登山用アンダーウェア、Tシャツの特徴(繊維素材・速乾性能・防臭性)とおすすめの紹介

登山する上で、快適さを左右するのがウェア選びです。ここでは、登山用のアンダーウェア、Tシャツの特徴である速乾性や防臭性の解説と、おすすめの登山ウェアを紹介したいと思います。

P7250346

 

登山でのアンダーウェア・Tシャツの役割と選び方

「NHK にっぽん百名山 富士山」(2013年)に出演された
富士登山ガイドのエキスパートの野中径隆さんによる
”登山用アンダーウェア”の講義

 

今までに何度も夏の富士山に登ってきましたが、晴れで五合目から山頂までアンダーウェア1枚で事足りたこともあれば、山頂付近が寒くてダウンジャケット着たこともありましし、雨と強風でずっとレインウェアを着ていたこともありました。

天候によって、レイヤリング(重ね着するウェア)は変わりますが、肌の上に直接着るアンダーウェアやTシャツは、一度着たら登山中はほとんど脱ぐことがありません。ある天候、ある場所でしか使わない装備と違い、実際の使用時間が長い装備となります。

そして、登山においてアンダーウェア・Tシャツに求められる性能は、

  • 吸汗速乾性能
  • 防臭性能

です。

吸汗速乾性能

吸汗速乾性能とは、肌から滲みでた汗を吸い上げて蒸発させる性能です。 特に多くの発汗が伴う夏の登山では、この性能が高ければ高いほど良い、とされています。

繊維と速乾性能

木綿100%のシャツなどは、繊維の特性で繊維内に保水するため、乾きにくく登山には不向きです。

繊維の乾きの早さは、

化学繊維(ポリエステル) > ウール(メリノウール) > 木綿

となり、一般的に化学繊維(ポリエステル)の繊維表面に汗が拡散して蒸発しやすくする特殊加工したものが最も乾きが早く、次いでウール、木綿と続きます。

安全に登山するためにも、夏は吸汗速乾性能の高い化繊のアンダーウェア・Tシャツか、ウールを着るのおすすめです。

汗による濡れを防ぐ

もし、この吸汗速乾性能が低い場合・・・汗でべちゃべちゃに濡れてしまった場合は、汗が蒸発することによる気化熱と、水分の熱伝導の早さの影響で体温が著しく奪われる可能性があります。

この状況は、天候が晴れで気温が温かい場合は特に気になりませんが、富士登山のように標高が高く、山頂付近の気温が低く、風も強くなりやすい環境では汗冷えを起こします。

吸汗速乾性能が高いウェアの着用で、汗冷えしにくくなります。

突然の雨濡れの影響を低減させる

登山途中で突然雨が降って衣類が濡れてしまうことがありますが、吸汗速乾性能の高いものを着ていると体温で徐々に乾いていくため、濡れによる冷えの影響を軽減することができます。

ただ、あまりにウェアが濡れてしまった場合は乾くまで時間がかかり身体が冷え切ってしまうため、雨風が避けられ場所で乾いた衣類に着替える、雨具を着るなどで対処します。

防水透湿性レインウェアの性能を最大限活かす

登山用の高性能の防水透湿性レインウェアは”液体の水は通さず、水蒸気は通る”という性能により、雨の侵入を防ぎつつレインウェア内の蒸れを外に放出しますが、汗を効率よく水蒸気に変える吸汗速乾性能アンダーウェア・Tシャツの存在によりその性能を最大限活かすことができます。(綿素材のシャツは保水するため、レインウェアの透湿性能が十分に発揮されない)

以上のように、吸汗速乾性能の高いウェアを着用することが、安全に登山する基本となります。

 

防臭性能と繊維素材

一般的なスポーツは、運動が終わると着ている服も脱いで着替えます。しかし、登山の場合はそうとも限りません。数日間に及ぶ登山になると同じ服を数日間着続けるのはごく普通のことです。もちろん、山にお風呂やシャワーもありません。

毎日のようにお風呂やシャワーを浴びる日本人にとっては、稀な体験になります。

富士登山の場合は、多くの方は日帰りか1泊2日の行程になります。

日帰り登山の場合は下山後に着替えれば良いです(車で来た方は車に着替えおいて置けばよいですが、遠方から電車・バスで来た方は着替えをどうするのでしょうか?)が、山小屋泊の方は山小屋に到着して着替えるか、もしくは登山中に着ていた服を着続けるかのどちらかになります。

友人の富士登山ガイドに確認したところ、雨や汗でよほど服が濡れていないかぎり、同じ服を着続けている方が多いようです。

そして、登山中の大量に汗を乾かした服をそのまま着用し続けた場合、気になってくるのが”汗臭さ”です。

登山中にこの汗臭さがきになることはありませんが、山小屋など屋内に入った時には気になることがあります。

特に、就寝時に布団や寝袋に入った時は、この匂いと直面することになります。

私はいままでの登山で感じたことは、せっかく空気の綺麗な自然の中で過ごすのに、あまりにも服が汗臭いと、どこにいてもその臭いがずーっと付きまとってくるため、できるだけ汗臭くならない衣類を着るのに越したことはない、ということです。

臭いの原因はバクテリアの繁殖

肌の上に着用するアンダーウェアやTシャツは、発汗量や着用時間に比例して臭いを発するようになります。

その臭いの原因は、バクテリアの繁殖です。、汗そのものは無臭ですが、汗そのものではなく、肌表面に存在するバクテリアが汗や皮脂をエサに繁殖し、その排泄物が臭いとなります。

実はこの臭いの出やすさは、衣類の素材によって差があります。

私の個人的な経験では、臭いの出にくい繊維は

ウール > 木綿 > 化繊(ポリエステル)

です。

防臭性能は最強のメリノウール

肌触りがちくちくしがちなウールですが、最近は繊維の細いメリノウールが一般的で、あまりチクチクしません。(多少はあります、またメーカーの加工により肌触りは異なります)

メリノウールは防臭性が非常に高い繊維です。以下、詳しくかかれたアイベックスのホームページより抜粋

  • 汗自体は無臭性であり、体臭は、温かく湿った環境において(例えば、ある一定時間皮膚に汗が付着した状態)増殖するバクテリアの副産物として発生する。
  • メリノウール繊維は、その複雑な科学的かつ物理的構造によって、バクテリアの増殖、それに伴う体臭の発生を抑制する。
  • ニオイ分子は、メリノウール繊維に吸収され、水分だけが外気に蒸発する事で効果的に繊維内に拘束され、バクテリアによるニオイの増殖が抑制されるので人間の嗅覚には認知されない。一方で洗濯をするとニオイ分子は素早く洗い流されるので衣類にも残らない。
  • メリノウール繊維の非常に複雑な内部科学的構造により体臭の構成物質である酸性分子、塩基性分子、亜硫酸性分子の多くを拘束する働きがあり、臭覚では認知されないようにする働きがあります。

図5

 

化繊で防臭加工されたものもありますが、メリノウールの防臭性はそれ以上だと感じます。登山で数日間着用していても、ほとんど臭いがしません。ただ、保温力があり、速乾性が化繊よりも劣るため、登山では夏の場合は気温の低い高所、春・秋・冬が適しています。汗濡れしても汗冷えしにくく、繊維が-40℃くらいまで凍結しないため、雪山登山者は肌着はすべてウールにするの方が多い(私の山仲間は厳冬期は全員肌着がほぼウール)です。

最近は、夏用の薄手のメリノウールのアンダーウェアやTシャツも販売されています。

 

木綿(コットン)は登山の肌着には不適

肌触りも優しく、普段着に最適な木綿は、ウールほどではないものの、ほどほどの防臭性能を持っています。

しかし、速乾性に関しては、木綿内部のセルロースが保水しやすく、汗を貯めこんで肌に張り付いてしまいます。また、他の繊維に比べ乾きも遅いです。

気化熱の冷えに加え、熱伝導(水は空気の約20倍の熱伝導率)により体温が冷たい外気に奪われ、低体温症の原因となります。

晴天で暖かな気候のときは、特に問題になりませが、一変、雨や強風になると、ベシャベシャになって猛烈に体温を奪う可能性があり、それが原因の遭難例もあります。

そのため、登山においては木綿の肌着を避けるのが鉄則です。

 

化繊(ポリエステル)は速乾性に優れるが防臭性はバラつきあり

登山用のアンダーウェア・Tシャツで使われる繊維はポリエステルが主流です。

ポリエステル自体は吸水しないため、特殊な繊維加工や形状により、肌の汗を吸い上げて繊維表面に広げ乾きやすくするよう、各メーカーで工夫しています。

速乾性能は非常に優れていますが、反面、そのままだと着用時間に比例してバクテリアが繁殖し、独特の強い臭いを発しやすいです。

そのため、登山用の化繊のアンダーウェア・Tシャツは、ほとんどが防臭するような加工(抗菌加工or制菌加工)が施されています。

私はいろいろ試してましたが、その防臭性能は、メーカーにより差があります。

 

富士登山には長袖がおすすめ

S__1966103
2015/07/11 富士宮ルート 九合五尺付近

富士山は標高が高いために非常に紫外線が強く、どのルートでも六合目以上は日差しを遮る木々がほとんどありません。

紫外線対策として、半袖のTシャツを着て、露出した腕には日焼け止めクリームを塗るのも一つの方法ですが、登山中の多量の汗で落ちる可能性があるため、最初から長袖を着て極力肌を露出しないのがおすすです。

私はいつも長袖を着てます。

もし、暑い場合は腕をまくって対処します。

 

その他スポーツ用の吸汗速乾シャツでも問題なし

ここでは登山向けの解説をしていますが、さまざまなスポーツ(ランニング等)で着用するポリエステルを使用した吸汗速乾Tシャツを富士登山で着用しても、性能的にはおそらく問題ないと思います。

今まで何度も富士山に登ってきて、さまざまな登山者の服装を見てきましたが、登山メーカーではないものを着用している方も多数います。

ただ、防臭性に関しては、運動中にだけ着用するのが前提のスポーツ用と、ずっと登山中から就寝時まで着続ける登山用とでは、差がある可能性があります。

すでに手持ちのスポーツ用のTシャツを富士山で着ていく予定で、防臭性能を確かめたい方は、一度、夏の暑い日に一日中着てみたら、そのウェアの実力を確認できます。

 

できれば予備を1枚用意する

一泊登山の場合でも日帰り登山でも、万が一に備えて予備のアンダーウェア・Tシャツを用意するのをおすすめします。

私の経験では、山の気候の変化は予想しにくいです。

例えば、多量の発汗を伴う登り途中で、天気の徐々に霧→小雨に変わって、レインウェアを着る判断が遅れて、ウェアが雨で濡れしてしまう場合があります。

経験上、レインウェアを着ると暑い・足を止めて着用するのが面倒などの理由で、判断を悩むときがあります。北海道の大雪山での出来事ですが、最初パラパラと雨粒が降ったのですが、まもなくドバーッと大雨になり、その判断が少し遅くなったために、ベチャベチャに濡れたこともあります。富士山でも同様の天候になることはあります。

そんな時、着替えを持っていないと、体温が猛烈に奪われるため、快・不快の領域を超えて危険です。

そのため、少し荷物になりますが、予備のアンダーウェアを持っていくようにしています。

また、予備ウェアは登山中に乾燥が追いつかないほど汗をかきすぎてしまった場合としても役立ちます。

もちろん、予備ウェアも化繊かウールのものをおすすめします。

 

登山用におすすめ・人気のアンダーウェア・Tシャツ

登山時に着用するアンダーウェア・Tシャツには、化繊(ポリエステル)やメリノーウールがおすすめです。

私はどちらも持っていますが、夏の富士登山では、吸汗速乾性能に優れた化繊を選ぶことが多いです。

防臭性能はメーカーにより差があり、着用する人によって臭う臭わないなどの個人差もあります。

 

モンベル ウイックロンクール

 
 
モンベル ウイックロン クール(メンズ&レディース)

  • 真夏の運動時に真価を発揮する高機能素材:肌面に凸凹を持たせることで、抜群の通気性と肌離れの良さを実現した2層構造ニット素材です。抜群のクールダウン効果を発揮し、常に快適な着心地を実現します。
  • 光触媒効果でにおわない:光を当てることで、においの元となるバクテリアや皮脂などを分解する光触媒粒子を繊維に練り込んでいます。その効果は半永久的に持続します。
  • 紫外線遮へい率90%以上

通気性が非常に優れています。お店で試着してみましたが、手でさわるとひんやりした感じがあり、着心地もサラッとしています。

経験上、この光触媒効果の防臭加工は、臭う人や臭わない人でわかれます。どのメーカーの化繊Tシャツを着ても匂いがちな方は避けたほうが無難です。

  • さらさらの着心地が持続します(2015/11/3):汗の発散効率が信じられないくらいにいいですね。平地を30Kmほどジョギングしましたが、さらっさらでした。登山だけでなく、長距離走にもおすすめです。
  • 吸汗、速乾だが(2016年7月15日):夏山登山に使用中。吸汗、速乾に優れていて風通しも良いので暑さが和らぐ。しかし時々チクチクするので不快。是非改善してほしい。
  • 着心地サラサラ!すぐ乾く!(2018年6月12日):通気性抜群、クールダウン効果抜群という夏に適したTシャツです。大変軽いです。またUV効果もあり、遮蔽率90%以上と日焼けしたくない人にも最高です。着心地は、サラサラしています。汗をかいても通気性が良いため、すぐに乾いてしまいます。ですから、お洗濯をしても、すぐ乾いてしまうため、スポーツ、アウトドアなど特に適してます。

「モンベル ウイックロン クール」シリーズの購入者レビューと実売価格(amazon)

(2018/07/08時点で、¥ 3,500~¥ 4,000程度です。半袖・長袖など形状により異なります)

 

モンベル ウイックロンZEO



モンベル ウイックロン ZEO(メンズ&レディース)

  • 通気性と保温性を両立:抜群の通気性と吸水拡散性を備えたウイックロンを立体構造に編み上げて空気層を作り、適度な保温性を持たせた高機能素材です。
  • 汗冷えを防ぎ、快適な着心地が持続:運動時の発汗を素早く吸水拡散し、汗冷えを防ぐとともに肌離れもよく、快適な着心地が持続します。
  • 体温低下を防ぐ:生地裏の凸凹内にできた無数の空気層により、山の高低差や天候の変化に伴う気温低下時にも体温低下を防ぎます。
  • 制菌効果でにおわない:生地に施した制菌加工により、においの元となるバクテリアを減少させ、優れた防臭効果を半永久的に持続します。
  • 紫外線遮へい率90%以上

同社のウイックロンクールよりも目が詰まっているため、適度な保温性があります。また、ウイックロンと同じ名前が付いていますが、クールの光触媒と違い、においの元となるバクテリアを減少させる制菌加工になっています。(臭いの出やすさはかなり個人差あります)

  • 夏山シーズンに使ってみました(2014/7/30):購入前は、モンベル(mont‐bell) WIC.ボーダー ロングスリーブを春から着ていたのですが、首周りの日焼けが気になってきたので別なものを探していました。色はグリーンを購入。派手かな?と思ったのですが、届いてみるとそんなでもないかって感じで、カーキ色のズボンに合いました。磐梯山の登山(7月29日)で1日使用このジップシャツの下にはWIC.ラグランスリーブTシャツを着て登山しました。使ってみた感想ですが・着心地良し 生地と肌がこすれて違和感を感じるかと思いましたが、心配無用でした。・汗をかいてもべとつかない 腕回りの汗も気になりませんでした。サラサラ感があります。・首周りの日焼けも大丈夫 ジッパーを締めれば、首周りも隠れました。やっぱりモンベル、ハズレなし!シーズン中は、このシャツの出番が多くなりそうです。
  • 袖が長い(2015/2/17):身長178cmでやや太めですが、サイズ的にはまあ妥当かも。ただ、袖が長いです。折らないと手首が隠れる感じになります。それ以外はとても気に入っています。汗っかきなのですが、汗をかいてもべとつかない。更にウイックロンは防臭効果がすごいと思う。【汗かいた→着替えてランドリーバッグに入れておく→半日後洗濯する時に出しても臭わない】
  • ものは期待通りです。(2016年8月20日):身長167センチ、体重72キロでLサイズが少し大きめでした。8月の富士山で初めて着用しましたが、着心地、通気性、保温性共に快適でした。これまでユニクロのヒートテックで登山していましたが、こちらの方が格段によいです。
[出典:amazon]

「モンベル ウイックロン ZEO」シリーズの購入者レビューと実売価格(amazon)

(2017/07/07時点で、¥ 4,000~¥ 5,000程度です。半袖・長袖など形状により異なります)

 

モンベル ジオラインL.W.(ライトウェイト)


モンベル ジオライン L.W.(ライトウェイト)(メンズ&レディース)

軽量で速乾性に優れているので、寒い季節の激しく汗をかく運動や、夏場のウォータースポーツなど、オールシーズン活躍する汎用性の高いモデルです。また、薄手で、伸縮性にも優れ、重ね着がしやすくなっています。
  • 【素材】ジオライン®(ポリエステル)100%

モンベルの主力製品でもある化繊のアンダーウェアです。速乾性能に優れ、立体的なボックス構造により適度な保温力も持ち合わせています。繊維に銀イオンを練り込んでいて、バクテリアを減少させ、その効果も半永久的に持続します。

ジオラインには生地の厚さによって、クール、ライトウェイト、ミドルウェイト、エクスペディションの4種類ありますが、標高が高く気温が低い富士山には、ライトウェイトぐらいがちょうど良いかと思います。

ライトウェイトを地肌に着ると、多少生地が透けるため、気になる方は上に半袖のTシャツ(速乾化繊)を着用すると良いでしょう。

高性能にもかかわらず価格が手頃のため、メンズの長袖はamazonカスタマーレビュー数148件・星4.3(2018/07/08時点)とレビュー数と評価共に高い製品です。

  • 真夏の富士登山で使用(2016年7月20日):この商品の上に厚手の半そでシャツを着て富士登山を行いました。人により体質、体型、体温、動いたときの発熱量などが違うため全員そうではないのは当然ですが、自分は寒がりな体質なのですが、9合目まで前述の服装で登ることが出来ました。(周りは8合目あたりで寒いと言っている人がいましたが・・・)その後はユニクロのウルトラダウンを着るだけで山頂まで登り冷たい強風も耐える事が出来ました。富士登山で大変なことのひとつが上下の気温差ですが、下山時非常に暑い状態でしたが、ウルトラダウンを途中で脱ぐ事で汗がたまることなく無事下山をすることが出来ました。寒い場所から暑い場所まである程度オールマイティーにほしい機能を十分に果してくれる商品だと思います。あと、黒色なんで日焼け対策にも有効です。これを着ている部分では日焼けはしておらず、それ以外の場所は真っ黒に焼けている状態でした。自分は身長182cm、体重125kgで、XLでは小さいと思いましたが素材が多少伸びる素材のため着ることは出来ました。私からすればもう一サイズ大きなものがあれば嬉しいのですが・・・。
  • すごく良い、普段使いにも活躍(2017年12月17日):富士登山のために購入。温かくて肌触りもよく、わざわざ買った甲斐がありました。普段使いでもちゃんと出番があります。パジャマとしても使えるし、週末の運動の時にも使えます。登山用品として購入したアイテムの殆どが、その後の使い道がなくて持て余していますが、これだけはフルに活用できているので、買って良かったと思えます。洋服なんてユニクロで良いでは無いか、と思ってしまいがちなタイプの人間ですが、ちゃんと価格相応、価格以上の仕事をしてくれています。モンベルというブランド、今まで全く興味が無かったのですが、良いブランドなんだなぁ、、と思いました。
  • 【女性】生地が極薄でした。(2017年12月13日):身長163cm体重60kgでLでぴったりでした。袖丈も十分ありました。初めて購入しましたので、生地が極薄でびっくりしました。来年の夏に富士登山で着用予定ですが、予行登山の時に試してみます。
[出典:amazon]

「モンベル ジオライン L.W.(ライトウェイト)」シリーズの購入者レビューと実売価格(amazon)

(2018/07/07時点で、¥ 3,000~¥ 4,000程度です。半袖・長袖など形状により異なります)

 

 

パタゴニア キャプリーン・ライトウェイト


パタゴニア キャプリーン ライトウェイト(メンズ&レディース)

  • レイヤリングしやすい滑らかな表面
  • 素肌に快適なオープングリッド構造により優れた通気性と、吸湿発散性、速乾性を提供
  • 生地を折り返してテープ処理したクルーネック。吊るして乾かせるループ付き
  • 肩の縫い目はずらしてあるのでバックパックのストラップの下でも肌が擦れない
  • まち付きの脇の下は広範な動きに対応し、肌が擦れず快適
  • 伸縮性のある親指用ループにより袖のまくれ上がりを防止
  • 摩擦を最小限に抑えるフラットロック仕上げ。腰をカバーするドロップテイル
  • UPF(紫外線防止指数)35。ポリジン永続的防臭加工済み。

通気性が非常に高いものの、かなり薄手のアンダーウェアのため、これ一枚での着用は少し戸惑うかもしれません。

同社のポリジン永続的防臭加は、防臭性能が高いと評判です。

私は旧モデルのキャプリーン2を現在も使用していますが、もう購入して数年経つのに表面の毛羽立ちもウエストベルトが強く擦れる部分に見られる程度で、非常に強いアンダーウェアだな、と感じています。

また、他メーカーの防臭加工だと登山後に臭いが気になることがありましたが、パタゴニアの防臭加工はかなり優秀で、夏山登山で着続けてもほとんど臭いませんでした。もちろん、脇の下に鼻を移せば多少臭いはしますが、その程度です。ウールほどの強烈な防臭性能ではありませんが、化繊のアンダーウェアでこの防臭性能は、トップクラスだと思っています。

私が使っているキャプリーン2が2015年にモデルチェンジしてキャプリーンライトウェイトとなりました。生地の質感がサラッとなり、生地自体が薄くなりました。新モデルを実際にお店で試着してみましたが、旧モデルは1枚で着ても気にならない厚さでしたが、新モデルは非常に薄くて、これ1枚で着るか着まいか、若干迷うレベルになっています。もし、一枚で着るなら肌が透けないような色の濃いものを選ぶと良いかもしれません。

以下、amazonカスタマーレビューより。

メンズ

  • 効果バツグン(2016/11/25):汗の処理は、ファイントラックとほぼ同等だと実感しました。ニオイの残留は、ファイントラックよりありません。登山で使用してますが、僕はファイントラックより、キャプリーンが買いです。
  • キャプリーン2→ライトウエイト?(2017年2月16日):前作の2の素材感は3とさして変わらなかったけれど、今度はまったく違う感じに仕上げてきましたね。2と3どちらかがあれば良かった関係から今回のリニューアルでははっきりとライトとミドルの差を打ち出してきており、2と比較すると速乾性、軽さ、着心地とも良くなっています。また、以前のシルクウエイトがデイリーに変わった事で、よりライトを買う意味が大きくなったのではないでしょうか。
[出典:amazon]

レディース

  • 新しいスタイルのベースレイヤー(2017/1/12):このパタゴニアのベースレイヤーは、六角形の紙箱のパッキングがとても特殊です。 それは滑らかで暖かく感じます。
[出典:amazon]

「パタゴニア キャプリーン・ライトウェイト」シリーズの購入者レビューと実売価格

(2018/07/08時点で、¥ 6,480程度です。)

 

その他

少し情報が古くなりましたが、数年前に 各社の登山用アンダーウェア・Tシャツ性能を比較する実験をしました。

興味のある方は、読んでみてください。

>> 登山用アンダーウェア・Tシャツ性能比較実験 モンベルvsパタゴニアvsファイントラックvsフェニックス

 

まとめ

  • 登山においてアンダーウェア・Tシャツに求められる性能は吸汗速乾性能と防臭性能。
  • 化繊(ポリエステル)と薄手のメリノウールがおすすめ。(木綿は避ける)
  • 富士登山には長袖がおすすめ
  • できれば予備を1枚用意する


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ