください。詳細な方角・日の出時刻は日の出・日の入りマップでも確認できます

 

山小屋・施設リスト一覧

富士宮ルートの山小屋は”富士山表富士宮口登山組合”に所属しています。

富士宮ルートの山小屋の料金は

  • 1泊素泊り:6000円(土曜日は1000円増し)
  • 1泊2食 :8000円(土曜日は1000円増し)
  • 焼印:300円

と一律になっています。

富士宮ルート上の施設(山小屋・その他)
山小屋名 場所/標高 収容人数 宿泊プラン・料金・食事内容・設備等
の詳細情報
口コミ
(Google)
五合目レストハウス 五合目
2400m
20人 HPはこちら 口コミ
雲海荘
(うんかいそう)
六合目
2493m
80人 HPはこちら 口コミ
宝永山荘
(ほうえいさんそう)
六合目
2493m
80人 HPはこちら 口コミ
山口山荘
(やまぐちさんそう)
七合目
3010m
180人 HPはこちら 口コミ
富士山衛生センター 八合目
3250m
参考サイト 口コミ
池田館
(いけだかん)
八合目
3250m
250人 HPはこちら 口コミ
萬年雪山荘
(まんねんゆきやまそう)
九合目
3460m
250人 HPはこちら 口コミ
胸突山荘
(むなつきさんそう)
九合五勺
3590m
150人 HPはこちら 口コミ
頂上富士館
(ちょうじょうふじかん)
頂上
3712m
150人 HPはこちら 口コミ
富士山頂郵便局 頂上
3712m
HPはこちら 口コミ
富士山頂上 浅間大社奥宮
(せんげんたいしゃおくみや)
頂上
3712m
HPはこちら 口コミ

[関連ページ]

動画

富士宮ルート全体を解説した動画を紹介します。

富士山登山ガイド【富士宮ルート】(約15分)

静岡県の世界遺産 富士山公式サイトに掲載されている富士宮ルートの案内動画です。装備や登山マナー、ルート情報について解説しています。

 

ルート情報のみ知りたい方は ダイジェスト版(約8分) がおすすめです。

 

各地点の情報、個人的感想

 

富士宮口五合目

富士山スカイラインを登っていくと富士宮口五合目に到着します。

(富士宮口五合目の富士山スカイライン側から撮影)

公衆トイレやレストハウスがありますので、ここでしっかり登山の準備をしましょう。

五合目~六合目

黒砂の広い道が続きます。

富士山を見上げた景色

(登山口付近から見える富士山)

suyama-211.jpg

五合目から25分ほどで、六合目の宝永山荘に到着。

 

六合目~新七合目

宝永火口ルートとの分岐点にある山小屋を過ぎるあたりから、本格的になります。

suyama-295.jpg

 

suyama-303.jpg

 

suyama-310.jpg

 

suyama-328.jpg

 

suyama-331.jpg

 

 suyama-336.jpg

 

suyama-340.jpg

 

suyama-341.jpg

 

新七合目~七合目

 suyama-354.jpg

 

suyama-358.jpg

 

suyama-363.jpg

 

suyama-365.jpg

 

suyama-370.jpg

 

suyama-371.jpg

 

suyama-374.jpg

 

suyama-376.jpg

七合目にある山口山荘付近で標高3000mを超えます。

suyama-378.jpg

 

七合目~八合目

suyama-383.jpg

さらに傾斜がきつく岩盤が多くなります。

suyama-400.jpg

足元に気をつけながら登りましょう。

suyama-408.jpg

 

suyama-407.jpg

 

suyama-409.jpg

 

八合目~九合目

酸素が薄くなり、体力的にもきつくなってきます。

suyama-425.jpg

 

suyama-427.jpg

無理せず、一歩一歩足を前に出しましょう。

残雪

suyama-438.jpg

 

suyama-439.jpg

 

 
suyama-442.jpg
 
 
 
 
 
 
 

suyama-447.jpg

 

九合目~九合五勺

 

suyama-452.jpg

 

suyama-472.jpg

 

suyama-475.jpg

 

suyama-477.jpg

 

suyama-481.jpg

 

suyama-484.jpg

 

suyama-492.jpg

 

九合五勺に最後の山小屋となる胸突山荘があります。

suyama-487.jpg

 

九合五勺~富士宮口の山頂

suyama-496.jpg

(多くの登山者の行列により、登山ルートがはっきりとわかる)

suyama-499.jpg

 

suyama-500.jpg

 

suyama-504.jpg

 

IMGP2804

(富士宮ルート山頂の鳥居)

IMGP2803

富士山郵便局、浅間神社奥宮、富士山頂上お鉢めぐり

富士宮ルートの山頂には富士山頂郵便局があります。

富士山頂郵便局 fujisantyou-yubinkyoku-180718-2

郵便局の中は人が数人入ったらいっぱいになるくらいのスペースしかありません。

登頂の記念にこの郵便局から多くの登山客がハガキを送ったりして賑わいます。

富士宮口の山頂~富士山山頂の剣ヶ峰3776m

富士宮ルートの山頂まで登ったら、ぜひともすぐそこにある富士山の最高地点である剣ヶ峰(標高3776m)までがんばりたいですね。

IMGP2823

上の写真を見たらわかると思いますが、剣ヶ峰の傾斜はかなり急です。

それなりの体力と気力が必要になります。

剣ヶ峰の石碑まえでの記念写真撮影待ちの行列

(剣ヶ峰にある石碑まえで記念撮影するための順番待ち行列 )

suyama-556.jpg

 

 button

 

下山

富士宮口の下山道は登山道と同じです。

人が1人くらいしか通れないような細い道の多いので、登りの登山者に道をゆずる心遣いが必要になってきます。

そして、傾斜がきつく全体的に地面が硬いので他の登山道に比べて膝への負担が大きく滑りやすいです。

登山靴で行くことを強く推奨します。(登山靴に関してはこちら

測候所の展望台からの景色

剣ヶ峰にある測候所の展望台からの景色・・・感動しました!

私の富士宮口の登山記録

富士山の登山道地図・ルートマップ

こちらの記事もよく読まれています。

[装備・持ち物]
[登山装備レンタル]
[登山ルート]
[高山病]
[天気]
[アクセス]


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ