御殿場ルートを下山。雲海広がり、大砂走りを下る

今日は午後から天候が荒れる予報です。

screenshotshare_20170730_201202

落雷確率も非常に高く、長居は禁物です。昨日はお鉢も周ることができたため、思い残すこと無く、下山できます。

膝への負担の軽減、大砂走りの爽快感を求め、御殿場ルートを下山します。

IMGP2941

上にも下にも雲が広がっています。それぞれの標高に雲が浮遊しているのがよくわかります。

 

IMGP2942

Aさん、軽快に下っていきます。

170731_0801_b02

私は時折、一眼レフで写真を撮影しながらの下山です。

 

IMGP2944

山頂から御殿場ルートを下山してしばらくは、岩ゴロゴロの道が続きます。

IMGP2955

IMGP2958

溶岩の岩なので、多数の穴があり、手で持つと非常に角が感じられます。(大根おろしが作れるかも)

IMGP2972

下山して約1時間後、赤岩八合館に到着しました。山小屋前のベンチでしばし休憩させてもらいます。

IMGP2976

さらに下山すること約20分、七合目砂走館に到着。

IMGP2977

この山小屋前のベンチは広々としています。

ここから更に下ると、岩混じりの砂利道になり、さらに進むと大砂走りへ繋がります。

IMGP2978

 

IMGP2980

スパッツが着用すれば、砂利が靴の中に侵入しません。

IMGP2991

 

 

IMGP2997

なめらかな稜線の先に、宝永山が見えます。

IMGP3002

徐々に砂利深くなり、岩も少なくなってきました。岩が無いと下りやすいため、ついついペースも早くなってきます。

IMGP3004

大砂走りでは、残念ながら霧に覆われてしまいました。(晴れていれば、雄大な富士山の自然を眺めながら下山できます)

IMGP3010

次郎坊付近から、徐々に傾斜もゆるくなり、砂利も浅くなります。

IMGP3012

10:00、御殿場口新五合目に到着しました!

下山途中に懸念していたKさんの膝に痛みが出てしまいましたが、膝サポーターと精神力でなんとか乗り切りました。Aさんは、昨日は風邪気味でしたが今日は終始軽快に下っていました。

今回は、登山初心者にはハードな行程でしたが、無事に終えることが出来ました。

下山後の記念撮影をした後は、事前に御殿場口の駐車場に置いておいた車に乗って、水ヶ塚駐車場へ移動し、もう一台を回収。その後、富士宮市の温泉へ行き、富士山本宮浅間大社へ行き参拝してきました。

 

関連記事一覧

富士登山 事前トレーニング

富士登山 前日、登山時、登山後

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ