頂上浅間大社奥宮を参拝、剣ヶ峰で記念撮影&お鉢めぐり

IMGP2803

その奥には、浅間大社奥宮があります。

 

IMGP2804

鳥居が新しくピカピカです。2017年7月初旬に76年ぶりに建て替えられました。以前の鳥居は富士山山頂の厳しい風雪に耐えてきたため、歴史を感じる鳥居でした。新しい鳥居も、富士山山頂の象徴として、厳しい環境下で多くの登山者を見守り続けることでしょう。

 

170731_0801_a61

もちろん、みんなで記念撮影します。そして、奥に入り参拝します。

IMGP2808

昨年まで建て替え工事により移転していた富士山頂郵便局も、今年は浅間大社奥宮の横に戻ってきました。中が綺麗になっていました。

IMGP2811

郵便局前には、ポストもあります。

 

IMGP2805

浅間大社奥宮の近くに頂上富士館という山小屋があります。この山小屋は、日本で一番高い宿泊施設で、昨年も利用させていただきました。

女性陣が高山病を発症せず体力にまだ余力あり、明日の早朝の山頂ご来光も考えて、今晩はここに宿泊することにしました。そのまま中に入り、宿泊の受付します。

IMGP2819

山小屋の受付を済ませたところで、剣ヶ峰を目指すことにしました。

IMGP2823

天気予報からは想像できなかった青空が広がっています。

IMGP2826

最後の急勾配となる”馬の背”をゆっくり登ります。

IMGP2827

この馬の背は、以前は非常に滑りやすく転倒しやすい斜面でしたが、工事をしようで(前に登った時にショベルカー入ってましたので)ある程度の砂礫がまかれて、登りやすくなっていました。

IMGP2828

Aさんも、ゆっくり登ってきます。

 

そして、ようやく剣ヶ峰に到着しました!

IMGP2852

剣ヶ峰は標高3776m(厳密には3775.63m)の日本最高地点です。

IMGP2845

 

2017_08_01_58

この”日本最高峰富士山剣ヶ峰”と書かれた石碑の前で、記念撮影です。日本の国旗は、たまたま前に記念撮影されていた方が持ってきていて「どうぞ」と貸してくれました。

富士山と日本の国旗のなんと相性がよいことでしょう。富士山は日本を代表する山であり、雄大で形状も美しく、標高も日本一位であり、雲海広がる美しいご来光が見える場所です。国旗の赤丸は、日の出の赤々と輝く太陽の色を連想させます。この国旗のお陰で、この記念撮影が栄えあるものになったような感じがします。

十分に記念撮影し、その後どうしましょうか、となりました。

 

2017_08_01_60

時刻は14時、山小屋に戻るには少し早い時間です。今回の富士登山では、可能であればお鉢めぐりもする予定です。今日もこれから天候が崩れ落雷の可能性があり、明日は午後から大きく天候が崩れる予報です。

screenshotshare_20170730_201038

今は青空広がる天候でも、お鉢めぐりは約90分もかかり、天候が変わるには十分な時間があります。

うーん、どうしようか、どうしたらよいか・・・・・・・・・・・・結果、このままお鉢めぐりしましょう、となりました。

剣ヶ峰を降り、お鉢を時計回りに歩きはじめます。

IMGP2856

日陰には、残雪が残っています。

 IMGP2858

時間や天候のことを考えると、のんびり歩くことができず、ちょっと急ぎ気味で進みます。

IMGP2861

 

 

IMGP2864

剣ヶ峰から歩くこと約40分、吉田ルートと須走ルートの頂上に到着。

 

  IMGP2862

続々と登山者が登ってきます。

IMGP2866

吉田&須走の頂上は、登山者も多いですが、山小屋が多く活気があります。少し休憩し、富士館目指して歩きます。

IMGP2868

富士館が見えてきました。

 

IMGP2871

無事、好天の中、お鉢めぐりを終えることができました。とはいうものの、ここは山頂、途中で霧が流れて、風と気温低下で寒くてフリースを着ました。防寒対策は欠かせません。

 

関連記事一覧

富士登山 事前トレーニング

富士登山 前日、登山時、登山後

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ