富士山 静岡側きょう山開き。雷を伴う激しい雨、台風8号の影響も

最新ニュース情報です。

富士山の静岡県側で10日、山開きが行われ、本格的な夏山シーズンが始まる。3本の登山道のうち、須走ルート(小山町)は全面開通するが、富士宮ルート(富士宮市)は8合目、御殿場ルート(御殿場市)は6合目で入山が規制される。台風8号の影響で東部地区は大雨が予想されており、登山客は注意が必要だ。
 
 
 静岡地方気象台によると、台風の影響で10日午前から雷を伴う激しい雨になる可能性がある。県は予定通り須走を全面開通させるが、山頂の山小屋は16日頃まで休業することになった。共同管理するトイレも15日頃まで使用出来ず、8合5勺の山小屋が最後になる。このため、県は携帯トイレ3000個を用意し、5合目で登山客に配る。裾野署は、水ヶ塚駐車場(裾野市)で行う予定だった山岳遭難防止キャンペーンを中止した。
 
 今年は2月の大雪で例年以上に残雪があり、富士宮、御殿場は10日の開通には間に合わなかった。県は7~8日に両ルートを調査し、富士宮を18日午前9時に開通すると決めたが、御殿場は残雪で山頂付近に近付けないため、開通区間を8合目までとし、引き続きバリケードを設置して入山を規制する。15~16日の再調査を基に開通日を決める。
 
 一方、県は今夏から、登山客で混雑する週末やお盆の29日間、24時間態勢で5合目に調査員を配置し、正確な登山客数を調べる。登山道がある3市町が昨夏(7月1日~8月31日)、5~6合目付近のカウンターで調べた登山客数は13万9783人だったが、濃霧などで誤作動したケースもあったという。
 
 正確な登山客を把握することで、例えば、山頂の混雑が予想される日時をあらかじめ登山客に知らせ、行程をずらしてもらう。登山道の混雑緩和につながるため、ルートから外れて歩く登山客を減らせるという。山梨県の吉田口6合目では1981年から調べているが、静岡では初めてとなる。
 
 各登山道5合目では入山料(富士山保全協力金)の現地徴収が行われる。県は9月10日までの期間中、約7900万円の協力を見込んでいる。登山客には入山料と引き換えに缶バッジとガイドブックが渡される。


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ