須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

須走ルート本六合目 瀬戸間

本六合目の瀬戸館を通過し、上を目指します。

 

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

富士山が火山であることを再認識するような固まった溶岩があります。

IMGP6082

ここまで登ると、もう、草木の背丈は腰ぐらいになります。

 

途中、登山道の奥から、鮮やかな色が視界に飛び込んできました。

ハクサンシャクナゲ,須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

大きな花がたくさん付いています。

高山植物の花々は控えめなものが多いのですが、この標高でこれほど大きく鮮やかな花が咲いていることに驚きました。

後で調べたら、ハクサンシャクナゲ、と呼ぶそうです。

ハクサンシャクナゲ,須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

この花の発見に、とても感動しました。

登山道から少し離れた場所に咲いていたので、気づかない人は気づかないかもしれません。(参考:富士山で観察できる高山植物の花々

 

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

草木の背が徐々に下がり、見通しも良くなってきます。

この緑と、奥の富士山頂上の構図は、緑と山、という感じで爽快感が感じられます。

IMGP6087

ふと、視線を左側に向けると、下山道が見えます。

連日好天が続いているのか、登山者の後ろに大量の砂埃が巻き上がっています。

 

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

徐々に、緑の量がまばらになってきます。

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

IMGP6092

これは、何という植物でしょうか。

IMGP6093

IMGP6094

オンタデです。

IMGP6095

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

須走ルートならではの、緑の景観もそろそろ終わりが近いです。

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

 

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

ミネヤナギ(峰柳、別名ミヤマヤナギ)

 

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

遠くに、山小屋が見えてきました。

須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

イワツメクサ,須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

岩の隙間で、美しい花々を咲かせるイワツメクサ。

イワツメクサ,須走ルート登山道:本六合目から七合目へ

 

須走ルート七合目:太陽館

そして、七合目の太陽館に到着しました。

須走ルート七合目:太陽館

須走ルート七合目:太陽館

須走ルートの七合目の標高は3090m。ついに3000mを超えました。

 

須走ルート七合目:太陽館

2010年に須走ルートを登ったとき、大雨強風で太陽館に避難休憩した思い出があります。その時はここで登山断念し、下山しました。

須走ルート七合目:太陽館

大洋館のベンチで休憩させていただきます。

須走ルート七合目:太陽館

焼印が無いんですね。

 

次は、本七合目の見晴館を目指します。

 

関連記事一覧

登山前日

登山日

登山翌日

須走ルート

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ