富士登山を夏以外禁止!?

  • LINEで送る

最近の夏以外の富士登山を禁止を示唆する記事がでた。

 

 

富士登山を夏以外禁止、静岡県がガイドライン案
国や自治体、有識者などが富士山の課題について話し合う「富士山における適正利用推進協議会」が、安全な富士登山のために「夏山期間以外の登山禁止」と「登山届提出の義務化」を軸とした「富士登山ガイドライン」の検討を始めた。
6月に富士山の世界文化遺産登録が決まれば、登山者が急増することが予想されるため、同協議会は「5月をめどに指針を取りまとめたい」としている。
静岡県によると、富士山では遭難件数が年々増えており、昨年は76人が遭難し、11人が死亡した。このうち、夏山期間以外の遭難は約半数の34人にのぼり、うち死者は10人と、深刻な問題となっている。
こうした状況から、19日に行われた会議で県は、安全を確保できない夏山期間以外の登山禁止や、遭難した場合に速やかに救助するため、「富士山入山届出票」の提出を義務化することなどを盛り込んだガイドラインの素案を提示した。
夏山期間以外の登山に「禁止」という表現を用いたことについて、県の担当者は「夏山以外の登山を禁止する法的根拠はないが、表現を強めた方が、冬の富士山が危険だということを登山者により理解してもらえる」と説明した。
素案に対し、静岡側の山小屋の経営者から「とにかくガイドラインを決めて前に進まないと」という声が出た一方、山梨側からは「冬山のことが中心で、夏山のことも盛り込むべき」(富士吉田市)、「登山届提出は義務、というのは表現が強すぎるのでは」(山梨県警)といった意見も出た。
(2013年3月23日09時58分  読売新聞)

■富士登山を夏以外禁止、静岡県がガイドライン案

 

国や自治体、有識者などが富士山の課題について話し合う「富士山における適正利用推進協議会」が、安全な富士登山のために「夏山期間以外の登山禁止」と「登山届提出の義務化」を軸とした「富士登山ガイドライン」の検討を始めた。

6月に富士山の世界文化遺産登録が決まれば、登山者が急増することが予想されるため、同協議会は「5月をめどに指針を取りまとめたい」としている。

静岡県によると、富士山では遭難件数が年々増えており、昨年は76人が遭難し、11人が死亡した。このうち、夏山期間以外の遭難は約半数の34人にのぼり、うち死者は10人と、深刻な問題となっている。

こうした状況から、19日に行われた会議で県は、安全を確保できない夏山期間以外の登山禁止や、遭難した場合に速やかに救助するため、「富士山入山届出票」の提出を義務化することなどを盛り込んだガイドラインの素案を提示した。

夏山期間以外の登山に「禁止」という表現を用いたことについて、県の担当者は「夏山以外の登山を禁止する法的根拠はないが、表現を強めた方が、冬の富士山が危険だということを登山者により理解してもらえる」と説明した。

素案に対し、静岡側の山小屋の経営者から「とにかくガイドラインを決めて前に進まないと」という声が出た一方、山梨側からは「冬山のことが中心で、夏山のことも盛り込むべき」(富士吉田市)、「登山届提出は義務、というのは表現が強すぎるのでは」(山梨県警)といった意見も出た。

夏以外の富士登山を楽しんでいる私にとっては、とても複雑な思いだ。

確かに、夏以外の富士登山は危険だ。

ただ、富士山の場合は、他の山と違い、本当に準備不足の登山者が積雪期に登っているという現実がある。

どうも、夏のだれでも登れるイメージが夏以外の時期もあるらしい。

それはまったくの勘違いと思う。

夏以外の積雪期に富士山に登ったことある人なら、その厳しさ、ミス一つで命を落とすリスクがあることを身をもって体感していることだろう。

 

夏以外の富士登山について、どうなっていくのかとても気になるところだ。

 

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ