参拝&御朱印買って、頂上富士館でカップめん食べて、剣ヶ峰登頂!

高山病になることなく、富士宮ルートの頂上に到着し、その奥に進むと見えてきました!

 

IMGP4460

 

浅間神社奥宮です(^^)

 

IMGP4467

昨年に比べて、改修工事が進み、隣にあった仮設プレハブの社務所ではなく、神社内に移動していました。

中に入って、感謝を込めて参拝しました(^^)

 

神社内にたくさんのお守りが販売されていて、兄が家族のためにと買っていました。

入口はいって右側に御朱印も販売されていました。

 

富士山浅間神社奥宮 御朱印

富士山頂に御朱印があるとはいままで気が付かなかったです。

兄は御朱印を集めいて、御朱印も買っていきました(^^)

富士山浅間神社 御朱印

 

参拝も終え、さて休憩しようかとなり、近くの峰に登って腰をおろすと・・・

 

IMGP4475

 

・・・兄は寝ました。

 

IMGP4480

天気も良いし、風も穏やか。

下はごつごつ岩だけど、平らな場所選んで、尻マット敷いてザックを枕にすれば、寝床になります 笑。

 

実は、この山頂で登山者が寝ている光景は、好天の富士山ではよく見られます。

周りを見渡すと他にも寝ている登山者多数いて、まるで富士山頂上は疲れた登山者の仮眠所のようです。

 

兄が寝てから30分ほど経過し、私がそろそろお腹がすいてきた(行動食を食べきったため)ので「頂上富士館でラーメンでも食べないかい?」と話しかけ、それじゃいきましょーとなりました。

 

IMGP4474

今回の富士登山は、最初から山頂でラーメンを食べる予定で、行動食も少なめにしていました。

 

吉田ルートの頂上にある山小屋なら、メニューが豊富なのですが、富士宮ルートの頂上にある頂上富士館のメニューを見ると・・・

 

IMGP4482

ラーメンがカップめん(^_^;)

吉田の山小屋には生ラーメンを食べた経験があり(5年くらい前)、それを期待していたのでガッカリ。

でも、お腹すいたし、富士宮の頂上にはこの小屋しかないので、カップラーメン → 量が多そうなカップうどんに変更し、注文することに。

IMGP4481

 

IMGP4483

 

うーーーん、山で食べれば何でもうまい!

割と食べ物には気を使っているので、カップめんとか食べるの相当久しぶり。

ちょっと抵抗あったのですが山で食べれば、全部ご馳走ですね(^^)

 

赤いきつねうどんを食べながら、ふと見ると非常時用のヘルメットが棚に置かれていました。

IMGP4484

噴火対策用なのでしょうか。

もし富士山が噴火して、この頂上の小屋でこのヘルメットでどうにかなるのかな?と思いましたが、”備えあれば憂いなし”ということなのでしょう。

 

お腹が満たされたところで、富士山の頂上の頂上である剣ヶ峰へ。

 

IMGP4466

体力に余裕があれば、ぜんぜん気にもならない道のりですが、今回はいつになく馬の背の傾斜がきつく見えます。

 

でも、1時間弱の休憩で体も回復したのか、わりとすんなり馬の背を登りきりました(^^)

 

剣ヶ峰に到着すると、名物?の剣ヶ峰記念撮影の行列が。

IMGP4487

後ろに並びましたが、みなさんサクサクと撮影を終えて、それほど待ちませんでした(^^)

 

S__1966149

 

今年も、剣ヶ峰まで登れました(^^)

 

IMGP4490

 

S__1966150

 

しかも、今年は兄弟で登頂♪

今までに友人と富士山登ったことは何度もありましたが、兄と登ったのは今回が初めて(^^)

しかも、素晴らしい天気に恵まれました!!!

ありがとう富士山(^-^)

 

剣ヶ峰の登頂&記念撮影を終えて、馬の背を駆け下ります。

IMGP4492

 

そして、御殿場ルートの下山口へ。

 

御殿場ルートの頂上には富士山頂郵便局があります。


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ