日差しを浴びて快調に登る!

5:00

下を見下ろすと、それはそれは美しい景色が広がっていました。

 

5:17

ようやく東側から太陽が昇ってきました(^^)

ご来光です。

太陽が昇ると、あっという間に温かい日差しが差し込み、体感温度が上がります♪

撮影者(登山ガイド野中径隆)

 

 

5:19 七合目の山小屋が見えてきました。

7合目に到着後、ザックをおろし小休憩。

食料と水分を補給し、8合目を目指す。

 

 

 

雪面が硬く、足首が疲れてきたので、雪が柔らかいときに付けれられた足跡を階段代わりに利用する。

 

野中さんもまだまだ元気です。

 

6:25 八合目の山小屋が見えてきました。

 

八合目にある鳥居と雪の感じが美しいです。

八合目で、他の登山者を発見(後に出会うSさん)

私たちより速いペースで快調に登っていき、追い越していきました。

撮影者(登山ガイド野中径隆)

八合目で小休憩したあと、九合目を目指します。

7:06 八合目を出発した後、写真をパチリ!

野中さんキマッテマス!!!

 

野中さんにカメラを渡して、私の歩行姿を撮影してもらいました(^^)

いやーーーすごいいい写真ですね!

なんといっても景色がすごく綺麗です!

 

着実に一歩一歩踏み出しながら、山頂目指して登っていくのでした。

 

しばらくして、山頂のほうに目をやると私たちを追い越していった単独の登山者が九合五尺あたりでずーっと立ち止まっています。

もう一つ岩見たいのが見えたので、どうしたのだろうとおもい、デジカメのズームを最大にして写真を撮ってみると・・・

 

んんん?何やってるんだ。

もしかして、あれ岩じゃなくて、もう1人いるのか?

それにしても、どうしたんだろう?

足でも怪我したのかな?

そんなことを野中さんと話しつつ、九合目まで登っていくのでした。

 

7:21 九合目の山小屋に到着!

撮影者(登山ガイド野中径隆)

 

じょじょに傾斜が強くなってきました(^_^;)

ここでこれからに備えて、長めの休憩。

 

野中さんもカステラ片手に満面の笑顔。

さすがプロの登山ガイド!まったく疲れを感じさせません。

 

さてさて、休憩もほどほどにして、山頂を目指します。

 

標高3470m付近で追い越して行った登山者Sさんと、もう1人いました。

私たちがどんどんと登ってその二人に近づくと、登山者Sさんが私たちに向かって手を振ってきました。

 

そして、さらに近づくと信じられない光景を見にするのでした。

・当サイトの「チェコ人・スロバキア人登山者の遭難・救助」関連ページ一覧

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ