「御殿場口」の記事一覧

富士宮市に降り、入浴後に富士山本宮浅間大社へ

IMGP3022

御殿場ルートを下山後、富士宮市へ車で移動し、入浴後に富士山本宮浅間大社で参拝してきました。 無事、富士登山を終え、感謝の参拝。 境内には、湧玉池(わくたまいけ)という湧水があります。 富士山に降った雪雨は、やがて麓の湧水となって、その地域を潤しています。 &n・・・

御殿場ルートを下山。雲海広がり、大砂走りを下る

IMGP3012

今日は午後から天候が荒れる予報です。 落雷確率も非常に高く、長居は禁物です。昨日はお鉢も周ることができたため、思い残すこと無く、下山できます。 膝への負担の軽減、大砂走りの爽快感を求め、御殿場ルートを下山します。 上にも下にも雲が広がっています。それぞれの標高・・・

駐車場まで富士急行バスで移動(御殿場新五合目→御殿場駅→富士山駅→富士北麓駐車場)して、無事終了

御殿場新五合目と御殿場駅間の バス

無事富士山を下山し終えたのもつかの間、これから富士急行バスで移動(御殿場新五合目→御殿場駅→富士山駅→富士北麓駐車場)します。   バス停です。 待合所には屋根があるので、悪天候時に助かります。   そして、 待ちに待った御殿場駅行きのバス・・・

富士山山頂のこのしろ池に氷が張りまるで冬。剣ヶ峰を登り、御殿場ルートを下山。

富士山 剣ヶ峰で記念撮影 2016年9月1日

ご来光が終わり、青空が広がってきました。今日は日本最高地点である剣ヶ峰を登って、記念撮影し、御殿場ルートを下山します。 ご来光を見終えた登山者がぞくぞくと剣ヶ峰へ向かっています。   浅間神社奥宮の隣に”このしろ池”と呼ばれる水たまりのような池があり・・・

9月1日の富士山山頂からのご来光の写真、日の出時刻、防寒対策、感想

富士山山頂からのご来光

待ちに待った富士山の山頂からのご来光がこれから始まります。(日の出時刻、防寒対策、感想は最後に書いています) 山小屋を出ると、もう、うっすら空が明るくなっていました。 雲が少なく、綺麗なご来光を眺めることができそうです☆   非常に風が強く、体温が奪われるため・・・

御殿場口新五合目で車中泊は涼しくて快適!

御殿場新五合目で車中泊しました!   理由は、下界は暑いから(笑   最近仕事が忙しくて、なんか遠出したかった、という想いもあります。   関東からぶーーんと車を走らせて、御殿場新五合目に到着!     &nb・・・

「富士山お鉢巡り」解説!山頂火口をぐるっと一周

「富士山お鉢巡り」解説!山頂火口をぐるっと一周 富士山の山頂は火口を中心としてお鉢のような中心が凹んでいる形状をしています。 その周囲をぐるっと一周することをお鉢巡り(おはちめぐり)といいます。 お鉢巡りには約1時間30分~2時間程度の時間がかかります。 ただ・・・

御殿場口ルートの山頂に到着!

10:37 7合四勺わらじ館に到着。 ようやくここでトイレが登場します!!!! 登山開始から、約4時間はトイレなし!山小屋なし!休憩いすなし!売店なし!の厳しい登山を強いられる御殿場ルート。 (ただし、この4時間というペースは普通のタイムコースより早いです。通・・・

山小屋が閉鎖中で休憩ベンチ、トイレ、売店なし!

私の最近のマイブームはこれ!   魚肉ソーセージです(^^) 持ち運びが便利で痛みにくい魚肉ソーセージは、行動食で大活躍。 貴重なたんばく源です。     8:26 きっきつい! ただひたすら変化のない砂利道なジグザグ道を強烈な日・・・

御殿場口新五合目を出発!(Gotemba Trail New 5th Station)

車の中に強烈な朝日が入り込み目が覚めた!   あ!いかん!!もう6時じゃないか。寝すぎた! 予定では5時30分くらいに登り始める予定だったので、急いで登山の準備をする(^_^;)     これから4時間はトイレなし!の厳しいルート・・・


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ