山小屋に泊まるなら洗面用具(歯ブラシなど)は必須

実際に富士登山で山小屋に宿泊した場合、水がじゃばじゃば蛇口から出てくるような洗面台は無いと思ったほうが良いでしょう。

 

富士山では、水は貴重品

富士山では、水は貴重品です。もちろん水道管は通ってません。山小屋で働いている人も、お風呂にはなかなか入れないようです。

歯磨きや洗顔には、ザックで担ぎ上げた手持ちの水か山小屋で購入したミネラルウォーター(5ooml 1本500円)を使います。

 

ウェットティッシュは便利

ウェットティッシュ

汗でしょっぱくなった顔や体を拭きたい場合は、自分のタオルに水を含ませるか、ウェットティッシュを用意すると良いでしょう。

女性の場合は、化粧落としというところでしょうか。

やはり汗かいてベトベトorザラザラになった顔や体をウェットティッシュで綺麗に拭くのは気持ちいいです。

とても便利なウェットティッシュですが、水分を含んでますので枚数が多いものだと荷物になってしまいますので、10枚程度のものがおすすめです。コンビニ等で販売されています。

 

富士山での歯磨き

それと寝る前の歯磨きすると思うので、歯ブラシも必需品です。

登山中はいつも以上に食べ、しかも発汗&低気圧&乾燥などで口が乾き、いつも以上に歯垢も繁殖しがちです。

歯を磨くときに自分自身の持ち水を使用します。

下界では豊富に使える水ですが、山の上ではちょろちょろと必要最小限しか使わなくなります。

 

因みに山小屋の人に「どこで歯を磨いたらいいですかね?」と聞いたら、

「う~ん、皆さんそこらへんで歯を磨いてますね」と山小屋前を指差していました。

 

山では歯磨き粉を使わずみがきましょう。歯磨き粉を使うと、何度も口をすすぐために多くの水を使うことになりますが、水だけの歯磨きであれば、すすぎも1度で済みますし、環境負荷も最低限度に抑えられます。

 

最近は水を使わずに済む歯みがきシートという製品も販売されてます。

指にシートを巻いて歯を磨くことができ、富士山の宿泊時に使っている方を見たことがあります。

以下、【激落ちくん】歯みがきシートのamazonカスタマーレビューより抜粋。

テント泊登山のお供(2016/9/7):水は貴重な山の中では、歯ブラシ/歯磨き粉よりは手軽に使える。ただし、携帯性とトレードオフで、1枚はそう大きな面積ではないので、口の中さっぱりしようと思ったら最低でも3枚ぐらいは使いたくなるので、星1つ減点しました。あと当然ですが、歯の間に挟まったものは取れないので、歯間ブラシを一本持っていくことをおすすめします。

他にも、様々な製品があるようです。

「歯みがきシート」の各製品の購入者レビューと実売価格(amazon)

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ