水ヶ塚駐車場からシャトルバスで五合目へ。無事、富士宮ルート登頂

IMGP2600

水ヶ塚駐車場からは、富士山は綺麗に見えました。まるで天気予報からは想像できなかった状況に少し驚いてしまいました。

 

 IMGP2597_2

女性陣たちは、睡眠不足ながら、笑顔が見られます。

IMGP2603

 

IMGP2604

水ヶ塚から富士宮五合目行きの始発のシャトルバスに乗ります。朝6時始発のバスは、乗車人数が多く、1台目は満車になったようで、私達は2台目に乗車しました。

 

P7310572

車内で写真を撮影してみましたが、まるでこれから修学旅行に行くように見えます 笑。

 

IMGP2605

約40分程度乗車して、富士宮口五合目に到着しました。ここから富士山を見上げるとこんな感じです。トイレに寄ってから登山開始です♪

 

IMGP2606

雲が下に見えるのは、富士山ならではです。

IMGP2608

富士宮口五合目は標高が2400mもあり、日本の様々な山の山頂程度の標高になります。

IMGP2609

富士宮ルートは、五合目から六合目までは傾斜が緩やかです。

IMGP2611

六合目に到着です。雲海荘、宝永山荘の2つの山小屋が並んでいます。まだまだ先が長いので、あまり休憩せず足を進めます。

IMGP2616

六合目付近には、高山植物のオンタデの控えめな花がたくさん咲き、登山者達を見守っています。

 

IMGP2618

青空が広がっています。

IMGP2626

彼女達もまだまだ元気です。徐々に新七合目の山小屋が近づいてきました。

IMGP2630

 

IMGP2634

新七合目の御来光山荘です。よく知らないと新七合目の次は八合目か、と勘違いしやすいです。

IMGP2637

富士宮ルートは、火山岩の上を歩きます。

IMGP2643

河原の磨かれた丸い石と違い、凸凹で角が立っています。

IMGP2646

登山道の岩石の隙間から、小さな白い花が力強く咲いています。

 IMGP2650

元祖七合目に到着です。ここは標高3010mもあります。

2017_08_01_20

今回は、それぞれの足に合った登山靴を用意してきてくれました。登山靴は、雨の時、下山時に威力を発揮します。(ご参考:http://fujisan.rash.jp/motimono/shoes.html

 

IMGP2652

女性陣はiphoneで自撮りを楽しめるほど、まだまだ元気です。

IMGP2660

山小屋前のベンチで休憩していると、ガラガラ音とともに下からブルドーザーが上がってきました。

 

IMGP2665

いつのまにか青空が隠れ、白い雲が覆っていました。雲は日差しを和らげてくれるので、遠方の景色はみえないものの、涼しく登りやすいです。

IMGP2666

八合目付近になると、高山病を発症しやすく、あえて歩行スピードを抑えます。

IMGP2671

  IMGP2683

ここは、登山道が細く一人分の幅しかないため、登山者と下山者が多いと渋滞しやすい場所です。

IMGP2695

傾斜が強く、手で岩を掴んで登る箇所もあります。

IMGP2703

八合目の山小屋が近づいてきました。

IMGP2709

徐々に疲れもでてきているので、しっかり休憩します。

IMGP2715

八合目から上は、浅間神社の境内になります。それを象徴する鳥居が設置されています。

IMGP2721

Aさん、笑顔でまだまだ余裕あります。

IMGP2724

Kさんもまだ大丈夫です。

IMGP2725

九合目の万年雪山荘に到着しました。

IMGP2727

隙間なく布団を干してます。

IMGP2728

山小屋前に自動販売機があり、

IMGP2729

富士山プライスです。

IMGP2731

当初の計画では、九合目の山小屋に宿泊予定でしたが、彼女たちが予想以上にまだ余力があること、更には翌日の天候が昼から大きく崩れる予報で、様々な行程を前倒ししたいため、予約をキャンセルさせて頂き、さらに上の小屋で宿泊することにしました。

IMGP2737

流石にここまで来ると、彼女たちの歩みもゆっくりになってきますが、高山病なく、これほど順調に進むとは予想外でした。

 

2017_08_01_37

実は、今回の富士登山は昨年末に購入した一眼レフ(pentax k-70)を持っていきました。登山に一眼レフを持っていくのは、なかなかの荷物になりますが、綺麗な写真を撮って、サイトで使う素材の質も向上させたくて持っていきました。まだ一眼レフ初心者ですが、徐々に使いこなせるようになっていきたいと思います。

 

IMGP2740

九合五勺の胸突山荘(むなつきさんそう)に到着です。胸を突くほど苦しい登り というのが由来と聞いたことがあります。それにしても、新七合目、元祖七合目、九合目、九合五勺と富士登山の初心者に、わかりにくい刻みです。

IMGP2749

てるてる坊主?が入り口にぶら下がっていました。

 

この九合五勺から山頂までは傾斜が強くなるだけでなく、酸素も薄く、登山終盤で体力的にもしんどくなってくるため、この山小屋の前でしっかり休憩するのが、無理なく登頂するためのポイントです。

IMGP2768

しっかり休憩して、女性陣もこの笑顔・・・でもさすがに疲れが見えます。

170731_0801_a40

私もなかなか疲れていますが、彼女たちのペースで登っているお陰で、不思議と余力があります。富士山の場合、いわゆるマイペースのスピードは、少し早いスピードで、後半バテます。途中で高山病になってしまっては、元も子もありません。こんなに遅くていいのかな、まだスピード上げれるよ、くらいのスピードが実は最適な登山スピードなのです。

 

IMGP2776

疲労が見える中、元気に手を降ってくれています。

IMGP2785

富士宮口頂上の鳥居が見えてきましたよー!

IMGP2787

あと、もう少し。

IMGP2797

着きましたー☆

 

170731_0801_a52

続いて、私も鳥居をくぐります。

 

関連記事一覧

富士登山 事前トレーニング

富士登山 前日、登山時、登山後

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ