カメラ・デジカメの重要性と選び方と防水対策

  • LINEで送る

ご来光、登山風景、自然の景色、登頂の記念写真などを写真に収めたい、SNSでシェアしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

私自身、写真撮影するのが好きで、富士山に限らず様々な山でスマートフォン、防水デジカメ、一眼レフを使ってきています。その経験を踏まえて、登山におけるカメラ選びについて考察してみたいと思います。

デジカメ、一眼レフ

雨天中止派or全天候派

野外撮影用のカメラ選びで大きな分岐点となるのは、晴れや曇のときだけ撮影する雨天中止派なのか、雨でも撮影する全天候派か、ではないかと思います。

基本的に太陽が出て青空が広がっている天候の方が、曇り空や雨の撮影写真より映えます。

そのため、写真撮影好きの方の中には

  • 好天時の撮影だけする素敵な写真を撮りたいタイプの方
  • 雨でも雪でも関係なく撮影する記録型タイプ

がいるように感じます。

富士山のように標高の高い場所は、晴れ、曇り、雨以外にも濃霧、砂ぼこり、強風で砂粒飛んでくる、など下界とは異なる状況になることもあります。そのため、富士登山で良い条件のときだけ撮影する用の非防水のカメラを持っていっても、「ほとんど写真を撮影するタイミングが無かった、撮れなかった」となることもあります。

私は全天候派・記録タイプなので、以下の記事は似たような気質の方には参考になるとおもいます。

 

”防水”が山で使うカメラの第一条件

野外の撮影、特に山での撮影ではカメラが防水であることが第一条件になります。

その昔、私が山を登り始めて間もないころ、普通のコンパクトデジカメを山に持っていってました。雨だと使えないのはわかってましたので、その天候では使わないようにしていました。ある日、うっすらと霧が降るような、微妙な天候の時、道端に咲く花の写真が撮りたくて、ついついそのまま使ってしまいました。

「まあ、これくらいなら大丈夫だろう、以前もこの程度なら問題なかったし」

と普通に写真を撮っていたのですが、しばらくしてデジカメの電源入れたら液晶画面が真っ暗で何を撮影したか再生できなくなっていました。ファインダーの無いデジカメで、液晶画面が映らないと、何を撮っているのか、どう撮れているのか、撮影時にまったくわからず、家に帰ってパソコンで繋げてようやくわかる状況ですので、実質使い物になりません。

その経験に学んで、次は防水デジカメを購入しました。この選択は私の使い方には適切でした。もういちいち、「少し降ってるからカメラにカバー付けよう」とか、「ちょっと濡れちゃったけど大丈夫かな」など気にしなくてもよいのです。晴れでも雨でも霧でも”撮ろう”と思ったら、サッと取り出して撮影できてストレスフリーになりました。

 

登山での写真撮影機器を考える

スマートフォン

IMGP2030

2017/06/27 管理人使用 防水・防塵・耐衝撃のTORQUE G01

昔は珍しかったスマートフォンの防水機能も、今では珍しくなくなってきました。スマートフォンに搭載されているカメラも性能が良いようで、日中の景色であれば綺麗に撮影できるのではないか、と思います。

ただスマホのカメラは広角レンズ(写る範囲が広い)のため、自撮り、景色の撮影は得意ですが、接写(近距離撮影)、望遠(遠くの被写体を大きく撮影)、夜景は苦手で専用カメラに軍配が上がります。

雨が降って液晶タッチパネルが濡れると、挙動がおかしくなる(タッチパネルが指の動きを正確に把握でなくなる)ため、雨天時の撮影には向きません。(雨の中でさっと撮影し終えたいのに、誤動作多発で手間取ります)

また、雨天時に使う時に気をつけたいのが、このマイクロUSBなどの差込口です。

IMGP2032

おそらく、この中に水が入ると故障します。防水対応のは、水が侵入しないようにカバーにゴムパッキンのようなものが付いていますが、しっかり閉じ忘れてると、水が侵入してしまうかもしれません。雨天時は確実に閉じましょう。

スマホは故障させると、高額な修理費、買い替え費用、データ移行の手間、しばらく使えない連絡できない不便、など生じる可能性があるため、霧・雨天時の安易な利用は要注意です。

防水性能も機種により程度が異なると思いますので、自身のスマホの防水性能を確認した上で、慎重な利用をおすすめします。

今や登山者にとって、スマホは電話、情報閲覧、以外にもGPSによる位置確認にも使われ、欠かせない存在となっています。そのため、どのような天候でも使える、頑丈で壊れにくい、

  • サムスン Galaxy Active シリーズ
  • 京セラ TORQUE シリーズ

などのタフネススマホが、私の周囲の山仲間に人気です。

 

デジカメ

”写真や動画を撮影するための機器”と役割が明確で、操作しやすいため、登山時の写真撮影の多くをデジカメでしています。

私が使っているのは、もちろん防水デジカメです。

OLYMPUS STYLUS TG-860 Tough

OLYMPUS STYLUS TG-860 Tough

起動が早く、グローブしても操作可能で、天候によらず確実に動作するため重宝しています。

超広角レンズで広範囲撮影でき、ズームも十分、接写もできます。

IMGP2036

薄手のグローブしても操作しやすい設計(厚手は慣れが必要)

IMGP2037

液晶がパカっと180℃周り、自撮り可能です。この機能は、購入前はおまけ程度の機能と思っていましたが、幼い子どもとの2ショットなどで予想以上に使っています。

 

一眼レフ

PENTAX K-70 PENTAX K-70 PENTAX K-70

PENTAX K-70

専用の収納ポーチで素早い撮影&収納

スマートフォン・デジカメ

一眼レフ用

 

 

 

カメラ選びのポイント

私は富士山に限らずさまざまな山々でフツーのコンパクトデジカメ(非防水)、防水デジカメ、防水スマホを使ってきました。

で、登山用のカメラとしては

断然!防水デジカメが楽で使いやすい!!!

ということがわかりました(^-^)v

それでは、それぞれを使ってきた

 

コンパクトデジカメ(非防水)

 

 

K0000473522.jpg

普段使い用として元々使っていたデジカメをそのまま山でも使うようになっていきまいた。

えーーー、結論書きますと、登山中に壊れました(^_^;)

あれは丹沢の大山を下山してたときですね。

うっすら霧雨が降っていて、「うーん、この程度の雨なら大丈夫だろう。」とおもってデジカメを取り出して使ったら・・・デジカメの液晶画面が写らなくなってしまいました。。。チーーン(^_^;)

デジカメの液晶が写らないって、撮った写真を確認できないし、その場で気軽に仲間とシェアできないので、フィルム時代のカメラになったかのようでした。

その時に撮影した写真をすぐに確認できる液晶画面の偉大さに気づきました(笑

で、さんざん登山に限らずアウトドアでデジカメ使ってきて、雨のときにささっと取り出して使えないのってなんだか不便だなってかんじましたね。

こんだけ登山したりアウトドアーな生活してるんだから、防水デジカメの方がいいんじゃないか?試しに使ってみよー!となって購入したのでした。

 

防水、防塵、耐衝撃デジカメ

さんざんリサーチして2011年1月に人生初で防水、防塵、耐衝撃のデジカメ PENTAX W90を購入しました!!!

 

IMG_0006.jpg

 

この記事を書いている2013年10月時点でもこのデジカメは健在、現役です(^-^)v

このデジカメとは、北アルプス、南アルプス、八ケ岳、谷川岳、丹沢など夏山から冬山まで共に歩んできました!

いやーーー、最高です!防水デジカメ(笑

もう、いままでの苦労がなんだったんだろう、と思っちゃうくらいに。

しかも、十分綺麗に撮影できます!(このサイトの写真の多くがこの防水デジカメで撮影)

 

IMGP6572.jpg

 

雨だろうが、雪だろうが、濡れを気にせずにさっとポケットから取り出して素早く撮影できるのはホント快適です!(^-^)!

実は私が防水デジカメを使い始めて、アウトドアーな仲間に「防水デジカメめっちゃいいよー!」と言ってたら、気がついたら買ってたりして(でもPENTAXじゃなくてオリンパスが多い)、買った人も「すごく便利でいい!」と言ってました。

アウトドアーな私には防水は必須だなとしみじみ実感。

携帯電話もガラケーから、防水スマートフォンに買い換えたのでした。

 

防水スマートフォン

とにかく野外で使う電気製品は防水機能がとっても大事ということが身に染みてわかったので、スマートフォンもG’z One IS11CAを選びました。

 

 

IMGP6337.jpg

G’z One IS11CAは防水、防塵、耐衝撃とスマートフォンのGショック版のようなスマホ。

 

 

自転車旅行中、雨の中で何時間もべっちゃべちゃに濡らして使いましたが、スピーカー部分に水が入り込んで音がおかしくなった以外は、まったく問題なくて本気でスゲーーっておもっちゃいました。

素晴らしい防水性能はもっていても、カメラ機能としてはうーーん、残念!

やっぱりカメラ専用のデジカメには勝てません。

シャッタースピード遅いし、そもそも画質がデジカメより劣る(当たり前ですが)

あと、防水のスマホの欠点が見つかりました。

それは雨で濡れるとタッチパネルの反応がおかしくなる!という点です。

これじゃ、雨のときにカメラとして使えません。(パネル上でシャッターボタン押しても反応しない(^_^;))

あと、グローブつけているとまったく操作できないのも難点です。

グローブの指先が特殊加工してグローブはめたままでタッチパネル操作できるのもありますが、防水デジカメ持っていて、そこまでしてスマホで撮影したいか?という思いもあります。

以上、非防水デジカメ、防水デジカメ、防水スマホを富士山やその他の山々で使い倒してきた?結果、ダントツ防水デジカメでしょ!となっています(^-^)v

 

余談 一眼レフなど本格的なカメラ

 

91b-BVvfPUL._AA1500_.jpg

富士登山や他の山々の登山者の中に、首から重たそうな一眼レフ?をぶら下げて登ってこられる方も多く見かけます。

「山を登る理由が綺麗な自然の写真を撮りたいから」なんて方は、実は結構多い!

当然ながら本格的なカメラは綺麗な写真が撮れるのですが、非防水であることが多く雨のときは使いにくいと思われます。

私の知り合いにもカメラ好きな人がいて、でっかいカメラを山に持っていくのですが、いやー素晴らしく綺麗な写真を撮りますね!

特に、本格的なカメラとその他のカメラで圧倒的な差がつくのが、夜景です!

本格的なカメラはそりゃー綺麗な星空とれます!!!

 

a1180_001137.jpg

 

富士山もそうですが、標高高いところから見える星空はどこが星座かわからなくなるくらい星見えますから!

それをちゃんと写真におさめることができます。

それに比べて、コンパクトカメラはキビシーー!!!(スマホカメラは論外)

ISO感度とかごちゃごちゃいじって何とかこの綺麗な星空を撮影しようと何度も試みましたが、ノイズがたくさんのっちゃって、星とノイズの区別がつかないような写真になっちゃってます。

見える星空をぜんぜん撮れませんね。

一眼レフなど本格的なカメラは重くかさ張りますが、写真はさすが!って感じです。

特に綺麗な夜景や星空を撮りたい方はちょっと重くても本格的なカメラをもっていくことをおススメします(^-^)v

 

最近の防水デジカメ

今や家電ショップへ行くと、防水デジカメ売り場があるほど活気があるようです。

 

IMGP9646.jpg

 

 

 

IMGP9645.jpg

 

 

IMGP9644.jpg

 

各メーカーからさまざまな特徴をもったデジカメが販売されています。

アウトドア好きの方は、雨でも雪でも濡れを気にせずガンガン使える防水・防塵:耐衝撃のデジカメがおすすめです!

因みにデジカメの売れ筋ランキングを見ると、驚異的な値引率のものもあり、すでにもっている私でもついついほしくなっちゃいました。。。

Amazonの「防水デジカメ」の売れ筋ランキング!(通常配送無料でとにかく安い!)

楽天の「防水デジカメ」の感想多いランキング!

 

まとめ

  • 防水スマホは、雨で濡れるとタッチパネルの反応がおかしくなり、まともに操作できなくなる
  • 質感にこだわった写真、特に夜景をとりたい方は、一眼レフなど本格的なカメラを(重いけど)
  • 山では防水コンパクトデジカメが使いやすく断然快適
  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ