筑波山(富士登山の事前トレーニング)

2018年、今年も富士山を登ります☆

そこで、事前トレーニングとして、筑波山の御幸ヶ原コースを往復してきました。

P7070003

このルートはほぼ樹林帯で、富士山の登山道とはコースタイムも標高も登山道状況も異なります。

それでも、ある程度はトレーニングになります。

P7070004

今日は土曜日ですが、事前の天気予報が悪かったためか、登山者が非常に少なかったです。

しかし、実際来てみると、全く雨振らず、登山者がほとんどいないため駐車場にもすんなり駐車でき、少し曇っているので多少涼しく、静かな登山となりました。

P7070005

御幸ヶ原コースはしばらくこのような道が続きます。

P7070006

ほぼ、中継地点の休憩場所。

この反対側は、ケーブルカーが交差する場所です。

P7070007

私が登ったタイミングでは、ケーブルカーは来ませんでした。

P7070017

徐々に傾斜が強くなり、岩がゴロゴロしてきます。

P7070018

登山開始から約80分、御幸ヶ原に到着。

P7070019

雲が覆ってます。土曜日なのに、人少ないです。

P7070020

茶屋で昼食。今日はカレーうどんにしてみました(^^)

P7070022

ご飯を食べ、茶屋を出ると少し天気が良くなっているようです。

P7070023

遠くまで見渡せるようになっていました。

今回はトレーニングも兼ねてますから、ここからトレッキングポールを出して下山します。

P7070024

前日の雨でかなりぬかるんで滑りやすい状況なので、慎重に下山します。

 

P7070028

御幸ヶ原コースの途中に男女川(みなのかわ)の水源があります。

P7070026

P7070027

筑波山は、男体山と女体山の2つの峰があり、この男女川はその間を下っていくそうです。

ここから少し下ると、二股の巨木が現れます。

P7070016

この巨木もまるで男女を象徴しているかのようです。

根は一つで、同じ生命を象徴。

そこから2つに分かれ、男女・2極(陰陽)・2元性を象徴。

そして、この2本の間から良く光が漏れている感じになるのですが、それがなんとも美しく感じます。

 

P7070029

この場所は私のお気に入りの場所です。記念撮影しておきます☆

 

P7070032

非常に滑りやすい状況でしたが、トレッキングポールのおかげで転倒することなく、無事下山できました。

 

何度も登っている筑波山ですが、本当に良い山だな~、と感じました。

いつもありがとう、筑波山。

筑波山の恵みが、登山者や近隣の地域に降り注ぎますように。

 

参考リンク


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ