【富士山向け】登山道具・装備レンタルの総合案内(レンタル事情・特徴・価格)

近年、登山用品のレンタルサービスが充実・普及し、登山用品を購入せず、レンタルで済ませる富士登山者が増えています。

そこで、富士登山のレンタル事情、レンタルする前に知っておきたいこと、大手レンタル会社の特徴・内容・価格について調査し、記事にまとめました。(管理人のレンタル体験記も掲載しています。興味のある方はご参考に。

(※以下、富士登山向けの内容ですが、それ以外の山の登山にも共通する内容が多数あります。)

 

富士登山とレンタル事情

富士登山におけるレンタル事情をまとめました。

富士山は特殊な山

実は、数ある登山の中でも、富士山は特殊です。例えば、日本には名峰と呼ばれる素晴らしい山々が多数ありますが、このような山を登る方は定期的に山を登る方が多いのに対し、富士登山の場合は普段は全く山を登らない方の人数が非常に多いです。

レンタルすると費用は1/3以下

登山用品は、三種の神器と言われるレインウェア・ザック(リュック)・登山靴やその他細々とした装備をゼロから揃えると安価なネットブランド品や一流メーカー品混在で揃えても4~5万程度、すべて一流メーカー品になるとそれを大きく超えます。それに比べて、登山用品をレンタルすれば一通り揃えても1万円~1万5000円程度で抑えられます。

登山用品のレンタルに向いている方

レンタル品は下山後にすべて返却しますから、手元に道具が残りません。

そのため、下記項目に該当する方が向いています。

  • 普段全く登山せず、今後もする予定が不透明な方
  • 登山には興味があるが、今後も続けるかわからない方
  • 身体の成長期が終わっていない子供

身体の成長が著しく子供用もレンタルが有効です。身体(身長)の成長期を終えた世代は1度購入すれば装備が消耗するまで何度も使えますが、1年でサイズが大きく変わってしまう子供かつ短期間での使用予定が未定の場合、購入よりもレンタルで済ます方がエコ&経済的です。

 

富士登山に合わせたレンタルセットがある

富士登山ではレンタル需要が非常に多いため、どの会社も富士登山に合わせたレンタルセットを用意しています。

会社により多少異なりますが、定番なのは

  • レインウェア上下
  • ザック(リュック)
  • 登山靴
  • ストック
  • ヘッドランプ
  • 登山用スパッツ

を組み合わせたレンタルセットです。

手持ちの装備でレンタル費用はさらに抑えられる

登山におけるフリースとダウンジャケットの違い

例えば、山の頂上付近でご来光を見る場合、気温が1桁台で基本的に風も強いためレインウェアの下に着るフリースやダウンなどの防寒着が欠かせません。防寒着もレンタルすることが可能ですが、すでに秋・冬用に持っているタウン用の防寒着でも代用することができます。タウン用の防寒着は、登山用のに比べて、重かったり、嵩張ったりしますが、手持ちの装備で代用することでレンタル費用を抑えることができます。

 

レンタルする前に知っておきたいこと

登山用品をレンタルする前に知っておきたい大切なポイントをまとめました。

レンタルできないもの

昨今レンタルサービスが充実して、サングラス、ハット、グローブ、登山用ズボン、さらにはサポートタイツまで借りられます。

そして最後に残ったレンタル出来ないもの・・・それは肌着類です。

  • 速乾Tシャツ・シャツ
  • 下着(パンツ)
  • 登山用ソックス・靴下

上記の衣類は各自で用意することになります。会社によっては、登山用ソックスは登山靴をレンタル時に無料プレゼントされるか、レンタル時に購入できるようになっています。

申込みから装備が手元に揃うまでの期間

haitatsu-otodoke-02

会社により違いがありますが、配送受取の場合レンタルの申込みから装備品の受け取りまでに1週間から4日程度かかるようです。在庫確認や配送(1日以上はかかる)に時間を要するためです。

そのため、「突然誘われて2日後に富士登山へ行くのでレンタルしたい」等の場合はレンタルが難しい可能性があります。(ただ、レンタル会社の店舗で在庫があり直接借りる場合は、ある程度対応してもらえる可能性があるようです。)

申込みから受取までの期間が短いと、サイズが合わなかった場合の交換が難しくなります。

調査の結果、おおよそ登山予定日の4日前が申し込みのリミットで、1週間前以上が推奨されています。ただし、電話予約の場合はさらに短い期間でも柔軟に対応してくれるようです。レンタルできる在庫には限りがあります。レンタルの予約の集中が予想される土日、お盆期間に登られる方はできるだけ早めの予約をおすすめします。

各社のキャンセル規定

taifu_image02

日本は毎年多数の台風が襲来。登山を断念することも。

登山は下界の市街地より天候の影響を強く受けますが、特に富士山は標高2500m~山頂3776mまで雨風を和らげる樹林が無いため、雨・風が全身に直撃します。そのため、予定していた日が思わぬ大雨・強風や台風到来で中止せざるを得ないことも十分にありえます。また、登山当日に体調不良に見舞われることもあるでしょう。

そこで、確認したいのが、登山用品レンタルのキャンセル規定です。キャンセル規定の内容は各社で異なり、登山○日前までのキャンセルは無料、○日前は○○%のキャンセル料など記載があります。もし、様々な理由で登山が困難と判断した時は、速やかに連絡しましょう。

 

レンタルの流れ

レンタル利用の流れは、おおよそ下記の手順になります。

  1. 申込み・予約 : レンタルしたい登山用品をネットか電話で申し込む
  2. 在庫確認 : お店側で在庫確認する
  3. 支払い : 料金の支払い(クレジット、銀行振込など)
  4. 配送 : 自宅にレンタル品と返却用の着払い伝票が送られてくる
  5. 受取りと確認 : レンタル品を受取り、サイズに問題ないか確認
  6. 利用 : 登山で使う
  7. 返却 : 利用者がレンタル品を着払い伝票で返却発送
  8. 完了 : お店側がレンタル品を受取る

※レンタル会社により多少手順が異なりますので、申込み時に確認してください。

登山用品レンタルの特徴なのが、下山後にレンタル品が汚れたまま返却できることです。利用者側にとってもありがたいサービスですが、レンタル会社にとっても大切な内容です。実は、完全防水や信頼性の求められる登山用品は、適切なクリーニングをしないと、防水透湿膜に穴が空く、性能が劣化するなど適切なメンテナンスをしないとレンタル在庫として使えなくなってしまう可能性が出てきます。そのため、汚れたままの返却はレンタル会社にとっても大切な内容なのです。

 

登山用品レンタル会社の特徴、レンタル内容、価格

レンタル会社によって、多少サービスが異なります。また、レンタルとして貸し出されている登山用品のメーカーやグレードも様々です。

簡単にまとめると、

    • サービス満点、コスパ重視「やまどうぐレンタル屋」
    • 写真映えもバッチリ、レンタル品は一級品「そらのした」

というところでしょうか。

やまどうぐレンタル屋

yamarent_180805

特徴

  • 全国宅配可能
  • 団体レンタル対応可
  • 子供用レンタルあり
  • 日本初の登山道具宅配レンタルサービス 2010年から累計利用者数15万人以上
  • 豊富な在庫でお申し込みと同時に予約確定
  • 天候不良でも体調不良でもキャンセル時全額返金
  • 靴をレンタルされた方全員に登山用ソックスプレゼント!
  • レンタル料金は登山日数のみでカウント
  • 保証金なし
  • 10,000円以上レンタルで全国どこでも送料無料
  • サイズ変更無料!
  • 新宿店・河口湖店でもレンタル手続き可能
  • 富士山五合目で返却OK!

実績、サービス共に際立っているのが「やまどうぐレンタル屋」です。

特に、”天候不良でも体調不良でもキャンセル時全額返金”はかなり太っ腹です。詳細は下記のように書かれています。

大雨や台風で中止になる場合や、体調を崩してしまったり仕事の都合などで、せっかく楽しみにしていた登山に行けなくなることもあります。やまどうぐレンタル屋では、理由に関わらず、ご利用予定日の前日までにご連絡をいただければキャンセル料なしで全額返金いたします。キャンセル料を気にして無理することなく、ぜひまた次の機会にご利用ください。[出典:やまどうぐレンタル屋 ]

富士山は天候により登山の難易度が大きく変化します。突然の台風や思わぬ悪天候のため、登山を断念しなければいけないこともあります。また、思わぬ病気の発覚、直前での体調不良で、ずっと前からトレーニングして準備してきたのに直前で行けなくなってしまった、という話も度々届きます。とは言うものの、レンタル会社もその方のために申込み時点からそのお客様のために在庫を確保しているのですから、キャンセル料が発生しても致し方ないところなのですが、”ご利用予定日の前日までにご連絡をいただければキャンセル料なしで全額返金”はかなり太っ腹です。

また、レンタル会社によっては貸し出した装備を確実に返却されるように、事前に保証金を支払うところがあるのですが、やまどうぐレンタル屋は”保証金なし”です。さらに、”靴をレンタルされた方全員に登山用ソックスプレゼント!”もあり、非常にサービスが充実しています。

ホームページを見ると”キャンセル内容”や”サイズ変更”についてもわかりやすく書かれていて親切です。

レンタル品の内容

レンタルされている各装備を見ると経営者の思想が感じ取れます。一言で表現すると”必要十分”というところでしょうか。様々な登山用品の中でも初心者向けのエントリーモデル(廉価版)を揃えているようです。そのため、レンタル価格も少し手頃になっています。

手ぶら割 レンタル代金15%OFF

自宅から身軽に出発して、現地(新宿店、河口湖店、吉田ルート五合目店、富士宮五合目店)でレンタル品を受取り、登山の後も汚れたままで返却できる、”手ぶら割(15% OFF, 期間:2019/07/01~09/30)”があります。シューズやザックなどかさばる荷物を持ち運ぶことなく、下山後は荷物を返却して温泉や観光に出かけられます。

配送レンタルに比べて、配送費用がかからず、レンタル品の貸し出し期間が短縮されて在庫の回転率を上げれるため割引されているようです。

試着によるサイズ交換は、新宿店、河口湖店のみ対応しています。(吉田ルート五合目店、富士宮五合目店は受け取りのみ)

詳しくはこちら⇒ やまどうぐレンタル屋「手ぶら割」(15%OFF)

価格(2019/05/30時点)

富士登山で準備優先度の高い装備6点セット(レインウェア上下、ザック、登山靴、ストック、 ヘッドランプ、ショートスパッツ)の場合、

必要最低限の2点セット(レインウェア上下、登山靴)の場合、

となっています。

関連記事

当サイトの管理人が、2019/07/25-26の1泊2日、レンタルして富士山登ってみました!

浅間大社奥宮

2019/07/26 富士山山頂 浅間大社奥宮

下記ページに体験記を掲載しています。

⇒ 富士登山装備のレンタル体験記-[やまどうぐレンタル屋]編

関連URL

 

そらのした

soranoshita_180805

特徴

  • 全国宅配可能
  • 子供用レンタルあり
  • レンタル料金は登山日数のみでカウント
  • 富士山周辺の提携全9カ所で返却可能
  • レンタル品がすべて一級品

そらのしたは、2010年創業で登山レンタル業界では老舗です。ホームページが綺麗で見やすいです。メンテナンスにも力を入れているようです。

送料は有料、保証金制度あり、キャンセルは3日前15:01以降は50%と、やまどうぐレンタル屋と比較すると見劣りしますが、レンタル品がメーカー一級品揃いで、客層が違うかな、という印象を受けます。

レンタル品の内容

一流メーカーの一級品を中心に取り揃えています。例えば、レインウェアはモンベル製、ザックはグレゴリー・ノース・モンベルなどメーカー品、ヘッドランプはペツル、トレッキングポールもブラックダイヤモンドなど一級品が取り揃えられています。すべて登山用品店で堂々と販売されている程度の製品で、すべて揃えると10万円程度になるかもしれません。

これらの製品は、登山装備としての完成度が高く、実際に登山で使いやすく、デザイン性も優れて形も綺麗で、全部着用するとビシッと決まり、明らかに写真映えします。ただ、そもそも製品自体が高価なものを取り揃えているため、内容によってはレンタル価格も他社より上がります。

  • 高性能の一級品の登山用品で登りたい
  • 見た目、写真写りも大切にしたい(カップル登山など)

そういう方におすすめです。

価格(2019/05/30時点)

そらのしたは、”保証金制度”と”レンタル保険制度”があります。

レンタルのご予約に当たっては保険金もしくは保証金のどちらかをご選択頂く形となります。

[保証金制度]

当店では、レンタルをさせていただく最に保証金または保険金をご選択頂いております。
レンタル商品を破損させてしまった場合やひどく汚してしまった際に、修理対応費用を頂く形となりますが、その際に保証金が修理対応費用の一部として当てられます。
何も破損や損傷、ひどい汚れが無い場合は預かっている保証金は全て返金させて頂いております。

[レンタル保険]

レンタル商品毎に設定されている保険金をあらかじめ予約時にお支払いいただくことで、お客様がレンタル品を破損させてしまった際や汚してしまった場合でも修理対応費用は頂きません。
但し、お客様の不注意や誤った使用法での破損に関しては修理対応費用を頂きます。例えばテントの近くでたき火をして、テントや寝袋に穴をあけてしまった損傷は保険金を支払っていても修理対応費用をお支払い頂く事になります。

[出典:そらのした]

以下、上記を踏まえての紹介になります。

富士登山で準備優先度の高い装備6点セット(レインウェア上下、ザック、登山靴、ストック、 ヘッドランプ、ショートスパッツ)の場合、

(保証金5,000円 or レンタル保険500円のどちらかを選択)

ただ、そらのしたでレンタルするなら、「ブランド・色を自分で選べる♪(6点セット)(1泊2日:税込16,178円)」

など、もうワンランク上の装備レンタルもおすすめです。

関連URL

 

最後に

以上、簡単ですが内容をまとめてみました。

今後も定期的に調査し、情報を更新していく予定です。

関連記事

当サイトの管理人が、2019/07/25-26の1泊2日、レンタルして富士山登ってみました!

浅間大社奥宮

2019/07/26 富士山山頂 浅間大社奥宮

下記ページに体験記を掲載しています。

⇒ 富士登山装備のレンタル体験記-[やまどうぐレンタル屋]編

 

こちらの記事もよく読まれています。

[装備・持ち物]
[登山装備レンタル]
[登山ルート]
[高山病]
[天気]
[アクセス]


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ