登山用のトレッキングポール・ストック・ステッキの使い方・選び方、厳選おすすめの紹介

トレッキングポール(ストック・ステッキ)とは、登山で使う杖です。

この道具を使うことで、足にかかる負担を手に分散できるだけでなく、バランスがとりやすくなるので転倒防止に非常に役立ちます。

wilder_c1

 

富士登山ガイドのエキスパートの野中径隆さんによる
”トレッキングポール・ストックの使い方”の講義

 

トレッキングポール・ストック・ステッキの選び方

トレッキングポール(ストック)にはT字型とI字型の2つの種類があります。

T字型の トレッキングポールはグリップがT字型になっていて、一般的に1本で使用します。[T字型ストック一覧(楽天) ]

I字型のトレッキングポールはスキーのストックと同じくグリップがI字型になっていて、一般的に2本で使用します。[I字型の一覧(楽天) ]

山を歩いていると年配の方に人気なのが T字型の トレッキングポールです。

 

私は富士山を、トレッキングポールなし、T字型(1本)、I字型(2本)のそれぞれで富士山に登ったことがあります。(あと、友人から借りた金剛杖で一部分だけ登りました。)

登りやすさは、

登りやすい <------------------>登りにくい

I字型(2本) >>>> T字型(1本) > トレッキングポールなし、金剛杖

です。

 

以下、個人的な感想です。

 

トレッキングポールなし

S__1966089

おそらく富士登山者の多くがこの状態だとおもいます。

すべての体重が足にかかるので、トレッキングポールを使う登山に比べて足が疲れやすいです。

登山初心者の方は、膝や足の筋肉への負担を軽減する歩行方法を知らないため、特に下りでは勢いを抑制する筋力と膝の耐久力も求められます。

また、常に足2点でバランスをとらねばならないため、より筋力やバランス力が求められます。

基本的に、登山初心者の方や、脚力に自信のない方、ひざに不安を抱えている方は、トレッキングポールを使うことをおすすめします。

ただ、いままでいろんな方と一緒に山に登って気づいたのですが、トレッキングポールを使い慣れていない方の中には、かえってポールが無いほうが歩きやすい方もいるようです。

 

金剛杖

金剛杖

金剛杖は古くから使われている伝統的な登山道具です。杖に直接、焼印を押すことにより思い出にもなります。

登山口にある売店で購入することができます。

金剛杖を使ったら登山が楽になるかというと、上りは△、下りは○というところでしょうか。

平坦な登山道や下山ではバランスをとるのに便利なのですが、登山道にある両手を使うような岩場では重く収納できない金剛杖はかなり邪魔です。

友人が岩場で 「この金剛杖・・・ここで捨てたい。」と放った言葉が今も忘れられません。

どれどれ私に貸してみなさいと金剛杖を代わりに持ってあげましたが、岩場では本当に邪魔でした。

両手を使いたいのに、木でできたずっしりと重い金剛杖は片手がふさがってしまうだけでなく、その長さゆえ周囲の登山者に当たらないように気を使わねばなりませんでした。

下りではある程度バランスをとるのに役立ちましたが、トレッキングポールのように握りやすく滑らないグリップがないただの棒なので、しっかりと体重をかけにくく、重かったです。

それも修行と思える方、古くからの富士登山スタイルで登りたい方向けです。

 

T字型(1本)

tgrip_pole

金剛杖と違い軽量でコンパクトに収納できるので重宝します。

値段も1本ということもあり、手に入れやすい価格(数千円)です。

T字型(1本)のトレッキングポールは傾斜のきつい登りでは体重をかけにくいためそれほど役に立ちません。

下りでは、片側1本のため登山のリズムがあまりでません(ポールを握っている方の手が常に前にでるため、体の向きが正面ではなくポール握った方に傾きます)が、上部に体重をかけやすく(特に握力が弱い年配の方)、下山する時は大いに役立ちます

 

I字型(2本)、ダブルストック

wilder_c1

私がこれをはじめて使ったときに衝撃を受けました。「なっ、なんだこれは!ものすごく登りやすい。」

もともとT字型(1本)を使用していたのですが、さびて使えなくなってしまいました。

そこで買いなおそうとしていたら、友人から「ぜったいI字型(2本)がいいですよ。トントントンって感じで楽ですし。」と言われてしまいました。

「え~、それホント?なんかちょっと信じられないな~。」と言ったはいいものの、どうしようかと悩んでいました。

そもそも両手がトレッキングポールでふさがってしまうことにも抵抗がありました。

最終的に、友人の助言を信じてI字型(2本)を購入してすぐさま近場の山で使ってみたのです。

実際に使ってみて正直感動しました。

もう、登りやすいのなんの。足とあわせて4つの支点になるため非常にバランスがとりやすいのです。

このお陰で、強風や足場が悪い場所でも転倒の不安がなくなりました。

ストラップにしっかりと手を入れてグリップを握ってポールを適切な長さに調節してあげれば、登り下り共に非常に歩きやすくなります

それ以来、周囲の人にもI字型(2本)のトレッキングポールを勧めています。

最初はみんな「え~、本当にいいの?値段高いしどうなんだろう。」と言いますが、実際使うようになると

「 これほんと良いね!教えてくれてありがとう! 」

という感じで、みなさんに喜ばれることが多いです。

 

素材

トレッキングポールに使われている素材は、主にアルミ(アルミニウム合金)かカーボンです。それぞれの特徴が違います。

アルミニウム合金

通称”アルミ”と呼ばれますが、正確にはアルミニウム合金(亜鉛、マグネシウムなどが混ざっている、超々ジュラルミンとも呼ぶ)が使われています。

トレッキングポールの多くが、このアルミニウム合金が使われています。軽量で強度もあり、粘り(しなり)もあります。

岩の隙間にポールが入ってしまい、強くしならせてしまい、ポールが曲がってしまった場合でもある程度力で戻すことができます。(完全にまっすぐは難しいです)

素材的には多少荒い使い方にも耐えますが、濡れたあとにしっかり乾かさずに放置してしまうとサビ(白い粉がでる)がでて、トレッキングポールの締りが悪くなります。そのため、雨の日などに使って濡れた場合、使用後に各ポールを分解してしっかり乾燥させるのが長く使うポイントです。

 

カーボン(炭素繊維)

アルミよりも軽量なのがカーボン製ポールです。アルミより数割軽量化できますが、価格も数割上がります。

登山でトレッキングポールを使う時、持ち手部分を支点に振り子のように前後に振ります。そのため、僅かな軽量化でも体感的には重量以上に軽くなったように感じます。

カーボンは錆ませんので、アルミほど気にしなくてもよいですが、連結部に金属を使用していることが多く、仕様後はしっかり分解して乾かしましょう。

価格の上昇により、すべてが優秀に思えるカーボンですが、弱点もあります。それが、強いしなりが加わると折れてしまうことです。アルミポールであれば、折れることは滅多になく、曲がってしまった状態でも使用できます(短く収納できなくなります)が、カーボンは折れてしまいますので使い物にならなくなります。

そのため、カーボン製のトレッキングポールを使うときは、無理な負荷(岩に挟まって思い切りしならせてしまう、など)がかからないように丁寧に扱うようにしましょう。

 

人気のトレッキングポール

用意するならI字型(2本)が断然オススメです。

最近は、登山ショップに置いてあるメーカー品に比べ、ネットブランド(実店舗で置いていない、ネット専門ブランド)がコストパフォマンスに優れて、購入者の満足度も高いようです。

以下、アルミ製、カーボン製のコストパフォーマンスに優れた製品を紹介します。低価格重視の方にはアルミ製、体力に自信のない方には軽量なカーボン製をおすすめします。

 

DABADA 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット アンチショック機能付(200g/本)

登山系の通販ランキングで上位に入っている、トレッキングポールです。

dabada1

原産国:中国
製品安全協会承認品(SGマーク取得)
新品、2本で1セットです。
サイズ:収納時56cm 使用時 最長120cm
重量:約200g(1本)
素材:アルミニウム合金7075
付属品:取扱説明書・トレッキングキャップ×2 バスケット×2
Amazon限定キット:専用ケース・トレッキングキャップ×2・ウォーキングキャップ×2

DABADA という、登山ショップではほとんど見ることの無いメーカーですが、その価格と機能が豊富です。

dabada4

dabada2

dabada3

 

ネット限定商品なので実物見たことないのですが、グリップがコルク製で、フィット感がよく握りやすいと思います。

ポールの長さは 最長 120cm なので、長身の方以外は大丈夫だと思います。身長の大きな方は130程度まで伸びるものを使ったほうが良いでしょう。(私は身長176cmで最大130cmまで伸びるトレッキングポールを使っていますが特に長さ不足を感じたことがありません。妻の120cmのを使った時は下山するときに少し短いなと感じました)

さらに、アンチショック付きなので、肘への負担も軽減されます。

これと比較すると、普通の登山ショップで売ってるトレッキングポール買えませんね。。。たぶん、同程度のものでも2倍以上の値段します。約200g(1本)、2本で400gはアルミ製トレッキングポールの中でも比較的軽い部類に入ります。

amazonのカスタマーレビューの中に、実際に富士山で使われた方のレビューがありましたので、掲載します。

富士登山には必須アイテムですよ。持っていきなさい!(2015年8月6日):富士登山では大変重宝しました。しかし!!!上り下りでの調整の仕方をしっかり調べてからお行きなさい!★この商品はサスペンションが内蔵されています!!!登山でトレッキングポールがあるのとないのでは大違いです。特に下りでひざへの負担を心配されている方は、買うべきですね。

ポールはある方が楽です。(2015年9月20日):慣れないうちはバランスを取る為にポールは使わない方が良いとも聞きますが有る方が絶対楽です。例えば富士山を登るのには初心者の人でも体の負担が軽くなります。(特に下山)それに登山を続けるか判らないので、まず最初に安い奴を買って次には高価な奴を買う方が良いと思います。でも、登る前に使って慣らした方が良いです。あと、必要が無い登山道でザックを下ろさずにポールを仕舞えるOSPREYのザックなんかだと便利です

富士登山に使用(2015年10月11日):初めての富士登山に使用しました。とても良い買い物でした。使用者は登山初心者で、トレッキングポール初使用です。富士山須走口5合目から登り、行程中はずっと使用していましたが、壊れる事なく下山できました。同行者が所有するメーカー品も借用しましたが、遜色ないように感じた上、こちらの方が軽量でした。(初心者ゆえ、詳しい事はわかりません。) 登山中、この商品を使用されている方を数人見かけました。中には使い込んでいそうな風合いの物もありましたので、耐久性も有ると思われます。普段は登山はおろか運動すらしない初心者が、数回の登山のために高いメーカー品を買うのは心苦しいものです。登山が付き合い程度であるうちは、この商品で十分だと思いました。

これが初なので他社製品との比較は出来ませんが。(2016年6月8日):購入後、日光男体山や富士山、両神山など比較的ハードに使用しましたが、今のところ問題なく使えています。特になにか外れたとか等も無し。使用時、何度か縮んでセットし直す事はありましたが、これについては他社製品がどうなのか分からないのでこれが問題かどうかは分かりません。ただその都度直せばいいし頻度も多くないので特に問題ではないかと。

「DABADA 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット 」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(カラーは、4色展開(シルバー、ブルー、レッド、ピンク)です。2017/07/03時点で¥ 3,000 でした)

 

 

WILDER カーボン製トレッキングポール2本セット アンチショック機能(148g/本)

wilder_c1

wilder_c2 wilder_c3 wilder_c4 wilder_c5

  • 2本1セット、めり込未防止用着脱式バスケット付き、アンチショックスプリング内臓
  • 素材:高級カーボン
  • サイズ:収納時65cm 使用時 最長135cm
  • 持ち運びに便利なオリジナルキャリーバッグ付き

カーボン製のトレッキングポールで、1本で148g(2本で296g)と非常に軽量です。また、長さも135cmまで伸びるため、身長180cm程度の長身の方でも十分快適に使えると思います。カーボン製のトレッキングポールを登山用品店で探すと1万以上しますが、これはその半額以下です。

以下、amazonカスタマーレビューより抜粋。

とても良かった(2016年9月9日):富士登山のために購入しました。どこまで長く伸びるかを重視して選びましたが、かなり長く伸ばせるので使いやすかったです。とても軽く、登りに下りに大活躍でした!長く使えそうです。

富士登山で使用(2016年10月20日):値段、使い勝手、軽さ全てにおいて良い商品でした。オススメします。

富士山用に買いました。(2017年4月1日):久し振りに富士山に登るために買ってみました。グリップも握りやすくしっかりした作りです。価格を考えたら言うことなしです。

「WILDER カーボン製 トレッキングポール 2本セット」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(カラーは、3色展開です。2017/07/03時点で¥ 4,350~でした。)

 

AoSky カーボン製トレッキングポール 2本セット クイックロックシステム採用(190g/本)

aosky_c1 aosky_c2 aosky_c3 aosky_c4

  • グリップ:熱可塑性ゴム(EVA)製。
  • 本体:超軽量で高靭性なカーボン製。
  • ロック:クイックロック*2個
  • サイズ:63-135cm、身長2m以下の人が使用可能。
  • 重量:1本約190g、2本で1セット。
  • めり込防止用バスケットや専用ポーチ付き。
  • ※ポールに「STOP」と書かれたところを超えないで使用してください。超えると安定性が下がります。

カーボン製のトレッキングポールです。このポールの特徴は、ジョイントのつなぎ部分を捻って固定する普通のタイプではなく、ワンタッチでしっかり挟み込むタイプを採用しているところです。事前にしっかり締まるようにネジ調整が必要ですが、伸ばし縮みが非常にすばやく簡単にできます。また、この価格帯には珍しく、石突き部分はタングステン鋼(安価なポールの先端はもう少し柔らかい素材を使っている場合が多く何度か使うと丸くなる)を使用して耐久性が高いです。アンチショックはありませんが、コストパフォマンスに優れ、amazonのカスタマーレビューも非常に評価が高いです。

安いけど、品質は大丈夫です。(2017/1/7):2本セットを購入しました。合計20km程の山歩きで使ってみました。
・カーボン製で190gは十分軽い方です。
・ストラップの織りも丁寧な方で、粗雑な商品のようなゴワゴワは無く、繊維のヨレもありません。
・手首部分のストラップの幅も必要十分です。
・敢えて荷重をかけても、長さ調整部分で不具合を起こすことはありませんでした。
・長さ最小63cmほどになるので、山行中の収納性も問題ありません。

富士登山で使用(2017年3月23日):2月末の富士登山と3月の八ヶ岳で使用しました。軽くて使いやすいです。富士山の下りは長めに調節し足への負担が軽減されました。購入して良かったです。

重宝してます。(2017/4/14):スポーツ店や、登山専門店などは普通に1万円くらいで売ってますが、この商品は、安さに惹かれて買いました。なので、試しに使ってみるというレベルでしたが、ゴメンなさい。とても良かったです。値段に比例していないので、今後の買い物に影響しそうです。
長さを変える時や、収納する時、ストッパーのような部品で固定するのですが、そこに調整するネジがあるのですが、一度ストッパーの硬さを調整するためにネジをまわせば、あとはストッパーのみ触ればちゃんとその位置で止まってます。長さを変えてたり、収納したり、何度も使いましたが全然ネジは緩まず、登山の時、登る時も降りる時もすごく力を入れてストックをついてもビクともしなくて値段の割にとてもいいと思います。

「AoSky カーボン製トレッキングポール 2本セット 」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(カラーは、1色展開です。2017/07/03時点で¥ 4,980でした。)

 

 

VAXPOT トレッキングポール 2本1セット アンチショック機能付(260g/本)

私が富士登山に使ったトレッキングポールはこれです。

vaxpot1

 

vaxpot2

VAXPOTという聞いたこともないメーカー?ですが、まったく問題ありませんでした。

この安価にも関わらず、アンチショックが搭載されているのには、驚きました。(しかもON,OFFできます。ただわざわざ付いているのにOFFして登山することはほとんどありませんでした。)

vaxpot3

コルクのグリップもフィット感が良く、十分満足できるレベルでした。

 

vaxpot4

トレッキングポールの長さが、最大長135cmと、長いため不足を感じることはまず無いと思います。

身長が180cmぐらいの男性でも問題なく使える長さです。

ただ、長い分だけ重量が重くなります。1本あたり260gという重さは、近年のトレッキングポールの中では軽い方ではありません。

 

vaxpot5

私は、このVAXPOTのトレッキングポールを富士登山だけでなく、夏の高山縦走から厳冬期の雪山まで使い倒してきました。

IMGP0701.jpg

(八ヶ岳の雪山登山2011/04 VAXPOTのトレッキングポールと共に)

(2011/06 富士山の吉田ルート山頂 トレッキングポール最高!)

購入してから数年間、さまざまな登山を共にし、ポールの先端が丸まり、ポール自体も曲がって傷だらけのボロボロになったため、その役目を負えました。

数年使った感想なのですが、ストラップを留めてるパーツが結構外れやすい、石づき(ポール先端)が1万円程度するポールに比べて弱く何度も使うと丸くなってくる、という弱点があることがわかりましたが、それ以外は問題なく使えました。(その後、使用後にポールを抜いて乾燥させるメンテナンスが寿命を決めることがわかりました)

とりあえずI字型(2本)を試してみたいという方向けです。

(正直、この激安価格にも関わらずこれだけ使えるとは思っていませんでした。)

以下、amazonカスタマーレビューの中から、富士登山で使った方のレビューです。

使えます(2014年9月3日):富士登山に利用しました。何度も登っていますが、疲れにくいし、転倒を避けられるし、降りた後膝があまり痛くないし、とても満足しました。石突などの交換パーツはなさそうなのである程度消耗品として考える必要がありますが、値段が安いので問題ないと思います。後は耐久性が確認できれば、もう一度買いたい商品ですね。

ポール2本で使っていない方に試していただきたいです!(2014年5月8日):夏に富士登山するために購入。まずは、大山で試しました。初めて買ったので、他と比べようがないですが買う前にグリップの部分がコルク素材っぽいのが気になってましたが、手袋をして使ったので、そんなに気になりませんでした。ただ、その日は晴れていたので、もしかしたら雨だとまた違うかもしれません。でも、ポール2本使うだけで登るのがこんなに違うとは!楽ですね~!筋肉痛にはなりましたが、明らかに軽いですね。

この商品は通販限定商品ですが、私が確認した時点では約2000円という格安です。(価格は時期により変動します)

「VAXPOT トレッキングポール 2本1セット アンチショック機能付」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(レッド、ブルー、ゴールド、ピンクの4色展開です)

 

大手ネット通販の売れ筋ランキング

個人的にはI字型(2本)がおすすめです。

今何が売れているのか、どんなものが高評価なのか、非常に道具選びの参考になります。

amazon「トレッキングポール・ストック・ステッキ」の売れ筋ランキング

楽天「トレッキングポール・ストック・ステッキ」の売れ筋ランキング

 

まとめ

  • 慣れれば、足にかかる負担を手に分散できるだけでなく、バランスがとりやすくなるので転倒防止に役立つ
  • 脚力に自信のない方や、膝が弱い方は、トレッキングポールがおすすめ(特に下り)
  • 金剛杖、T字型(1本)、I字型(2本)では、I字型(2本)が断然バランスがとりやすい

実は私は近年、トレッキングポールなしで富士山に登っています。

ある程度の登山経験を積み重ねて体全体の筋力がつき、さらに登山のエキスパートから山に特化した歩行技術を学んだお陰で、富士山をトレッキングポールなしでも足や膝を痛めること無く登れるようになりました。

あれば便利な道具ですが、無くても安全に登れるのなら、それに越したことはないですね(^^)

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ