2013年の初登山は積雪期の富士宮ルート

2013年度初の富士登山に言ってまいりました(^^)v

 

4月から5月にかけて、どこかで登ろうと計画はしていたものの、

天候が悪かったり、スケジュールが合わなかったりと、なんだかんだでいけてませんでした。

 

今年は積雪期の富士登山はないのかなーと思っていたのですが、たまたま友人に誘われてスケジュールも合ったので、登ることになりました。

 

スケジュールが合って、一緒に登る仲間がいても、最後の最後で登るか登らないか決めるのは天候です。

 

やっぱり、せっかく登ったのに天気悪くて何にも見えないのとか、ちょっと悲しいし。

雨の中登るのとかフツーに大変だし。

 

やっぱり最高に天気良くて山頂からの景色がサイコーに良いのが理想(^^)v

 

数日前から入念に富士山の天気情報をチェック!

 

⇒ 富士登山に挑戦するまえに確認したい天気予報の確認手順

 

自分で作ったページだけど、いやはや凄く便利だ。と自己満足♪

 

事前の天気予報は晴れ!

 

すばらしい!

 

ただ、少し気になる点が・・・それは風速。

 

24日の風速の予報をみてみると、どうやら風速10~20mくらいのようだ。。。

 

うーん、かなり強い。

 

まるで3000m級の厳冬期登山のようだ。

 

ただ、風向きは北北西で、今回登る富士宮ルートとは富士山を挟んだ反対側から吹いてくることになる。

 

おそらく登山中は風の影響が小さいと予測。

 

山頂付近でどうなるかが気がかり。

 

状況によっては途中下山する覚悟でいた。

 

23日の夕方に水ヶ塚公園に到着。

 

明日の登山に備えて早寝しよう・・・と思っていたが、Renと会話が盛り上がり結局寝たのが0時過ぎだったような(^_^;)

 

そして、朝5時頃に起床!

 

天気はなかなか良いようだ。

水ヶ塚公園から見える富士山は少し雲がかかっているが、徐々に雲が晴れているように見える。

 

IMGP8129.jpg

 

 

うーん、それにしても昨年に比べて、今年は雪がかなり少ないなー。

あと、数週間前に来たときよりも雪がかなり少なくなってるなー。

などと思いつつ、朝食を食べて富士宮の五合目まで車で移動することにした。

 

富士宮ルートの五合目に到着すると、それはそれは大量の車がたくさんとまっているのにビックリ!

 

こんな早朝6時から来ている人はきっとほとんど登山者だろう。

 

私達もさっさと準備して登山口へ

 

6:55 五合目を出発!

富士山表口五合目

 

 

 

IMGP8137.jpg

好天に恵まれてお互いに満面の笑み(*^_^*)

 

富士宮ルート5合目から6合目はまったく雪がなく、まるで夏の富士登山のようだった。

 

7:09 六合目到着

 

雲海荘

写真のように山小屋前にまったく雪なく、まるで夏!

ここで少し水分補給と休憩してさらに登る。

 

 

IMGP8147.jpg

 

 

 

IMGP8154.jpg

 

途中でヨガポーズを決めるRen(笑

 

徐々に新七合目の御来光山荘が見えてきた。

 

IMGP8163.jpg

 

ところどころ雪が残っている。

 

8:01 新七合目到着(^^)v

 

IMGP8167.jpg

 

 

この時期の山小屋は当然のように閉店ガラガラです!

言うまでもなく積雪期は基本的に山小屋閉まっていますので、トイレありません

 

この新七合目の小屋から東側にトラバースすると、雪渓があるので、そこを登ることに。

 

IMGP8168.jpg

 

こんな重装備持ってきてるからには、普通の登山道じゃやっぱり退屈でしょ!

ということで、スパッツ(ゲイター)とアイゼン、ピッケルを取り出す。

 

さてさて、雪渓を登りますかーーー!!


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ