富士登山に伴う車中泊のご参考サイト「寝袋・シュラフの選び方」

富士山は標高が高いため、山の中腹にある駐車場が、暑さをしのぐ避暑地になります。

御殿場口新五合目(標高1440m)には、約500台も停められる広さの駐車場があり、そこから少し離れた水ヶ塚駐車場(標高1450m)には夏のマイカー規制期間中は、約1000台も停められるそうです。

富士山の中腹には、広大な駐車スペースがあり、私自身も何泊も車中泊した経験がありますが、日中は天気次第ですが夜になるとぐっと気温が下がり、Tシャツでは肌寒い気温、まるで春秋のような気温になります。

御殿場五合目駐車場で車中泊

車中泊で重宝するのが寝袋です。フルフラットになり面積が広い車なら布団でも可能ですが、自宅から車まで運ぶのが結構大変で、布団を載せると、他の荷物がそれほど乗らなくなってしまいます。

その点、寝袋であればコンパクトで、片手で持ち運べるため、便利です。

富士登山では、ほとんど使われる機会が少ない寝袋・シュラフですが、以下サイトが車中泊などの寝袋選びの参考になるかもしれません。

https://nebukuro.net/

登山家やキャンパーや自らの経験をもとに最適な寝袋・シュラフ選びのポイント(形状・中綿・保温力)や、マットレスの選び方のポイントを初心者向けに解説しています。ファミリーキャンプ、登山、バックパッカー、自転車・バイク旅行、車中泊の参考になれば幸いです。「寝袋(シュラフ)は良い物を揃えるべき」ということ。環境が苛酷になればなるほど、寝袋の持つ重要性が増していきます。冬山あるいは高山でのキャンプでは、寝袋の性能が命に直結します。それほど過酷な環境でなくとも、シュラフの性能によって、それが快適な良い旅になるかツライ旅になるかが左右されます。このサイトを通して、みなさまの用途にあった「しっかりと疲れがとれて、夜寝るのが楽しみになるような寝袋」を見つけて頂けたらうれしいです。

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ