予備電池・・・電池切れに備えて

  • LINEで送る

ヘッドライトや、携帯電話・スマートフォン、デジカメなど、多くの登山者は富士山に電子機器を持ち運ぶことと思います。

富士山のように、標高が高く気温が低い場所は電池の出力が弱くなり、下界よりも早く電池を消耗するため予備電池を持っていくと安心です。

 

ヘッドライトの予備電池

日中に登って下りる登山者は、ヘッドライトを使うことがないため、予備電池は不要です。

しかし、山小屋で1泊する方は、消灯後にトイレに行ったり、ザックから物を取り出すときにヘッドライトを使います。消灯時間は小屋により異なるりますが、19:00~21:00の間に消灯するようです。

さらには、山頂でご来光を見るために7~8合目の山小屋から早朝2~3時出発して登られる方は、日の出るまでの数時間をヘッドライトの明かりを頼りに登ることになります。

昔の電球ヘッドライトと違い、最近の高性能LEDを搭載したヘッドライトは非常に明るく長寿命です。

新品電池や充電された電池を入れていたなら、夜に3時間程度歩いた程度では電池切れは起きません。

 

ただ、自宅から登山口への移動中にヘッドライトが他のものと接触してのスイッチが押されて点灯してしまい、いざ使おうとしても明かりがつかなかったということもあるようです。

できれば予備電池を持っていくことをおすすめします。

 

携帯電話・スマートフォンの充電

携帯電話・スマートフォンの電池の持ちは、使い方やバッテリーの劣化具合によって異なると思いますが、最近バッテリーの持ちがあまり良くないな、と感じる方は、バッテリーを持っていくと良いかもしれません。

山小屋で1泊する場合、小屋に到着してごはんを食べる以外はたいしてすることがないですから、友達に連絡してみたり、翌日の天気予報をチェックしたりします。また、窮屈な山小屋の布団で、消灯後もなかなか寝付けず、布団の中でずーっとスマホを操作している方もいるようで、そのような長時間の操作で、いつも以上に電池を消耗するかもしれません。

山小屋ではコンセントの数は限られており、借用は原則認められないためコンセントでの充電は行えないようです。そのため、バッテリーは自分で用意することになります。

私は1泊以上の富士登山の場合、ヘッドライトの予備と携帯電話の充電を兼ねて、単3型の充電式ニッケル水素電池を4本ほど余分に持ち歩くことがあります。

IMGP4342

これだけあれば、大丈夫です(^^♪

ただ、事前に充電池に充電するのを忘れずに☆

それと、電池を節約するなら、登山中に電源を落とすのも効果的です。

 

デジタルカメラの予備電池

待ちに待った富士登山、たくさん写真を撮影しよう!と意気込んでいる方は、カメラの予備電池を持っていくことをおすすめします。

私も富士山で結構写真を撮りますので、念のためにカメラのバッテリーの予備を1個は持っていきます。

 

最後に

電池やバッテリーはサイズは小さいですが、その割に重量がありますので、必要な分だけ持っていきましょう(^^♪

 

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ