御殿場口新五合目を出発!(Gotemba Trail New 5th Station)

  • LINEで送る

車の中に強烈な朝日が入り込み目が覚めた!

 

富士山の御殿場口新五合目から見える朝日

あ!いかん!!もう6時じゃないか。寝すぎた!

予定では5時30分くらいに登り始める予定だったので、急いで登山の準備をする(^_^;)

 

 

御殿場口新五合目のトイレ

これから4時間はトイレなし!の厳しいルート。

御殿場口登山道新五合目のトイレですべて出し切る!

 

御殿場口新五合目

それにしても、今日も天気は最高た!

ここ数日好天が続いていて、今日も写真のように綺麗な青空と富士山が美しい。

 

御殿場口五合目登山口

6:40 さてさて、ここの鳥居をくぐったら登山開始です。

厳しいといわれている御殿場ルートをがんばって登頂するぞーー!

 

IMGP6343.jpg

 

最初は木々が生い茂っています。

 

IMGP6346.jpg

 

雄大な富士山を目の前にしながら、浅い砂利道を進んでいきます。

 

大石茶屋

 

鳥居をくぐって20分くらいで大石茶屋が見えてきます。

 

IMGP6349.jpg

 

かなり突っ込みどころ満載の看板です(^_^;)

富士山だけはツエが必要 ⇒ 富士山以上に難易度が高くツエが必要となる登山ルートはたくさんありますよ。

金剛杖 ⇒ 登山用のツエとしては、最低レベルです。重い、収納できない、グリップが悪くすべる、手をつかう岩場でじゃまなど。でも焼印押せるのは富士登山用としては魅力ですね。まっ私は使いませんが。。。

 

大石茶屋

 

大石茶屋と富士山の写真。

 

登山道 下山道

大石茶屋を過ぎると約4時間はトイレなし!水分補給なし!の砂礫で覆われた厳しい登山ルートが始まります。

 

登山者カウンター

 

登山者カウンターが設置されています。

今年の御殿場ルートは何人の登山者が訪れるのでしょうか?

 

IMGP6356.jpg

 

ここら辺からは、砂利がすこし深くなってきます。

 

IMGP6359.jpg

 

太陽がビカビカに光っています。

非常にありがたい状況なのですが、サングラスは必須です。

サングラスないとまぶしくてまぶしくて。

富士箱根伊豆国立公園

ここって、富士箱根伊豆国立公園っていうんですね。

なんか周辺の地域の名前を詰め込んだような名前です。

 

 

富士アザミ、フジアザミ

 

道端にわずかながら高山植物が咲いています(^^)

富士アザミ、フジアザミ

 

富士山の植物は詳しくないですが、調べてみると「富士アザミ」という高山植物だそうです。

周囲が砂利の世界なので、花はすごく目立ちます!

登るだけでなく、美しい花を見るのも登山の魅力のひとつですね(^^)

 

IMGP6366.jpg

登山タイミングがほぼ一緒だったマッチョな兄さんに記念写真を撮っていただきました!

富士山と宝永山が綺麗に写ってますね!

マッチョな兄さんに感謝(^^)

 

御殿場ルート

まだまだ山頂が遠いです。

 

富士山双子山

 

見下ろすと双子山が見えてきます。

 

 

IMGP6382.jpg

 

浅い砂利道が続きます。

 

御殿場ルート 標高2000m地点

 

7:40 登山開始から約1時間で標高2000m地点に到着しました!因みにスタート地点の御殿場口新五合目の標高は1440m

標高560m登りました!

でも、他の登山ルートのスタート地点が2000m開始(須走口五合目)なので、まだまだこれからスタートって感じですね。。。

IMGP6384.jpg

 

直射日光が強烈なので、私の影もくっきりと登山道に写ります。

 

御殿場大砂走り

 

左側をみると、御殿場ルートの下山道である大砂走りを爽快に下っている登山者が見えてきます。

砂ぼこりを巻き上げながら、勢いよく下りてますね(^^)

 

 

そしてそろそろおなかが空いてきました!

私の最近のマイブームはこれ!

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ