「須走口」の記事一覧(2 / 4ページ)

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

本六合目の瀬戸館を通過し、上を目指します。   富士山が火山であることを再認識するような固まった溶岩があります。 ここまで登ると、もう、草木の背丈は腰ぐらいになります。   途中、登山道の奥から、鮮やかな色が視界に飛び込んできました。 大き・・・

須走ルート登山道:新六合目から本六合目へ

須走ルート新六合目から本六合目の登山道

須走ルート登山道の新六合目を出発し、本六合目へ。 まだまだ続く樹林帯。 そのため、高山植物が多数生息しています。 シロバナヘビイチゴの花。 時期になると真っ赤ないちごが付くそうです。 ミネヤナギ(峰柳、別名ミヤマヤナギ)。 綿毛がふわふわ付いています。 &nb・・・

須走ルート登山道:須走口五合目から新六合目へ

須走ルート五合目

シャトルバスで須走口五合目に到着。これから登山開始です☆ 数年ぶりに訪れた、須走口五合目。なんだか懐かしく感じます。 トイレあります。 須走口五合目には、2つの山小屋があります。 東富士山荘。 菊屋。   五合目でもすでに自動販売機の価格が上昇してい・・・

須走ルート乗換駐車場からシャトルバスで須走口五合目に移動

須走口シャトルバス

朝起きて外を見ると、青空が広がっていました。 夜中にもっと車が増えると思っていたのですが、それほど増えてませんでした。 (他の人気ルートだと、夜中に続々と乗換駐車場に車が増えるのですが)   とりあえずトイレへ向かいます。 木々の間から差し込む、木漏・・・

須走多目的広場(富士山マイカー規制による須走ルート乗換駐車場)で車中泊

須走多目的広場(富士山マイカー規制による須走ルート乗換駐車場)

道の駅よりほど近い須走多目的広場(富士山マイカー規制による須走ルート乗換駐車場)に到着。 夜の闇に負けじと、眩しいほどの照明が輝いています。 須走多目的広場     ここで料金の支払いをします。   駐車料金は1回1000円(1泊・・・

道の駅 すばしりで休憩・散策後、天恵で入浴

道の駅 すばしり

新橋浅間神社を出発し、途中登山用の行動食など買い物し、須走口のマイカー規制用の乗換駐車場近くにある道の駅すばしりに立ち寄ります。 道の駅 すばしり   道の駅すばしりは、施設が新しく、駐車場も広々しています。 須走口の乗換駐車場は、道の駅ではなく、さ・・・

御殿場市の新橋浅間神社に立ち寄り、木の花名水を頂く

新橋浅間神社 御殿場市

小田原から箱根を越え、御殿場駅からほど近い新橋浅間神社に到着。 参拝と木の花名水を頂いていきます。 新橋浅間神社 新橋浅間神社には無料の駐車場があります。   お水取りは時間は決められているようです。   手水舎で浄めます。   ・・・

自宅から富士山へマイカー移動。途中、小田原の酒匂海岸へ立ち寄る

酒匂海岸

今年は、いつ、どのルートを登ろうか。6月ごろからぼんやり考えていました。 結局、登山日は海の日ある7月中旬の週、細かな登山日は天気の様子を見ながら決め、登山ルートはもう2011年以来登っていない須走ルートに決定しました。 自宅を出発 子供を保育園に送り届け、そ・・・

雪渓と砂走りの下山は速い

  最初は登山道と同じ道を下山し、途中から雪渓を下りていきました。   雪がシャリシャリと柔らかく、冬山用の登山靴を履いているので、キックステップで慎重に下山。 ピッケルがあれば、尻セードで下山したかったのですが、残念!   ひた・・・

想像を絶する超強風の山頂

風が強く、気温も約8℃と低いため、全身ほぼ厳冬期の冬山登山と同じ服装を身にまとい、準備万端で剣ヶ峰を目指してお鉢めぐりをしようとして、少し進んだら・・・とんでもない光景が迫っていたのでした。                    ↓↓&da・・・


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ