最新情報

過去に何度も富士山やそれ以外の山々に登った経験を元に、これから富士登山に挑戦する方々に役立つ服装・装備・持ち物を中心にまとめてみました。富士山は近年訪れる登山者が非常に多くなってきています。毎年のように富士山に登って感じるのは富士山は独立峰で周囲に視界を妨げる山がないため、天気が良ければ8合目ぐらいからの眺めには圧倒的な解放感があって最高です!ただ、決して楽な登山ではありません。標高が3776mと非常に高く、周囲に木が生えていないため、天候があれると予想以上に危険な状況に陥ることも少なくありません。そこで、富士登山のためにここで紹介する服装・装備・持ち物を参考にしていただければ、より安全で快適に富士山を登頂するお役にたてるかと思います。

吉田ルートの山小屋数は日本一?多数の山小屋を通過&休憩し、吉田ルート山頂へ。山頂は強風で大荒れ。

P8310073

そのため、六合目までの登山道は、僅かな下山者(昨日は台風でしたので)が通過するぐらいで、かなり空いていました。 通常なら、多くの登山者が往来するのですが。。。   そして、五合目から歩くこと約30分で、六合目に到着です。 六合目と書かれた標識があった・・・

富士北麓駐車場からシャトルバスで富士スバルライン五合目へ。前日が台風だったため強風で登山者少ない

P8310044

前日(8月30日)の夜に自宅を出発し、谷村パーキングエリアで車中泊しました。 谷村パーキングエリアで宿泊することにしたのは、高速道路のパーキングエリアで富士北麓駐車場に近いことと、高速道路上に深夜通過か滞在すると高速料金が割引されること、コンビニで行動食を買っ・・・

富士山の東側一周♪吉田ルート登り、山頂の山小屋で宿泊し、ご来光見て、御殿場ルートを下山、バスを乗り継いで出発地点に帰還しました(^^)

route160831-160901

2016年も一泊二日で富士山を登ることができました♪ 今年は、吉田ルートを登り、山頂の山小屋で宿泊し、ご来光見て、御殿場ルートを下山して、バスで出発点に帰還しました。 軌跡を見ると、富士山の東側半分をぐるっと一周するような感じになります。 今回、このようなルー・・・

【2016年度】富士山登山ルートの開通期間、マイカー規制期間のお知らせ

2016年度の富士山の各登山ルートの開通期間と、マイカー規制期間をお知らせします。 2016年各登山ルートの開通期間(5合目~山頂) 吉田ルート(山梨県側) : 7月1日(金)~9月10日(土) (※下山ルートは9月11日の午前中まで通行可能) 須走ルート(静・・・

富士登山における安全確保のためのガイドライン改定のお知らせ

平成27年12月に、夏山期間以外の富士山の登山・スキー・スノーボードの注意事項について書かれている”富士登山における安全確保のためのガイドライン”が改定されました。 主な内容は以下のとおりです。 ◆万全な準備をしない登山者の夏山期間以外の登山「禁止」◆夏山期間・・・

輝く太陽と富士山(三ツ峠より)

PC120071

先日、表登山道から三ツ峠を登りました。 登り始めの時は空は雲に覆われていましたが、山頂に近づくと晴々とした冬空らしい青空になりました。 そして、太陽の下で雪氷に覆われた富士山が光輝いていました。 そして、三ツ峠山頂(開運山)では、ちょうど太陽が富士山の真上に到・・・

富士山頂上奥宮の外装工事が終了しました

PC300256

富士山本宮浅間大社より広報紙が届き、読んでみると富士山頂上奥宮改修事業について書かれていました。 第三期(本殿・幣殿改築)工事報告 平成二十七年の開山と同時に解体、改築を進めておりました奥宮本殿と幣殿の改築(外装)工事が閉山後の九月十六日に無事終了しました。・・・・

プリンスルートと(御殿場下山ルート)は登山用のスパッツ(ゲイター)を付けましょう!

IMGP4512

昨年に続き、プリンスルートを下山します(^^)   富士宮ルートは登山道がそれほど広くない割りに、上りと下りで共有するため、下る時に上りの登山者待ちするため結構時間かかります。 また、上りには都合よい足場のしっかりとした登山道ですが、下る時にはひざへ・・・

2015年度 富士山頂郵便局の状況

富士山頂郵便局

御殿場ルートの頂上には富士山頂郵便局があります。   富士山頂郵便局には、普通通常郵便物の引受けの他に、オリジナル商品が販売されています。 ここからハガキを投函すると、日時入りの富士山頂の風景印が押され、記念になります。   12:20に山・・・

参拝&御朱印買って、頂上富士館でカップめん食べて、剣ヶ峰登頂!

S__1966150

高山病になることなく、富士宮ルートの頂上に到着し、その奥に進むと見えてきました!     浅間神社奥宮です(^^)   昨年に比べて、改修工事が進み、隣にあった仮設プレハブの社務所ではなく、神社内に移動していました。 中に入って、・・・

サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ