【2017GW残雪期富士登山】富士宮五合目から八合目へ

17050405_05

もっと雪が少ないかと思っていましたが、登り始めから雪道でした。

17050405_06

見下ろすと、駐車場が徐々に遠のいていきます。

(いっぱい車が止まっていますが、おそらくほとんどが五合目までの観光客の方です)

17050405_07

まずは、六合目を目指します。

17050405_08

六合目にはあっという間に付き、新七合目を目指します。

(補足:この時期は、山小屋は営業していません)

17050405_09

新七合目付近に到着です。

17050405_19

ここで、ガイドの野中さんによる基礎的な雪上歩行訓練が始まりました。

17050405_10

雪山登山の初心者の方でも、ピッケルをどのように使ってよいか感覚的に身につけ、基礎を身につけます。

訓練後、再度登り初めます。

17050405_11

標高があがり、雲海とも離れてきました。

17050405_12

それにしても、天気に恵まれています。

17050405_13

風も穏やかで、登っていると暑いです。

魔法瓶のお湯は飲まず、ペットボトルの冷水で水分補給です。

17050405_14

 

徐々に傾斜が強くなり、雪面も緩んで登りにくくなってきたので、アイゼンを装着します。

17050405_15

 

一歩一歩、山頂へ。

17050405_16

 

富士山南側の雲が晴れて、愛鷹山(あしたかやま)が綺麗に見えます。

17050405_20

 

八合目に到着です。

17050405_17

山小屋は屋根だけ見えている状況です。

標高が上がれば上がるほど、山小屋は雪で埋まっています。

 

八合目まで登ると、はるか遠くに富士山の山頂が見えていきます。

17050405_21

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ