登山における帽子(ハット・キャップ)の役割と登山用ハットの特徴、厳選おすすめの紹介

  • LINEで送る

富士登山には、帽子(ハット・キャップ)をかぶることを強くおすすめします。

富士山は標高が高いため、晴天の時の日差しはかなり強烈で、紫外線も下界より強くなっています。

2011/08 富士登山 雲ひとつ無い快晴で太陽光線が降り注ぐ。

富士山ほどの標高の山になると、6合目あたりから木がなくなります。つまり、日陰がないということです。帽子をかぶることにより、日焼けを緩和し、熱中症を予防することができます。

また、雨の場合、帽子があれば、雨が顔や目に直接当たりにくくなるため視界を確保しやすく、安全に歩きやすくなります。

雨の日でも帽子は大活躍

2010/07/29 富士山 須走ルート 猛烈な強風と横殴りの雨により、まともに顔を上げる事ができない

富士山では、天候によらず帽子が登山者を守る役割を果たします。

 

紫外線の性質と対策

uv1

  1. 薄い雲では UV-Bの 80%以上が透過し、屋外では太陽から直接届く紫外線量と空気中で散乱して届く紫外線量がほぼ同程度である。
  2. 地表面の種類により紫外線の反射率は大きく異なる(新雪:80%、砂浜:10 〜 25 %、コンクリート・アスファルト:10%、水面:10 〜 20%、草地・芝生、土面:10%以下)。
  3. 標高が 1000 m上昇するごとに UV-Bは 10 〜 12 %増加する。
  4. 建物の中では屋外の 10%以下の紫外線がある。

夏の日中など、日差しの強いときの外出には、日傘の利用も効果的です。最近は紫外線防御機能を高めた日傘もあります。また、帽子は直射日光をさえぎってくれます。特に、幅の広いつばのある帽子は、より大きな効果があります。わが国で古くから使用されている麦わら帽子などつばの幅が広い帽子は、日差しの強いときの外出時における紫外線防止に非常に効果的です。 ただ、日傘や帽子も、太陽からの直接の紫外線は防げますが、大気中で散乱している紫外線まで防ぐことはできません。

(出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル2008

下界より標高が高い富士山は、紫外線量も増加します。

紫外線対策として、日焼け止めクリームを塗ることも大切ですが、登山の場合は多量の汗がでて、タオルで拭くと徐々にクリームが落ちていきます。そのため、首より上部の紫外線対策としては、幅の広いつばのある帽子が非常に有効です。

 

最適な帽子の種類は、天候によって変わる

最適な帽子の種類は、天候によって変わる

富士登山で最適な帽子の種類は、天候によって変わります。

ハット型、キャップ型のそれぞれの特徴について解説します。

ハット型

○最適な天候

晴れ、曇り、雨

○特徴

  • 猛烈な日差しから顔や首を守れる
  • 富士山では風が強いことが多く、あご紐必須
  • ただし、雨が降って風が強い時はいまいち
  • レインウェアのフードかぶるとハットの横と後ろのツバが邪魔になる

キャップ型

north_cap1.jpg

○最適な天候

強風&雨

○特徴

  • 富士山でよくある強風&横殴りの雨だと、キャップ&レインウェアのフードかぶると、キャップの固く長いツバが雨が目に入るのを防いでくれて非常に良い
  • ハットほどの日焼け効果は無いが、前にツバがあるので、無いより良い
  • 基本的にあご紐付いていないので、ある程度きつく締めていないと、強風時に飛ばされそうになる

私の場合、富士登山にはハットを持って行き、悪天候が予想される場合はハットとキャップのどちらも持って行く場合があります。

 

登山で使えるハットの条件

日除けと視界の確保と日焼け防止役立つハットですが、富士登山に向いているハットには条件があります。

あご紐が付いている

ハットのあご紐

ハットのあご紐は、強い風が吹いているときにハットが頭から外れて飛んで行くのを防止します。

基本的に富士山は風強いことが多いですから、これだけツバ大きくてあご紐ないと吹っ飛んでいくか、片手で飛ばないように押さえつけながら登っていくことになります。

あご紐をしっかりと締めておけば、どんなに強風がきても帽子が飛ばされることはないので安心です。

市街地用(おしゃれ用)のハットには、このあご紐がない場合がありますので、手持ちのハットを使う方は確認すると良いでしょう。

登山用のハットは必ずこのあご紐が付いているか、付けれるよになっています。

ツバが適度にコシがある

たぶん経験者じゃないと気づかない点として、ハットのツバのコシ(固さです。これはかなり重要です・・・というのも、私自身がこれで失敗しているからです。。。

P6170054a

ツバがふにゃふにゃのハットで登ったら、向かい風のときにツバがぺたって目を覆ってしまい、視界が妨げられ、非常に歩きにくかったです。上を見上げれば、頭側にぺたってなるのですが、基本的に登山は下の足元みながら歩きますから、ほとんど下にぺたってなって「こりゃだめだ!」ってなりました 笑。(以後、このハットは登山での出番がなくなりました)

そのため、適度に固いツバのあるハットがおすすめです。

登山洋品店でも、やわらか過ぎるつばのハットが置いています。それは低山登山やアウトドア一般向きの商品なので、間違わないように注意しましょう。

 

登山用ハットの特徴

登山用のハットは、あご紐が付いている、ツバが適度に固い、以外にも幾つかの特徴をもっている製品が多いです。

紫外線遮へい率が高い

紫外線遮へい率(UVカット率)とは人体に有害な影響を及ぼす紫外線波長(UV-A、UV-B)全域の遮蔽率の平均を表したものです(最大値100%)。ある程度過酷な条件での使用が想定される登山用ハット(キャップも)は、この数値が高いものが多いです。

撥水性

多少の雨でもすぐに濡れないように撥水性を持たせているものもあります。ただ、私の経験では髪の毛のある人なら帽子が濡れても皮膚に直接触れないため、濡れても気にならなかったりします。

速乾性

速乾性を持たせるため、化学繊維を使用することが多いです。

通気性

暑い夏場の場合、快適さに大きく関係するのが、この通気性です。紫外線をカットしつつ、通気性を持たせるよう、各社工夫しています。

 

各メーカーの登山用ハットとおすすめの紹介

登山用で販売されているハットは、どれもある程度の機能性を持っています。

デザインで選ぶ方も多いので、各メーカーごとに紹介したいと思います。

 

ザ・ノース・フェイス ホライズンハット



ザ・ノース・フェイス ホライズンハット

つば裏のプリント柄が個性的なホライズンハット。全方向からの紫外線を遮り視界を確保し、UVケア機能を備えたことで、より安心感が高まりました。頭囲にぐるりと配置したベンチレーションで通気性もクリア。あごストラップ付きで風に飛ばされる心配もありません。
【Fabric】 <本体>NORTHTECH Cloth Eco(ナイロン100%)、<ツバ裏、メッシュ部>ポリエステル100%(DW、DA、RS、FG、BO)、<メッシュ部>ポリエステル100%(K、CB、BG)
【Function】 UVケア機能を備えたサンシールドハット/UVケア(UPF15~30)対応 /本体は撥水性のあるNORTH TECH Clothを使用 /ベンチレーションメッシュパネル /サイズ調整機能つき /あごのストラップつき
【原産国】 ベトナム
【Size】 S、M、L、XL
【Color】 (DW)ダンデライオンイエロー、(DA)ダークチェダー、(RS)ローズレッド、(FG)フラッシュライトグリーン、(BO)ボンバーブルー、(BG)バーントオリーブ、(CB)コズミックブルー2、(K)ブラック
【備考】 つばの長さ:前後7㎝ 左右7.5㎝(Lサイズ)

色の使い方が上品で、ノースフェイスのハットをかぶると、若々しくみえます。非常に良く出来ています。ノースフェイスでもかなり人気商品のようです。

2016年6月に、このホライズンハットを妻が買いました。関東の登山ショップ店で、さまざまなメーカーのハットを試着し、最終的にこれになりました。決めては「かぶったときにかわいいから」。機能性を重視する男性と違い、女性らしい判断だな、としみじみ感じました。

ザ・ノース・フェイス ホライズンハット

色はバーントオリーブです。

ザ・ノース・フェイス ホライズンハット

頭囲にぐるりと配置したベンチレーション。内側はメッシュで、通気性を確保しつつ、虫が入らないように工夫されています。

ザ・ノース・フェイス ホライズンハット

ザ・ノース・フェイス ホライズンハット

後ろで締め具合を調節できます。

購入前に、「少しきついピッタリのサイズか、ワンサイズ上の少しゆったり目のサイズのどちらがいいかな?」と聞かれたので、「長時間つけ続ける帽子は少しゆったり目がおすすめ。きついとかぶるのが嫌になる。キャップはあご紐が無いため強風時のことを考えるとできるだけジャストサイズが良いが、ハットはあご紐で固定できるので、飛ばされる心配もない。」と回答しました。

以下、amazonのカスタマーレビューより。

登山用(2015/9/10):デザインが気に入り登山用に購入しました。頭の中の蒸れもベンチレーションで逃がしてくれ快適です。デザインもお気に入りです。唯一残念なのは内側の汗拭きがずれ落ちることぐらいです。

満足!( 2016/4/25):UVカットは勿論、頭周りのネットで蒸れないし、汗留め付、サイズ調整もでき、軽くて取扱い良し。ネットに入れ、その都度洗濯もしても型崩れしてません。
自分で被って快適なので、プレゼント用にこの色を選びました。実物はとても綺麗な色です。垢抜けた感じで素敵!メーカーサイトは売切れでしたがAmazonで購入できました。

全体的にかぶりやすく、サイズもSからXLまであります。8色展開とカラーも豊富です。

「ザ・ノース・フェイス ホライズンハット」の購入者レビューと実売価格

 

ザ・ノース・フェイス ブリマーハット


ザ・ノース・フェイス ブリマーハット

UPF15-30対応、UVケア機能を備えたサンシールドハット。撥水性があり、復元力が高く形崩れしにくいストレッチ素材・NORTH TECH Clothを本体に使用しています。上部のメッシュパネルで通気性を確保。サイドには、つばを留めるスナップボタンを採用。つば先はワイヤー入りで、つばの形状を自由に調節できます。取り外し可能なあごひも付き。カラーバリエーションは全6色で、サイズ展開も豊富です。
【Fabric】 <本体> NORTHTEC Cloth Eco(ナイロン100%) <メッシュ部> ポリエステル100%)
【Function】 UVケア機能を備えた通気性に優れるサンシールドハット/UVケア(UPF15~30)対応 /通気性に優れたメッシュパネル /サイドにつばを留めるスナップボタン /あごのストラップつき /ワイヤー入りつば先
【原産国】 インドネシア
【Size】 S、M、L、XL
【Color】 (BG)バーントオリーブ、(BO)ボンバーブルー、(CE)セリーズ、(CM)コズミックブルー、(K)ブラック、(NA)ナツメグタン

「ザ・ノース・フェイス ブリマーハット」の購入者レビューと実売価格

 

ザ・ノース・フェイス サンシールドハット


ザ・ノース・フェイス サンシールドハット

UVケア機能を備え、通気性に優れたサンシールドハット。UPF15~30対応で、紫外線から頭部を保護。取り外し可能なサンシールドは、首周りの日焼けにも有効です。本体には撥水性があり、復元力が高く形崩れしにくいストレッチ素材・NORTH TECH Clothを使用。頭部とサンシールド部分の一部にメッシュパネルが使われ、頭部のムレを効果的に排出します。あごひもは調節可能。強風時や視界を確保したいとき、サイドのスナップボタンでつばをコンパクトに留めておくことができます。
【Fabric】 <本体> NORTHTEC Cloth Eco(ナイロン100%) <メッシュ部> ポリエステル100%
【Function】 UVケア機能を備えた通気性に優れるサンシールドハット/UVケア(UPF15~30)対応 /本体は撥水性のあるNORTH TECH Clothを使用 /通気性に優れたメッシュパネル /取り外し可能なサンシールド/サイドにつばを留めるスナップボタン /あごのストラップつき
【原産国】 インドネシア
【Size】 M、L
【Color】 (BG)バーントオリーブ、(CM)コズミックブルー、(VW)ヴィンテージホワイト

サンシールドで首元の日焼け対策できます。サイズが少ないのが残念。

「ザ・ノース・フェイス サンシールドハット」の購入者レビューと実売価格

 

フェニックス Arbor Hat(アバハット)


フェニックス Arbor Hat(アバハット)

収納式サンシェイド
ストラップ付属
吸汗速乾スベリ
紫外線遮蔽率90%以上
つば前側に形状安定の芯
組 成:<表>ナイロン100%<裏>ポリエステル
原産国:中国

最近、登山用品店で目に付くようになりました。ハットの形状が良く、かぶりやすいハットです。

以下、amazonカスタマーレビューより。

暑がりな人にぴったり(2016/5/16):前後のメッシュで涼しく非常に良い。始めは邪魔だと思っていた後頭部の日よけも潮干狩りの時活躍。折りたためて邪魔にもならず便利です。

「フェニックス Arbor Hat」の購入者レビューと実売価格

メンズ、ウィメンズがあります。

 

 

コロンビア シッカモアブーニー


コロンビア シッカモアブーニー

カラーブロックやチェック柄など多彩なデザインが揃ったブーニー。サイドには、ブランドロゴをあしらいました。紫外線をカットしてくれる「オムニシェイド」機能を備えているから、炎天下でもアウトドアに没頭することができます。裏の汗止めに吸湿速乾素材を使用しているため、気温が高い日でも快適な着用感となっています。調節可能な顎ひも付きです。
紫外線保護指数50 UPF = 紫外線保護指数/UPF 50:強い日差し向け
サイズ: Unisex S/M – L/XL
採寸方法、サイズの目安を見る
重量(目安): 84g (S/Mサイズ)
素材: 表:T/Cツイル(ポリエステル65%、コットン35%)(232、243、448カラー)表:チェック(コットン100%)(425、611カラー)表:ストライプ(コットン100%)(039、347カラー)

独特のデザインで、コロンビアっ感じです。メーカーHPみるとUnisex (男女兼用)と書かれています。

「コロンビア シッカモアブーニー」の購入者レビューと実売価格

 

アウトドアリサーチ ヘリオスサンハット


アウトドアリサーチ ヘリオスサンハット

このつばの広いハットは UPF50+ の効果によって、強烈な日光から保護します。 ヘッドバンドが額の汗を発散させ、つばが日陰のオアシスを作り出します。 長時間のトレイルでの道のりを、ドローコードでの調節機能によりハットをしっかりと定位置に固定します。
通気性
軽量
吸水性
UVから保護するSolarShield™構造
UPF50+
水に浮かぶフォーム素材で補強したブリム
吸水性TransAction™ヘッドバンド
外側のドローコードで調節可能
取り外し可能なチンコード
ファブリック: 86% ナイロン, 14% ポリエステル 二重織り リップストップ のクラウン // Supplex®, 100% ナイロン プレーン織り ツバの裏側
詳細 : (L) 2.3 oz. / 65 g // M-XL (80702 Multicam only – 2.7oz. / 77g / M-XL)
重さ (g): 65g (L)

以下、amazonのカスタマーレビューです。

定番(2012/9/22):つまらないところにこだわるタチなので帽子は色々試しましたが、日焼けも気にしての実用性は冬以外で風が強くなければこれが一番だと思っています。コシのあるツバは日差しを良く遮ってくれますし、折りたたんでザックに入れてもそんなに癖も付きません。風通しはメッシュの方が遥かに上ですが、一応あたまの保護も考慮するならこのくらいの生地の方が安心感もあります。ゴアもありますが、蒸れ具合にスペックほどの違いは無いように思いました。小雨ならそのまま使っています。

ジュピター(2015/5/31):登山店で実物を確認した時は写真のようにツバが中央が折れていた。そこが気にいって購入してみたら土星の環のようにまったくフラットなツバで届いた。仕方が無いので中央から折り目をつけた。被り心地が良い。締め付ける感じはないがぴたっと被れる。ベンチレーション付きとさんざん迷い、多少の雨も防げて丈夫なこちらにした。

玄人って感じです。

「アウトドアリサーチ ヘリオスサンハット」の購入者レビューと実売価格

 

モンベル ワイドブリムハット


モンベル ワイドブリムハット

樹脂製の芯を入れた大きなひさしは好みの形に変形でき、サイドをはね上げてホックで固定することも可能。帽体の側面から背面部分にかけてメッシュ地を設けることで、通気性を高め、蒸れを防止します。
【素材】バリスパン®[ナイロン〈超々耐久撥水加工〉]
【カラー】ベージュ(BG)/ ブラック(BK)/ オリーブグリーン(OVGN)
【サイズ】S(54~56cm)、M(56~58cm)、L(58~60cm)
【ツバ長】8.0㎝
【特長】あごひもを通せるループ付き

つばがしっかりとしたコシのあるハットです。アゴ紐は別売りなので、ご注意ください。

以下、amazonカスタマーレビューです。

春、秋の登山に重宝(2015年12月28日):ひさしが広く、日光を遮ってくれるので、春秋の登山に重宝します。つばをボタンで止めて、カーボーイハットのように出来るのも良いですね。紐がついていないので、近くのアウトドアショップで安い紐を購入して付けました。やはり紐がないと風で飛ばされないか不安です。黒を購入してしまいましたが、黒だと蜂の標的になることもあるので、もっと明るい色にすればよかったと後悔しています。

「モンベル ワイドブリムハット」の購入者レビューと実売価格

 

ハットの人気・売れ筋ランキング

上記で紹介したハット以外にもいろいろなハットあります。

amazon「 ハット」おすすめ順

楽天「ハット」レビュー数ランキング

 

 

雨強風にはキャップがおすすめ

富士山に何度も登るとわかるのですが、天候が荒れると強烈な横風が吹いてきます。そして、雨が伴うと、ほぼ真横から雨が降ってきます

そうなると、風上を向いて歩いたときに雨が目にバンバン入ってしまい、目を開けなくなることがあります。

 

 

そのときは、レインウェアのフードをかぶり、帽子を深くかぶり、雨が目に入らないように視界を確保します。

つばが柔らかいハットタイプだと、強風が吹くとつばが曲がってしまい、曲がったつばにより視界が遮られることがあります。

それを嫌って、浅くかぶると普通に目に雨が入ってくるという、どうにもならないつらい状況になります。

その点、キャップタイプのものは、つばが固く長いため深くかぶれば強風が吹いてもしっかり視界を確保できます。

 

north_cap1.jpg

 

 

私の場合は天候状況により2つのタイプの帽子(ハット、キャップ)を登山にもっていくことがあります。

IMGP3278_a.JPG

雨が強い横風に混じって襲いかかってくる場合は、レインフードをかぶり、キャップのつばで視界を確保します。

どんな状況にも快適に対応するのであれば、ハットとキャップ(野球帽でもOK)の2種類の帽子を持っていくのがベストです。

 

まとめ

・基本的にハットがあらゆる天候に対応できるのでおすすめ

・ハットはあご紐付きで、ツバが適度に固いものがおすすめ

・キャップはあご紐ないので、風で飛ばされないように注意する

・天気予報みて、ハットかキャップか迷ったら両方もっていくのもあり。

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ