須走ルート下山道:八合目の分岐-砂走り-砂払い五合目-須走口五合目

八合目の下江戸屋分岐から先の須走ルート下山道は、下山者数がぐっと少なくなります。(吉田ルートの方が利用者が多いため)

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

八合目から本七合目の見晴館まではほぼ登山道と下山道が同じのため、少し下りにくいです。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

転ばないように、慎重に。

須走ルート下山道、本七合目

見晴館から先は、一部を除き登山道と下山道がわかります。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

太陽館を通過し、しばらく砂礫の道が続きます。

 

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

広い砂利道。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

 

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

ブルドーザーがきました。砂埃がすごい。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

下山中に不思議な雲を発見。まるで龍のよう。雲の一部に虹もみえました。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

まもなく七合目の太陽館です。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

太陽館前を通過すると、砂走りが終わる”砂払い五合目”まで山小屋がありません。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

ここを通過してまもなくすると、”砂走り”が始まります。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

砂走りは細かな砂礫だけでなく、大きめの岩が混ざっています。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

場所によっては、砂利が深く、下山時のひざへの衝撃がやわらぎます。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

所々、岩が混じっていたり隠れているので、転倒したり、足を傷めないように注意が必要です。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

遠くに、緑が見え、下山道が細くなっています。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

ここで終わり?と思わせるような場所ですが、この先の樹林帯を少し通過するとまた続きます。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

この場所の砂利が目が細かく下りやすい。

須走ルート下山道:本八合目の分岐-砂走り

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

先に、鳥居のようなものが見えてきます。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

あそこが、”砂走り”の終点です。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

”砂払い五合目”には、吉野家という山小屋あり、飲み物の販売やトイレがあります。

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

砂払い五合目のこの鳥居から先は、懐かしい樹林帯になります。

 

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

須走ルート下山道:砂払い五合目-須走口五合目

須走ルート下山道:砂払い五合目-須走口五合目

ここが登山道と下山道の分岐点です。

須走ルート下山道:砂払い五合目-須走口五合目

ここからしばらく下ると、須走口五合目に到着します。

須走口五合目

五合目に到着し、シャトルバスの出発時間を確認。まだしばらく時間あります。

須走ルート下山道:砂払い五合目-須走口五合目

砂埃をかぶったスパッツを脱ぎ、帽子、ザックをはたいて汚れを落とします。

山小屋で、バナナと水を購入しベンチで休憩します。

IMGP6416

ゆっくり休んでいるとあっという間にバスの発車時刻。

須走口五合目

無事、須走口の乗換駐車場に到着しました(^^)

 

感想

1泊2日の富士登山でしたが、いつもながらもっと長い期間を旅していたかのように感じました。

山頂で足首ひねったため、下山はかなりゆっくりになりました。ひねったのが左足だったので、車の運転にそれほど支障なくてよかったです。

須走ルートは2011年から7年ぶり。須走ルートの紹介ページに掲載していた写真を更新したい思いで、今回このルートにしましたが、緑豊かで須走ルートには須走の魅力があるんだな、と改めて実感しました(^^)

下山後は、最寄りの温泉 天恵で汗を流し、富士宮ルートの乗換駐車場の水ヶ塚と御殿場ルートの登山口を視察し、御殿場五合目の駐車場で車中泊しました。

翌日は、前からずっと行ってみたかった、東洋一の湧水量を誇ると言われる、柿田川湧水に立ち寄りました。

柿田川湧水

美しい湧水、富士山の恵みに感動しました。

 

関連記事一覧

登山前日

登山日

登山翌日

須走ルート

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ