登山に最適なヘッドライトの特徴・機能と選び方、厳選おすすめの紹介

富士登山において、どのような場面でヘッドライト(ヘッドランプ)を使用するのか、また、最近のヘッドライトの特徴と選び方、さらにおすすめ製品について紹介したいと思います。

登山で使うヘッドライト(ヘッドランプ)

 

富士登山にヘッドライトはいるの?

山小屋泊の場合は、かならずヘッドライトを持ってき行きましょう。日中の日帰り富士登山の場合でも、できるだけ持っいていくことをおすすめします。

山頂ご来光の場合

7、8合目などの山小屋で宿泊し、早朝2~3時ぐらいに出発して、富士山の山頂でご来光を見る場合は、真夜中の星空の下で岩や石がゴロゴロした登山道を登るため、ヘッドライトが必要になります。

暗闇の中、数時間も歩くのですから、この場合はヘッドライトもできるだけ明るく、足元周辺を広く照らしてくれるものを選ぶことをおすすめします。

1泊以上の山小屋泊の場合

夜中に登山道を歩くような山頂ご来光はしないけれども、山小屋に泊まる方の場合も、ヘッドライトが必要です。

非常に使う可能性が高いのが、消灯時間(小屋により異なるが20時~21時)以降は真っ暗になるため、トイレに行くにも、荷物を整理したり、ものを探すにしてもヘッドライトを使います。

小屋内で使うには、就寝者の迷惑にならないよう、光の弱い補助ランプが付いたヘッドライトや、光量を下げられるものを選ぶことをおすすめします。

日中の日帰り富士登山の場合

早朝に五合目を出発し、日があるうちに下山する場合は、順調に進めばヘッドライトを使うことがありません。

ただ、予定が変更になる場合やトラブル対応のためにも、できればヘッドライトを所持することをおすすめします。

以前、私の友人たちがヘッドライトを持たずに日帰りの予定で早朝に出発したのですが、予定よりも時間がかかってしまい下山するころには薄暗くなってしまって

「だんだん暗くなってきて、本当にあせったよ。薄暗くなる中で仲間同士で一言も言葉を交わす余裕も無くて、ただただ急いで下山したよ。」

といっていました。

夜の富士山を照明なしで登山するのはほぼ不可能です。

(真っ暗の中で恐くて足を前に出すことができません。。。)

また、私も富士山ではありませんが、日帰り登山の予定が途中でデジカメを落としてしまい、登山道を引き返しているうちに真っ暗になってしまった(ヘッドライトは持っていたので問題なく歩けましたが)経験があります。

富士山は登山時間が長く、高山病で歩行スピードが大きく低下する可能性もあるため、多少予定が延びても安心して下山できるよう、準備することをおすすめします。

 

なぜ懐中電灯ではなくヘッドライトなの?

夜道を照らす光源として、ヘッドライト以外にも懐中電灯やランタンなどがありますが、登山用には頭に装着できるヘッドライトを推奨します。

懐中電灯やランタンのような手で持つ照明は、片手がふさがってしまうため登山には不向きです。

消灯後に自分の荷物の中から、ものを探して取り出すにも、懐中電灯の場合は片手でもってザック内を照らしながら、もう一方の手で荷物をさぐって取り出すことになりますが、ヘッドライトは両手で探せるため効率的です。

 

ヘッドライトの選び方

目覚ましく進化するヘッドライト

GENTOS(ジェントス) DeltaPeak(デルタピーク) 533H 【明るさ230ルーメン/実用点灯12時間】 DPX-533H

最近販売されているヘッドライトは昔のような豆電球ではなく、LEDのものがほとんどです。

しかも、直視できないほど猛烈に明るいものも多数あり、新品の電池をセットしたら最も明るいモードでも十時間程度も光り続けるくらい高効率です。

はるか昔に買った電球のヘッドライトを登山で使おうかと検討されている方もいると思いますが、一度、最寄りのアウトドアショップで最新のヘッドライトに触れてみると、その変貌ぶりに驚くことでしょう。

 

富士登山ガイドのエキスパートの野中径隆さんによる
”登山・トレッキング用のヘッドライトの選び方”の講義

 

 

 登山用のヘッドライトを選ぶときのポイントは

  • LEDを使用したものを選ぶ
  • 点灯時間
  • 雨が降っても動作する防滴のもを選ぶ
  • 照射距離、照射範囲
  • 電源(乾電池 or 専用リチウム電池)
  • サブLED

です。

最近販売されているヘッドライトはほとんどがLEDで点灯時間も長いため、雨が降っても動作する防滴のもを選ぶ、明るさ(照射距離)と照射範囲、電源(電池 or バッテリー)について解説したいとおもいます。

雨が降っても動作する防滴

登山の場合、雨が降る中でも使用することがあるため、防滴は大切な性能です。

野外で使うことが想定されて販売されているヘッドライトのほとんどがこの防滴ですが、どの程度の雨や水没に耐えられるかは製品によって異なります。

照射距離と照射範囲

昨今のヘッドライトは非常に明るく、照射距離も長いです。中には100m以上先まで光が届くものまであります。明るいに越したことはないのですが、登山時にはるか遠方を照らすことはあまり多くありません。それよりも、登山で使うときに重要になるのが足元の照射範囲です。

GENTOS(ジェントス) DeltaPeak(デルタピーク) 533H 【明るさ230ルーメン/実用点灯12時間】 DPX-533H

上の写真は、私が所有する2つのヘッドライトを比較したものです。暗くてわかりませんが、私が立って1つを頭に装着し、もう一つを手で持って頭と同じ高さに腕を上げて、下を照らしています。

左側のヘッドライトは、照射距離が100m以上あるもので明るいですが、照射範囲が局所的です。実際に登山で使ったのですが、明るいので照らした登山道の状況を鮮明に認識することができますが、どうしても次にどこに足を置けばよいのか、予測しにくく、何度も数メートル先を照らすために頭を動かさなければなりませんでした。

右側のヘッドライトは、中心部が遠望照射もできるよう光が強く、近距離の照射範囲を広げたヘッドライトです。このヘッドライトだと、足元の登山道の状況を広範囲で確認できるため、歩きやすいです。

電源(乾電池 or 専用リチウム電池)

ヘッドライトの電源が、乾電池式と充電式リチウム電池式の2種類あります。

乾電池式に比べ、充電式リチウム電池式はサイズも少しコンパクトになり、軽量になります。

ただし、充電式リチウム電池式の場合は、それ専用の電池になるため、長期間使用して電池の蓄電量が劣化した場合に買い替えの可能性がでること、登山中の電池切れ対策で同じリチウム電池を予備で準備する、長年使用してバッテリーが劣化したとき同じバッテリーをメーカーが用意しているか?など、考えさせられます。

乾電池式は、どこでも入手できる気軽さ、交換用としてすでに持っている電池が使える、など購入後も何かと扱いやすいです。

使用頻度や使用環境にもよりますが、ヘッドライトは長年使えたりします。

自分のスタイルにあった電源のヘッドライトを選ぶことをおすすめします。

サブLEDは暖色がおすすめ

メインの白色LEDの他にサブLEDといって夜中に手元をやわらかく照らすためのLEDが付いているものがあります。サブLEDが付いているもヘッドライトの方が何かと便利です。

GENTOS(ジェントス) DeltaPeak(デルタピーク) 533H 【明るさ230ルーメン/実用点灯12時間】 DPX-533H

今までにさんざん登山やキャンプや車中泊などアウトドアシーンで使ってきて、青白系は一見、鮮明で綺麗に感じられるかもしれないが、長時間つかっていると少し疲れてきます。

gentos_dpx-533h

テントや山小屋などの就寝前はサブLEDの出番になりますが、就寝前に青白い光は、体が眠いのに照明で起こされてる感じがあります。また、テントを出るときや山小屋消灯後にヘッドライトをつけるときに、青白い光は目に刺さる感じまします。

暖色系は自身にも周囲の人にも優しい色なので、サブLEDは暖色系のヘッドライトがおすすめです。

 

人気・おすすめのヘッドライト

登山用のヘッドライトは多数ありますが、ここではコストパフォーマンスの優れたもの、登山者から高い評価を得ているものをご紹介します。

ヘッドライトは明るさが増し、機能が増えるほど、価格も上がりる傾向にあります。

富士登山1回にしか使わないかたは、低価格なものが良いかもしれませんが、ある程度他の登山でも使う予定の方は、上位モデルを購入したほうが後々後悔しないと思います。

 

 Litom(リットン) LEDヘッドライト 168ルーメン

litom_1

防水レベル:IPX6
重量:約60g、(単四電池を3本入れると90g)
明るさ:168ルーメン
最大照射距離:約110メートル
白LED実用点灯モード:ハイ、ミドル、ロー、点滅
赤LED実用点灯モード:ミドル、SOS
センサ機能:すべてのモード
使用電池:単4形乾電池×3本 (別売)
18ヶ月の保証(製品に問題があった場合)

リットンというネットブランド?のヘッドライトです。

litom_3

168ルーメンという登山における十分な明るさがあり、使用者の動画を見る限り中心が明るく、周囲にも光が広がる特性を持たせているようです。

litom_2

スイッチに触れずとも点灯/消灯できる機能も付いています(この機能は登山にはあまり出番なく、釣りなど手が汚れている場合に多用します)

litom_5

防水性能がIPX6(φ12.5の放水ノズルから放出される100L/minの水流を、あらゆる方向から、外皮表面積1m2あたり1分間、延べ3分間以上の散水を行い、浸水がない)のため、激しい雨の登山にも耐えうる構造となっています。

litom_4

状況に合わせて、さまざまなモードが用意されていて、暖色系サブLED付きです。

使用者のyoutube動画ありました。細かな機能解説あり参考になります。

探せば、同程度のスペックのヘッドライトは多数あるのですが、このヘッドライトの優れている点はコストパフォーマンスです。

このクラスのヘッドライトはアウトドアショップでは3000千円~4000円程度しますが、これはその半額程度の価格です。

明るい、軽い(電池込み約90g)、防水、安いで、2017/06/10時点でamazonのヘッドライト売れ筋ランキング1位になっている人気商品です。

以下、amazonカスタマーレビューから登山に使った方のレビューを抜粋。

富士登山に行った娘によると(2016年9月25日):思っていたよりも明るく足元や前方を照らしてくれて、暗い早朝も安全に登山できたようです。

思わず もう一つ追加で購入しました!(2016年10月24日):リーズナブルな割にはしっかりしていてお買い得です!明るさも登山で明るく安心!小屋泊でも赤LEDが付いてるので周りに迷惑を掛けずに使用できました!

明るいです(2017年2月2日):キャンプや登山(日帰りが中心なので緊急用)で使用しています。防水性がどれほどのものか、雨の中使用していないのでちょっと分かりませんがドライの使用では明るくて申し分ありません。この手の商品は商品の寿命というより電池の液漏れで死亡することが大半なので、使用時以外は電池を外して保管していいます。

明るい!(2017年4月17日):登山で使用しています。重さも明るさもバランスよくメインでもおすすめです!

「 Litom(リットン) LEDヘッドライト 168ルーメン」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2017/06/10時点で1650円でした)

 

ジェントス  リゲルヘッドライト  GTR-931H

GTR-931H1.jpg

サイズ:約W63×H50×D51mm
本体重量:約89g
素材・材質:ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂
原産国:中国
明るさ:45ルーメン
使用電池:単3アルカリ電池×1本(テスト用電池付属)
実用点灯(約):High/8時間、Low/24時間、点滅/17時間
使用光源:チップタイプ白色LED1灯
機能:点滅機能、インスタントオフスイッチ、防滴仕様
配光システム:コリメータレンズ
照射角度:ノーマルビーム16度
照射距離:約77m(最大時)
付属品:ヘッドバンド、オリジナルポーチ、テスト用電池
その他:エネループ対応

GTR-931H2.jpg

931H

乾電池1本なので軽量ですが、必要十分な明るさです。

GTR-931H3.jpg

軽量なのと、値段が非常に安いので、通販で人気のヘッドライトです。

富士山1回だけしか登山で使わないよ、という方にはこれで十分かもしれませんが、足元の照射範囲もそれほど広くなく、サブLEDもなく、明るさもそれほどではないため、何度も登山で使用する可能性がある方は、もうワンランク上のヘッドライト(次に紹介するAUVA VA-01Dなど、価格も500円程度しか変わららない)をおすすめします。

以下、amazonカスタマーレビューから富士登山に使った方のレビューを抜粋。

登山必携 予備でも(2015年8月24日):日帰り富士登山の予備として購入しましたが、帰りが遅くなり5合目のバス停についたのが、20時30分でした。いきなりライトのデビューでした。御殿場口からプリンスラインを経て富士宮口まで山小屋の明かりしかありませんでしたが、このライトののおかげで遭難せずに済みました。足元から20m先くらいまでよく見えました。

富士登山で大活躍!(2015年9月6日):富士登山を決めてヘッドライトが必要となり、こちらの商品が評価が高かったので購入しました。夜間登山ではヘッドライトが必須でとても大活躍でした。ボタン一つで点滅の種類を変えられますが、常時点灯用として登山で大活躍です。固定もしっかりしていたので、大変満足しています。

十分明るい(2015年10月12日):ナイトハイク、富士登山で使用しました。足元を照らす明るさとしては十分です。角度も細かく調整できるので使いやすい。家族4人分購入しなくてはいけなかったので、この値段は助かりました。

つかいごごちいいです。(2016年4月7日):富士登山で使用しました。何ら問題ありません。安かったし、つけごこちもわるくありませんてした。

使えるヘッドライト。(2016年5月30日):デザインが気に入って購入しました。単3電池1個でいい、というのも気に入りました。使用感は問題ないですね。明るさも最低限、これ位ないと不安になります。ちなみに富士登山で使いましたが、頭には付けず、首から下げて使いました。その使い方でも問題ありませんでした。

「ジェントス  リゲルヘッドライト GTR-931H」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2017/06/08時点で1050円でした)

 

ジェントス AUVA(オーヴァ) VA-01D

 

サイズ:約幅40.2×奥行72.2×高さ34mm
本体重量:約80g(電池含む)
素材・材質:ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂
原産国:中国
セット内容・付属品:本体、ヘッドバンド、単4形乾電池×2本
明るさ:ブースト/200ルーメン、Hi/100ルーメン、Eco/30ルーメン、Warm/5ルーメン
使用電池:単4形乾電池×2本
使用光源:チップタイプ白色LED×1灯、5mm暖色LED×1灯
実用点灯:Hi/8時間、Eco/19時間、Warm/65時間
機能:1m防水、1m落下耐衝撃、IP67
最大照射距離:約55m
レンズ:オーバルレンズ
照射パターン:オーバルビーム

耐塵・1m防水(IP67準拠)&1m落下耐久のヘッドライトです。単4形乾電池×2本のため、点灯時間は8時間とそれほど長くないですが、本体重量:約80g(電池含む)と軽量です。

また、照射特性がオーバルビームといって楕円形に広がるため、足元を広く照らすことができます。サブLEDが暖色なので、自分にも周囲の登山者にも優しいです。

以下、amazonカスタマーレビューから富士登山に使った方のレビューを抜粋。

アウトドア用として、コスパ高い!(2016年9月12日):富士登山で使用するため購入。ライトが照らす光の形は横長の楕円。段階分けされている光の光量も充分で優しいオレンジの小さい光になるのも、様々なシチュエーションで使う分けができたのでよかったです。ライトの傾きを変え足元を照らすことも可能。仕事ではなく、アウトドア用のヘッドライトとして考えると、コスパ高いと思います!キャンプなどでも使っています。

 

明るい(2016年8月17日):富士登山で使用したのですが、横方向に光が広がり歩くのが非常に楽でした。 光量も充分でサブライトも山小屋の暗い中、他のひとに迷惑をかけず物を探すのに便利でした。

「ジェントス AUVA(オーヴァ) VA-01D」の購入者レビューと実売価格(amazon)

(2017/06/08時点で1727円でした)

 

大手通販サイトの売れ筋ランキング

上記以外にも、さまざまなヘッドライトが販売されています。

大手通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ、参考にしてみてください。

amazon 「ヘッドライト」の人気:売れ筋ランキング

楽天 「ヘッドライト」の人気:売れ筋ランキング

 

まとめ

・ご来光登山する方は必須(無いと足元見えず、とても歩けない)

・小屋泊まりの方も必須(消燈後に使う)

・個人的な経験から言うと、明るいヘッドライト使って困ることなし。明るすぎれば光量下げればいいだけ。

・足元の照射範囲が広いと、非常に歩きやすい

・サブLEDが暖色だと、自分にも他の登山者にも優しい

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ