登山靴・トレッキングシューズの特徴と選び方、代表的な製品の紹介

登山靴は、雨具やザック(リュック)に続く、登山の三種の神器の1つ。

登山靴(トレッキングシューズ)の特徴、選び方について解説します。

登山靴・トレッキングシューズ

富士山に登山靴は必要なの?運動靴と登山靴の違い

過去何度も富士山に登っていますが、正直、富士山は登山靴でなくても運動靴で登れます。事実、様々な運動靴で登っている登山者が多数います。(特に若年層に多いように感じます)

私は運動靴と登山靴の両方で富士山に登ったことがありますが、両方を体験から

————————–

一般的な運動靴は登りは良いが、下りが困難。

登山靴はあらゆる環境の変化にも対応でき安全。

————————–

とわかりました。

 

登山靴の特徴

登山靴は、あらゆる天候でも登山道を安全に、快適に登れるように設計された靴です。

登山靴は、軽登山靴(トレッキングシューズ)、重登山靴(アルパイン)などがありますが、共通して

  • 堅牢
  • 防水透湿性
  • ソールが固く、滑りにくい
  • 足首を捻挫しにくい

という特徴を持っています。

 

堅牢

IMGP2355

石で強く押してもあまり凹みません

登山靴は、歩行中に岩などに接触しても足を痛めないよう、全体的に硬い素材が使われています。アッパー(靴の底を除いた上の部分)は硬く、靴底も厚く硬いです。

実は、この堅牢さゆえ、登山靴はその人の足との相性の差が出やすい(合わないと痛くなりやすい)のです。一般の運動靴は、特にアッパーが柔らかく、最初はジャストフィットしなくても次第に足にフィットするようにある程度は変形していきます。登山靴もある程度は変形していきますが、そもそも素材が硬いため、一般の運動靴に比べて僅かな変形に留まります。

そのため、登山靴を選ぶ時に”購入時点で自分の足にフィットしている”ことが非常に重要になってきます。

 

防水透湿性

水に浸かった登山靴

もちろん、水たまりに入れても、靴の中は濡れません

殆どの登山靴はアッパーに防水透湿性素材(ゴアテックスなど)を内蔵しています。

山の天候は変わりやすく、雨が降ることも多々あります。富士山ではありませんが、他の山では浅い沢を渡らなければならないような登山道もあります。水が靴内部に侵入すると

  • 水で足の皮膚がふやけて靴ずれする
  • 水を吸った分、靴が重くなる
  • 水濡れによる不快感

がおこります。アッパーに防水透湿性素材を挟み込むことにより、これを防ぐことができます。

gore-tex_scarpa_technical_image_01

出典:scarpa

特に致命的なのは足の皮膚のふやけです。長い時間お風呂に入っていると皮膚がふやけてやわらかくなりますが、足がふやふやの皮膚の状態で何時間も山を上り降りするとどうなるでしょうか?体重の圧力や靴との摩擦に耐えきれず容易に皮膚が傷つき(くるぶし、かかと、足先が発生しやすい)、痛くなってきます。一度靴ずれを発生すると、歩く度にそこが痛み、山登りを楽しむのが難しくなってきます。

そのため、ほぼすべての登山靴には防水透湿素材が使われています。

防水性は必須です。何年も登山靴を使っていたりメンテナンスが悪いと防水透湿素材に穴が空いて、水が入ってくることがありますが、そのような登山靴は日帰りには何とか使えても、1泊以上の登山に使うのが難しくなってきます。

透湿製に関しては、私は今までに4足のゴアテックス内蔵の登山靴を履いてきてますが、透湿しているのかどうかよくわからない、体感が難しいです。一般の非防水の運動靴の方が、通気性があり、ずっと蒸れにくいように感じます。経験上、透湿性があるといっても、発汗量の多い足の蒸れを完全に放出できるほどの透湿性は期待できません。

そのため、登山用の靴下が”余剰の汗を溜め込む”という重要な役割を果たします。登山用の靴下は日常で使われる靴下よりも厚手ですが、硬い靴とのクッション材の役割以外にもその厚み分だけ汗を吸って溜め込み、足の皮膚をドライに保つという役割もあるのです。

山小屋で1泊して富士山を登る場合、一日目の数時間の登りで靴下がけっこう濡れてしまうこともあり(特に雨の場合)、山小屋に着いても靴を脱ぐと濡れにより足が冷える&不快になることもあります。1泊以上の場合は、予備で靴下をもう1足持っていくのがおすすめです。

 

ソールが固く、滑りにくい

IMGP2349

ブロックパターンが大きく、溝も深い

登山靴は一般の靴のソールよりも、ずっと硬く、ブロックパターンも大きく、溝も深くなっています。登山靴で舗装路を歩くと歩きにくいですが、山道では悪路ほど効果を発揮します。

ソールの硬さは、岩角に足を乗せた時の下からの突き上げから保護していくれます。この効果は登りよりも、足裏への衝撃が大きくなる下山時に効果を発揮します。靴底が軟らかいと長時間に及ぶ足裏の突き上げで、次第に足裏が痛くなってきますが、硬いソールではほぼ起きません。

また、ブロックパターンが大きく溝が深いため、傾斜の強い砂利道・砂礫・土砂をしっかり噛み込むことができます。

IMGP4422

富士山 富士宮ルート

富士山はどの登山ルートでも、六合目以上の多くの場所が上の写真のように火山の砂礫です。登りの時は、足がずり落ちやすく、靴底が滑るとその分移動がロスするため無駄に疲れますが、登山靴を履いて斜面に対して並行に足を置く(ソールを接地面積を最大にする)ことにより、滑るのを軽減でき効率よく登ることができます。富士山は特に滑りやすく、この歩行技術が大切になってきます。

吉田ルート 下山道

吉田ルート下山道 砂礫が細かく滑りやすい

下山時は、足が滑って転倒を予防するのに大いに効果があります。一般の運動靴と比較するとその差は歴然としています。

一般の運動靴で下山した場合、登山道のソールの噛み込みが甘いため、下りの勢いが付いてしまった場合やバランスを崩して足を付いてしまった場合などにそのままズズッと滑ってバランスを崩し転倒してしまうことがあります。富士山では、下山時に滑って尻もちを着く登山者の姿をよく見かけます。

登山靴だからといって完全に下りで滑らないようになるわけではありませんが、しっかりと地面を噛んでいる感じがわかり、明らかに安心感がでます。

 

足首を捻挫しにくい

登山中の怪我の統計結果より”怪我の多くが下山時に起きる”ということがわかっています。その中でも起きやすい怪我として、足首の捻挫があります。

下山中に足首を思いっきり捻ってしまうことは稀にあります。登りで体力を使っているため、下山時は疲労していることが多く、登山道は足場が凸凹のため、下りの勢いそのままで思いっきり足首を捻ってしまうのです。くるぶしを覆うハイカットの登山靴は捻挫を抑制することができます。

くるぶしを覆うようなハイカットの登山靴は、ある程度の可動域までしか足首が動かないような構造になっています。そのため、登山靴を履いて、足首を捻った状態で体重をかけてしまっても、ある程度のところまでしか足首が曲がらず、靭帯・腱の損傷を防ぐことができます。

実は私も下山中に過去何度か内側に足首をグニッと捻ったことがあります。普通の靴だとほぼ間違いなく捻挫する状態でしたが、ハイカットの登山靴を履き、しっかり一番上のフックまで靴紐を締めてたため、怪我なく登山を続けることができました。

山仲間が下山中に足首を捻ってる瞬間もみたことありますが、後で彼は「かなり捻りましたが、登山靴のお陰で大丈夫でした」と言ってたと思います。

以上のように登山靴は、歩行のエネルギーロスを低減するだけでなく、登山で発生しやすい怪我を予防する特徴を持っています。

 

登山靴・トレッキングシューズの選び方

「NHK にっぽん百名山 富士山」(2013年)に出演された
富士登山ガイドのエキスパートの野中径隆さんによる
”登山靴・トレッキングシューズ”講義

 

登山靴を選ぶ上で大切なポイントは、

  • 自分の足型に合っている
  • くるぶしを覆う高さ
  • 専門店で相談・試着する

になります。

ミドルカット・ハイカットがおすすめ

boot_low boot_mid boot_hi

登山靴・トレッキングシューズはその高さでローカット、ミドルカット、ハイカットがあります。ローカットはくるぶしが出る高さ、ミドルカットはくるぶしを覆う高さ、ハイカットは足首をしっかり覆う高さになります。

ローカットは、高さが無い分軽量になり、足首も自由で歩きやすいですが、里山ハイキング・低山ハイキング向きです。日本一の標高で、火山の砂礫や岩場を歩く富士山には、足首のホールド力があり、小石も侵入しにくいミドルカット・ハイカットがおすすめです。

自分の足型に合った登山靴を選ぶ

登山靴選びで最も重要なのが、自分の足型に合った靴を選ぶことです。登山靴はアッパーの硬さゆえ、一般の運動靴より履くことで馴染む幅が小さいです。そのため、最初に自分の足型にどの程度合っているかで、歩きやすさ、靴ずれのしにくさも決まってきます。(メーカーの靴作りの構造による差も非常に大きいです)

私も今までに何人もの足を見てきましたが、個人によって足の形状が結構違います。

今まで見てきた経験の範囲内ですが、

  • 日本人型(日本人に多い足型、幅広)
  • 欧米人型(欧米人に多い足型、全体的に足が細い)
  • ゾウ型(日本人型だが、かかとも大きく、甲高で肉厚、ゾウの足に似ている)

に大きく分類できるかな、と感じています。もちろん、人によって同じ足のサイズでも、足の指の長さ割合、甲の高さ、かかとの大きさ、外反母趾(女性に多い)など違いがあります。

街で1時間程度歩くのとは異なり、富士登山は最短ルートの富士宮ルートでも登山時間が7時間程度ありますので、登山靴との相性が問われてきます。登山靴メーカーや、同じメーカーでもモデルによって使われている足の木型が異なっています。自分の足にあった登山靴を探すなら、専門店で試着するのが賢明です。

 

直接、お店で試着する

登山用品の専門店で登山靴を試着するのがおすすめです。スポーツショップ等でも軽登山靴を扱っていますが、登山専門店の方が、フィット感を確認する設備や、靴の種類も充実しています。

また、登山専門店でも特定のメーカーのみ扱うお店より、さまざまなメーカーを扱うお店の方が、自分の足に合った靴が見つかりやすく、選択肢も豊富です。

登山靴のフィッティングに関して、ある程度の経験があるスタッフなら、その人の足を見た瞬間に、「富士山用でこの予算内で、この足型ならAメーカーのこのモデル、Bメーカーのこのモデル・・・・が合いそうかな」と靴リストが頭に浮かんでくるのではないか、と思いますので、提案された靴を試着するとよいでしょう。

経験上、何足か試着すると自分にあった登山靴がわかってきます。例えば、

  • 靴紐をしっかり縛り、歩いてもフィット感がある(少しでも違和感、痛みがあるのは避ける。短時間の試着で痛いと、登山で何時間も履くともっと痛い)
  • つま先が靴内部の先端に当たらない(店内の傾斜のある台を下っても、つま先を床にトントンしても当たらない)
  • 正面&横で下った時に、靴内部で足がずれない、踵がずれない(内部でのずれは靴ずれの原因)

が選考の基準になり、すべて満たす登山靴が見つかれば、かなり合う靴といえるのではないか、と思います。

登山靴との相性が悪いと登山中の痛みになり、その後使うのを躊躇するようになるか、買い換えることになるため、選考基準は、デザイン性は二の次にして、まず自分の足と合っているかを最優先にしましょう。

 

各メーカーの登山靴

富士登山にも適していると思われる各メーカーの代表的な登山靴・トレッキングシューズをご紹介します。

登山靴はお店で試着して購入するのが基本です。しかし、首都圏なら登山専門店が多数ありますが、地方になると限られるか、品揃えも限られるかもしれません。(購入者レビューがある程度あることから、意外と登山靴を通販で購入している方もいるようです)

そこで、私自身が試着してこれは、というおすすめも掲載しておきますので、登山靴選びの参考にしてみてください。

 

登山靴を通販で購入する前に大切なこと

サイズは普段の+1cmを選ぶ。例えば足が26.0cmなら27.0cmを選ぶ

理由:下山時に傾斜を下るとき多少足先が前にずれるのですが+1cm程度の余裕を持つことにより、つま先が靴の先端に当たることによる痛み、爪割れ・内出血を防ぐ。

普通の靴が合わない人は要注意!

理由:スニーカーなど普通の靴を履いて、なかなか足が合わない方は要注意です。多くのメーカーが日本人の足型で作っていますが、それから大きく違っている可能性が高いです。店舗で試着して購入するのが無難です。

 

シリオ

シリオは日本人の足型にあった靴を作っている登山靴専門メーカーです。基本的な作りが良く、値段は少々しますがぜひ試してみて欲しい靴です。

シリオ(SIRIO) P.F.302 (メンズ&レディース) 片足 580g(26.0cm)

ハイキング入門者のみならず、尾瀬等の日帰りハイキングや軽装備の山行等のライトトレッキングの信頼できる登山靴です。ゴアテックスのライナーを装備し、ナイロンメッシュ・タングで通気性、マルチダイレクション・アンクルフレックスで足首の動きやすさと適度なサポートを両立しています。日本ブランド「シリオ」が開発した幅広の「3E+」のラストが採用されています。

この価格帯で、完成度の高い登山靴です。もちろん、富士山にも最適です。平均的な日本人の足型の方にぜひ試着してみてほしい一足です。幅広3Eで作っていますが、足先まで紐がありフィット感を調整できます。

確か2013年に私の兄と登山ショップへ靴買いにいったとき、いろいろなメーカー試着して最終的にこれを選びました。その後もこの登山靴で足が痛くなることもなく絶好調のようです。

  • +1cmが効いたようです。(2014年9月18日):先日富士山登山でデビューしました。ネット情報を頼りに自分のサイズ➕1cmを購入しました。スマートウールの靴下とのセット使用でしたが、登りも下りも問題無く、マメもできずに帰ってこれました。ちょっとびっくりしました。ゆったり目ではありますが足首あたりをしっかり締めたら少し違和感を感じました。新品だからかなーと思います。初心者ですがこれにしてよかったと思います。
  • フィット感が最高だったので(2016年4月21日):スポーツ店で5足くらい履いて足にフィットしたので購入しました。昨年ネットで購入して使っている靴が今ひとつ合わないので、今回はスポーツ店の店員さんに選んで貰った。登り、下り、ガレ場のテスト場を歩き決めました。約1時間付きっ切りで選んでくれました。他の靴に比べ底の曲がりとひねりに強度があったのとフィット感が良かったのが購入の決め手です。 先日近くの山(820m位)に登りましたが快適でした。
[出典:amazon]

「シリオ(SIRIO) P.F.302」 の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2018/07/12時点で¥ 17,010~でした。)

 

キャラバン

キャラバンは創業60年の登山靴メーカーです。足型の守備範囲が広く、足型がバッチリ合うというよりは、それとなく誰でも合うような作りになっているのが特徴です。

C1_02S_1.jpg 

C1_02 (メンズ&レディース)  重量: 約590g(26.0㎝片足標準)

登山入門者が使いやすいように設計された、キャラバンシューズの代表的なモデルです。履き口まわりに柔らかな生地やクッション材を採用し、足首を優しくホールド。指先まわりはゆとりを持たせ、アキレス腱部分は足首が動きやすいよう浅めにカットするなど、初めて登山靴に足を入れる入門者でも違和感なく履ける設計です。つま先部分にはTPU樹脂カップを採用し、指先をしっかりと保護。さらに、悪路でもグリップ力を発揮するキャラバントレックソールや、着地時の衝撃を吸収するインソールクッションシステムにより歩行性能を高め、低山はもちろん、富士登山、尾瀬や屋久島でのトレッキングにも最適です。

このモデルは登山ショップなら必ず置いてあるといってもいい登山靴です。指先がゆったりしています。ただ、足先まで靴紐がないため、ゆったり加減は調節できませんが、それだけに足入れしやすくなっています。

価格も控えめで手ごろです。低予算でそれなりにしっかりした登山靴をお探しの方におすすめです。

  • 買って良かった(2017年8月5日):これが初めてのトレッキングシューズですので参考にならないかもしれませんが、富士登山2回使用して壊れませんでしたし、サイズも使い心地も良かったです
  • 初登山に富士山で使用しました。(2017年8月15日):前に使用していた靴が寿命になったので買い換えたのですが、変えて初登山が吉田口からの富士山登山でした。登りも下りも筋肉痛にならず、快適でした。典型的な日本人の足である私にはEEEがちょうど良くフィットしました。
  • お薦め(2018年4月27日):6~7回、富士登山を含め使用しましたが、足が痛くなることもなく、また、ムレも少ないです。買って良かった。
[出典:amazon]

「キャラバン C1_02」 の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2018/07/12時点で¥ 11,188 – ¥ 15,984でした。)

 

メレル

 Moab_Mid_2.jpg

モアブ2 ミッドゴアテックス (メンズ&レディース)

柔らかく快適な履き心地と頑強さから、トレッキングからタウンユースまで幅広いシーンで活躍するマルチスポーツシューズ。サイドを流れるシリコン製のバーが、左右のブレを防ぎ、サポート力を強化したインソールを搭載。また、シュータン上部を合成皮革で覆い、上からの雨を防ぎます。

ライトハイキングシーンで人気の「Moab(モアブ)」が2017年にアップデートされMoab2となりました。履き心地はそのままにサポート力を強化。「Moab」シリーズは、柔らかく快適な履き心地と頑強さから、トレッキングからタウンユースまで幅広いシーンで活躍するマルチスポーツシューズとして2007年の発売以来人気を誇る定番アイテムです。「Moab2」では、軽量性や防水・透湿性、屈曲性といった機能や履き心地は継承しつつ、ホールド性やサポート性を更に高めより長く愛用される1足になっています。

スニーカーに近い軽登山靴といったところでしょうか。メンズ:468g、レディース:410gと軽量で、非常にやわらかく、履きやすいです。ただ、ある程度耐久性が求められる砂走りだと、この靴大丈夫かな、すぐにボロボロにならんかな、という感じもあります。この靴で岩に足ぶつけたら足痛いと思いますが、普段遣いに使えるものをお探しの方には良いかもしれません。ただ、雨の日の滑りやすいとのレビューあり注意が必要です。

  • 購入する時に気を付けたこと(2017年9月27日):購入する時に気を付けたのは、デザインや色とかではなく、とにかく私の足にフィットして軽いということでした。ネットでは実際に試着するということができませんが、以前足のサイズを測定してもらった結果があったので、それを参考に購入するサイズを決定しました。実際に買って軽くて私の足のサイズにぴったりなので、山登りも苦痛にならずに足に豆ができるということもなく快適にはけています。(ウィメンズ)
  • 履き心地は最高ですが・・・(2018年6月21日):10時間前後の登山でも足が疲れなく、痛くならないと履き心地はとても気に入りました、しかし噂どおりウェット性能が最悪です。濡れた平滑な面があると氷の上を滑るがごとく綺麗に転倒してしまいます。もう雨の日には絶対に履けません。ネットでの滑りやすいとの書き込みは見ていました、大げさに書き込みしているのかと思い履き心地に心酔し購入しましたがここまで酷いとは・・・
[出典:amazon]

「メレル モアブ2 ミッドゴアテックス」 の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2018/07/12時点で¥ 15,350 ~になります。色・サイズで価格異なります。)

 

アルバートル

 

ALBATRE トレッキングシューズ AL-TS1120(メンズ&レディース)

日本人向けの甲高・幅広ラスト使用。防水・透湿素材使用(完全防水ではありません)。アーチサポート付きインソール使用。深溝パターンのハイグリップアウトソール。軽量で衝撃吸収性に優れたEVAミッドソール。ハイキング~ライトトレッキング向き。

ネットブランドの登山靴です。重さ:390g (片足/24.5cm)と軽量です。実物を見たことが無いため感想書けませんが、約5000円という破格の価格のため、費用を抑えたい富士登山向けに人気のようで、多数のレビューがあります。

肝心の防水性能に関しては「防水性は小雨程度なら1時間は保ちますがそれ以上だとつま先からジンワリと染み込んできます」とのレビューあり、それを十分理解した上での選択となります。

  • 初心者用だけでなく(2016年9月26日):初めての登山から1年間は、この靴のお世話になっていました。南八ヶ岳・観音平~権現岳を日帰りあたりならこれでも平気です。サイズは普段靴と比べて、+1.0cmあたりが適度ではないでしょうか。現在はGK69-02M(キャラバン)を主に履いていますが、富士登山の御殿場ルート日帰り往復など、足を軽くしたいときに引っ張り出すこともあります。そういう意味ではあまり見劣りすることはありません。逆に、ソールや靴全体が柔らかいので靴連れもしにくく、岩場や、また滑りやすい地形などでは助けられることも多いと思います。ただ底も柔らかいので、岩場を飛び跳ねたり、重い荷物を背負ってのテン泊縦走には向きません。
    問題点は、金具の都合もあり靴ひもが擦り切れやすいことと、防水機能はまったく期待できないこと、あとはつま先を基準に曲がるあたりにメッシュ生地があるため、おそらく足指の左右付け根あたりから割れが生じてくること。ただ、ヘビーユースな方には軽量化としての選択に、この一足もありかと思います。
  • 安くて良いものが手に入りました。(2017年8月18日):自分の足にとても合って、初富士登山も靴ズレもなく不自由なく登山成功することができました。安いので色々と不安でしたが、とても良い買い物ができました。サイズ変更もこころ良く受け入れて頂いて良かったです
[出典:amazon]

「アルバートル トレッキングシューズ」 の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2018/07/12時点で¥ 4,200 – ¥ 5,980でした。キッズ用もあります。)

 

大手通販サイトの人気・売れ筋ランキング

登山靴の大手通販の売れ筋ランキングです。

登山靴・トレッキングシューズの売れ筋ランキング (Amazon)

登山靴・トレッキングシューズの売れ筋ランキング (楽天)

 

まとめ

  • 登山店で自分の足に合った靴を選ぶ
  • ゴアテックスなど防水加工である
  • ミドルカットかハイカットがおすすめ
  • 直接お店に行って試着するのがベスト

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ