強風で下山できず 富士山の誘導員の男性死亡(笠雲発生時)

以下、ニュース記事より抜粋です。

28日、富士山で安全誘導員の71歳の男性が、台風の強い風の影響で下山できなくなり、警察と消防に救助されましたが、低体温症のため死亡しました。

静岡県などによりますと、28日午後1時半ごろ、県の委託を受けた富士山の安全誘導員の男性2人から「強風のため6合目付近で身動きがとれなくなった」と救助を求める通報がありました。

2人は午後9時ごろ、警察と消防に救助されましたが、このうち、富士宮市の西方義典さん(71)が、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、死因は低体温症だということです。もう1人の男性は命に別状はないということです。

2人は、今月26日の午後から山頂で登山者の誘導業務にあたり、28日の昼前に下山を始めたということで、警察などは詳しいいきさつを調べています。

Screenshot_20180514-185812

 

この日は、富士山に、大雨や強風の前兆となる、笠雲が発生していたようです。

 

富士山 笠雲

 

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

○ニュース記事

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ