登山用パンツ・ズボンの特徴と選び方、厳選おすすめの紹介

  • LINEで送る

登山におけるパンツ・ズボン選びの考察と、登山用パンツの特徴(伸縮、軽量、速乾、防風、耐久、撥水)について解説します。

富士登山では、汗をかきながらひざを曲げたり伸ばしたりするような動きを数時間も繰り返すことになりますので、動きやすいパンツを着用することで、疲労を軽減され、楽しむ余裕もでてきます。

富士登山では、登山用パンツ・ズボンが必要なの?

登山用でなくても問題ありません。運動用のパンツでも大丈夫です。

例えば、ジャージとかでも問題ありません。

富士登山者の服装を見ていると、日常の運動着で登られている方も多数います。

注意点として、ジーパンや綿パンなどの綿素材のものは、汗で濡れると肌に張り付き、上りで膝を曲げるときに大きな抵抗になりますので、避けましょう。できるだけ速乾性と伸縮性のあるものが良いです。

私は過去、ジーパンや綿パンでも登山したことあります。以下、それぞれの感想です。

  • ジーパン・・・夏の高尾山を登るときに着用。標高が低い高尾山を甘く見ていたためにジーパンで登ったが、ジーパンが汗濡れで足の皮膚にはりつき、ひざを曲げにくいことこの上なし。このとき、もう二度とジーパンで山は登るまいと心に誓った。
  • ジャージ・・・伸縮性があるのでひざを曲げやすい。ただ、登山用ズボンに比べると明らかに生地が重い。通気性が良すぎて風が強いと寒い。
  • 綿パン・・・綿パンといってもサイズがでかめの作業用ズボンみたいなものだったので、さほど悪くはなかった。ただ、その日は天気が最高に良かったので、雨が降っていたら厳しかったと思う。
  • 登山用パンツ・・・ストレッチ性があり動きやすく、生地も非常に軽くて、乾きも早い。そして生地の編みこみが密なので、防風性も高い。実際に登山用パンツを使って、「やっぱ登山には登山用のパンツだよな~」と心底感じました。
  • 短パン・・・短パンはひざの曲げやすさや動きやすさは最強。ただ、富士山のように標高の高く、夏でも寒い場所はアンダーウェアやサポートタイツが必須。

いろいろ試してきた結論、断然登山用パンツ・短パンがとっても快適に登山できる、とわかりました。

 

 

登山用のパンツの特徴

一般のスポーツ用パンツと登山用パンツはいくつか点で異なります。

私は登山を始めた頃はスポーツ用で代用していましたが、その後、登山用パンツを購入して使ってみて「こんなに違うのか!」と感動した記憶があります。登山にはやっぱり登山用が快適です。

登山用のパンツは、さまざまなメーカーが開発・販売されていますが、ほとんどが以下の特徴を持っています。

  • 伸縮性
  • 軽量性
  • 速乾性
  • 防風性
  • 耐久性
  • 撥水性

それぞれの特徴について解説します。

 

伸縮性

登山パンツ、ズボンの伸縮性・ストレッチ

登山用パンツのほとんどが生地が伸縮するため、膝を曲げ伸ばしが楽です。この効果は、登山時間が長くなればなるほど、上りの傾斜が強ければ強いほど、その恩恵を受けます。

軽量性

主に3シーズン向けの登山用のパンツは生地が薄く軽くできています。あまり動かさない上半身と違い、下半身は登山中にひっきりなしに動いています。何時間も振り子のように足を前後させているため、軽ければ軽いほど足を前後する負担が軽減され、楽に登れます。

速乾性

登山用パンツは汗を吸収し、速やかに乾かす機能を持っています。そのため速乾性に優れた化学繊維(ナイロンorポリエステル)を使用しています。生地が濡れてくると、肌に張り付いて足の動きの妨げになるため、この機能は重要です。

防風性

aP6140146a

一般のスポーツウェアと登山用との大きな違いはこの防風性です。登山用パンツの生地は風を遮断できるよう織り目が詰まっています。特に風が強くなる森林限界(標高2500m)を超えるような山では、この防風性が威力を発揮します。ジャージのような風抜けのよいパンツは風が強くなると急に冷えてしまいますが、登山用は冷えにくいです。

耐久性

岩と擦れたり、転倒しても、裂けにくく、繊維が飛び出しにくい(引っ掛かりにくい)生地が使われています。特に富士山の岩や石は、磨かれた河原の石と大きく違い、溶岩石で表面が鋭いため(登ったら一度触ってみてください)です。登山用のパンツは万が一の時でも、足の皮膚を守ります。

撥水性

撥水性 登山用パンツ・ズボン

登山用のパンツは撥水性があります。特に新品ほど撥水性が強く、水を弾きます。雨に耐えられる程ではないですが、短い時間霧の中を歩く程度ならその撥水効果で濡れません。ただし、その効果も使用回数と経年により徐々に落ちます。

まとめ

登山用のパンツは一見地味で、なんでこんなに値段するのかな?なんて疑問に思うかもしれませんが、上記のような様々な機能が盛り込まれています。

デザインが落ち着いていて、非常に高性能で快適なため、一度登山用パンツを購入後に”登山以外の日常生活でも着用するようになった方”が私の周りにけっこういます。

 

登山用パンツ・ズボンの選び方

パンツの選び方は、メーカーや種類によって多少変わってくるのですが、ここでは基本的なところについて解説します。

生地の厚さ

登山用パンツは生地の厚さによって、薄手、厚手があります。夏の富士登山では、涼しく軽い薄手がおすすめです。厚手は主に冬季用です。

ウエスト

ウエストは、普段のパンツ選びとほぼ同じサイズ感で問題ありません。伸縮性のあるパンツは、ウエストもある程度伸縮します。また、最初からベルトが付いているモデルもあり、少し大きくても調整できます。

着丈

靴を脱いでパンツを履いた時、裾が床に付くか付かないかくらいの少し長めの丈が登山で使いやすいです。

短すぎると、靴の中に小石が入りやすくなります。長すぎると足元でダボつき、歩行の妨げになります。

お店で購入する場合で、裾が長すぎた場合は基本的に裾上げで長さを調整してくれると思います。通販等で購入して、裾が長すぎた場合は、最寄りの洋服お直し店等で調節(費用は1000円程度)してことも可能です。

 

人気・おすすめの登山用ロングパンツ

ロングパンツタイプは、体型によらず相性が良く、作りもシンプルで登山用パンツとして一般的です。

モンベル サニーサイドパンツ


モンベル サニーサイドパンツ メンズ&ウィメンズ

軽量で動きやすく、耐久性に優れたパンツです。適度なハリ・コシを備え、撥水性に優れた素材を使用しています。
【素材】ナイロン94%+ポリウレタン6%・リップストップ[超耐久撥水加工]
【平均重量】メンズ:347g、ウィメンズ:329g
【スタイル】
・フィット:レギュラー
・股上:普通
【機能】
・ジッパー付きポケット4個(腰2、ヒップ2)
・ウエストはバックル付きナイロンベルトでフィット(ループ付き)
・尻とひざ部分は生地をニ重にして補強・フロントジッパー付き

伸縮性の生地を使用して、かつ、立体裁断にしています。価格も手頃で、色が豊富です。

これさえあればいい、最強パンツ。(2016/2/16):登山に1着、普段着に2着持ってます。動きやすさは流石のモンベル製トレッキングパンツといったところですが、それ以上に感動したのは質感と着心地の良さ。
薄手でサラリとした生地で着ていて気持ちがよく、汗をかいてもデニムのようにいつまでもジメジメしてることもありません。ですが生地はしっかりとした作りで多少の防水、防風性もあるので中にヒートテックのようなタイツを着れば冬場も普通に過ごせます。ベルトが付属のバックルでしめるタイプですが慣れればこっちの方が楽です。
これを1年半前に購入してから自分が新しく買ったズボンは全てサニーサイドパンツですが、もう長ズボンはこれだけで買ってればいいかなと思えるくらい最高の商品です。

夏にはこれが一番(2016/4/30):いつもモンベルを使っています。174cm、66kg、80cmですが、M-Mでジャストサイズです。さらっとした生地で夏場の登山にぴったり。
岩場連続でも、擦れに強いようです。デザインは、機能重視、ポケット十分、立体裁断でよい。夏山で、タイツ&パンツのスタイルが嫌な人にはちょうどいい。

※モンベルの登山用パンツは、通常サイズ(例:S,M,L)の他に、ウエストサイズが同じで股下が6cm短いショートサイズ(-S)、股下が6cm長いロングサイズ(-L)などあります。年配の方にはショートサイズが最適の場合もあります。ロングサイズは欧米のモデル体型の方向けで多くの日本人は該当しません。

「モンベル サニーサイドパンツ」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2017/07/06時点でメンズ¥ 7,714、ウィメンズ¥ 7,340  でした。)

 

 

人気・おすすめの登山用ジップオフパンツ

一般的に登山用パンツというとロングパンツになりますが、ここでは私が非常に気に入って使っているショートパンツにもロングパンツにもなるジップオフ(コンバーチブル)パンツについても紹介したいと思います。

 

ジップオフパンツ(コンバーチブル)って何?

ジップオフパンツは、ジッパーによる着脱でショートパンツにも、ロングパンツにもなるため、夏の登山・・・特に天候の変わりやすい標高の高い山の登山で状況に合わせて調整できます。


普通の状態(12月八ヶ岳厳冬期登山で)


切り離した状態(8月の富士登山で)

例えば、富士山の場合、五合目から登るときはタイツとショートパンツにして、標高が上がって気温が下がり、さらに風が強くなったら下のズボンをつけてロングパンツで登ったりします。

また山小屋1泊の場合は、夜からご来光を見る早朝は非常に冷えるためロングパンツにします。

天候や気温や風の状況に合わせて、下半身の温度調節ができるので非常に便利です。

 

ジップオフパンツ(コンバーチブル)の難しさ

私も3本もジップオフパンツ履いてきたので、ジップオフパンツの作りの難しさはある程度わかってきました。

普通の登山用ロングパンツなら、生地全体が伸縮するため、非常に動きやすいく、強く膝を曲げても、ストレスなく生地が伸びます。

ところが、ジップオフパンツは連結部分のジッパーが伸びないため、強く膝を曲げた時にジッパー部分が足に食い込んできたりして、引っかかりやすいのです。

何本も試着し、実際に使ってきて、この引っ掛かりが全く無い製品があることがわかりました。そういうジップオフパンツは、生地の伸縮率を上げ、ジッパー部分の周径を絶妙に調節し、さらには膝部分を立体裁断にするなど工夫されています。

いままで使っていたジップオフパンツが痛み始めてきたので、そろそろ新調しようかと、今年2016年春からさまざまな登山メーカーのジップオフパンツを試着しました。試着したメーカーは、マーモット、フェニックス、パタゴニア、コロンビア、モンベル、ノースフェイスなどです。ほとんど市場にでまわっている登山用のジップオフパンツを試着したんじゃないかと思います。

そして、最終的に購入したのが、フォックスファイヤー ドライスプリットZIPオフパンツです。

 

フォックスファイヤー ドライスプリットZIPオフパンツ


フォックスファイヤー ドライスプリットZIPオフパンツ メンズ

Foxfireの定番トレッキングパンツがより軽量化されてモデルチェンジ。ストレッチ性、撥水性、速乾性、引き裂き強度の高い機能的な素材とシンプルなデザインは、着用シーンを選ばす使い勝手に優れています。前後3個のポケットは全てファスナー付き。ウエストベルト付属。(出典:フォックファイヤー

■素材:ツーウェイストレッチ(ナイロン85%・ポリウレタン15%)

■重さ:360g

このドライスプリットZIPオフパンツは非常によく出来たジップオフパンツです。2017年モデルは、2016年モデルより生地が少し薄くなり、軽量化されています。

私は2016年モデルを購入し、1年間登山で使用しましたが、非常に良く出来た完成度の高いジップオフパンツです。

以下、2016年モデルの感想です。

————————————————-

○強く膝曲げした時に、全くジッパーが食い込んで来ない、引っ掛かりがない

登山パンツ、ズボンの伸縮性・ストレッチ

この基準をクリアできるジップオフパンツは結構少ないです。メーカーによっては多少感じる程度残りますが、これは全くありませんでした。その後何度も登山で使いましたが、一度も引っかかる感じがありません。(ただ、これはその人の太ももと太さによるので個人差はあります。因みに私は細い方では無いと思います。)

これは、ジップオフする位置が膝よりも上で曲げ伸ばしの邪魔になりにくい位置なのと、膝を立体裁断にしているのと、ポリウレタンを12%入れることにより生地の伸縮率を上げていることが理由と思われます。

 

○ウエストがよく伸びる、かなり伸びる、フィット感も非常に良い

P6140152

ウエスト全体が伸縮するゴムが入っているようで、かなり伸びます。

P6140155 P6140156

食後にお腹がでてきてウエストがかなりキツくなることもありますが、このパンツなら心配無用です。この伸び率は、今まで購入したパンツの中でも過去最高です。

手間暇かかる裁断は、けっこう高額な登山用パンツではたまに見られる作りなのですが、この価格でやってるとは驚きました。

 

○ナイロンベルトが付属

登山パンツ ナイロンベルト

ウエストでしっかり締めれるナイロンベルトが付いています。他社のナイロンベルトに比べると質感が落ちますが、付いれいれば十分です。

 

○ジッパーで連結するときにすぐに左右がわかる

フォックスファイヤー ドライスプリットZIPオフパンツ

短パンからロングパンツにするときに、切り離していたズボンをジッパーで連結するのですが、右足なのか左足のなのかどっちだ?となるのですが、ドライスプリットZIPオフパンツは、R、Lとタグが付いているので、どちらか迷うこともありません。迷わないように工夫しているメーカーは意外と少ないです。

○もちろん撥水、防風性も問題なし

撥水性 登山用パンツ・ズボン

10回以上洗濯してますが、撥水してます。

 

○ポケットも作りが良い(メッシュも細かく滑りが良い)

フォックスファイヤー ドライスプリットZIPオフパンツ

全部でポケットが5つあるのですが、そのポケットのメッシュ生地が非常に滑りがよいです。日本のメーカーなので縫製もいいと思います。

○意外と細身?

P4250086

ジップオフパンツによっては、は、シルエットがけっこうダボッとしていることもあるのですが、これはスッとしています。

太いとそれだけジッパー部分のひっかかりが生じにくいのですが、細身で引っ掛かりがでないよう作っているのはけっこうすごいです。

以上、いいところの紹介ですが、気にならないことが無いわけではありません。

 

○ポリウレタン12%

P4230048

ポリウレタンを入れれば、伸縮性は上がりますが、繊維の特性上、少し乾きにくくなり、経年劣化も早い素材です。

多くの登山用パンツでは、ポリウレタン5~6%程度が多いようですが、このパンツは少し多めの12%です。

そのため、速乾性が少し劣る、と購入時に言われました。ただ、実際何度も登山で使いましたが、特に気になるレベルではないな、と感じています。

 

○擦れる音

aP6140146a

歩くと右足と左足の内側で擦れますが、このパンツはまあまあ音します。ナイロン生地が擦れるシャラシャラ音っていうんでしょうか。登山パンツとしては静かな方ではないですね。

登山中は気になったことがありません(自然界の音の方がずっと大きいので)が、自宅で普段着として履いていると最初の頃は気になりました。

都内最大級の登山用品店で、ようやくこのジップオフパンツに出会いました。試着する前は「フォックスファイヤー?釣りウェアがメインのメーカーだな。登山用としてはどうだろう?」と思いましたが、試着してみると、「お、これは良く作っている」と思いました。

登山店のスタッフさんにいろいろ聞くと、「このパンツは、ジップオフパンツの中では人気で定番なんですよ!」と言われました。

購入後、何度も使いましが、このパンツは良く出来てるなーとしみじみ感じます。この性能で価格が14000円程度だったら、マムートやパタゴニアなども視野に入りますが、約1万円の価格でここまで工夫を凝らしてるパンツもなかなか珍しいかもしれません。

コストパフォーマンスの優れた、かなりおすすめのジップオフパンツです。

————

以上、2016年モデルの感想です。

2017年モデルを登山用品店で実際に試着しましたが、2017年モデルは2016年モデルより、生地が薄くなり軽量化(380g→360g)されていました。ウエストの伸びも更に良くなり、ベルトも2016年より質感が上がってました。太もものポケットの形状も少し変わっていたとおもいます。ポリウレタンが12%→15%に増えています。(撥水力は未確認)

履き心地が軽くなり、膝も曲げやすく、相変わらず非常に良くできてると感じました。もし、ジップオフパンツに興味のある方は、ぜひ試してみてください。

「フォックスファイヤー ドライスプリットZIPオフパンツ」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2017/07/06時点でメンズ¥ 11,880  でした。ウエストはかなり伸びますので、心配無用です。amazonなら30日間返品送料無料)

 

その他人気のパンツ

上記以外にも人気のパンツがありますので、いろいろ探してみてください(^^)

amazon「メンズ アウトドア パンツ」の人気・売れ筋ランキング

amazon「レディース アウトドア パンツ」の人気・売れ筋ランキング

 

まとめ

・登山用でなくても問題ありません。運動用のパンツでも大丈夫です。

・ひざを曲げやすくて、ちょっと長めの丈の化学繊維のパンツ(ズボン)がおすすめ

・ジーパンのような綿でできたパンツは使わない。(濡れると山ではなかなか乾かない)

・何時間も足を曲げ伸ばしする富士登山には、薄くて軽い登山用パンツが快適

 

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ