冬富士中腹でビバーク、GPSは必須!

太陽も輝いてるな~!

IMGP5154.jpg

 

っと思ったら、だんだん雲行きが怪しくなり・・・

 

IMGP5161.jpg

 

山頂は隠れ、雪が降り始めました。

 

IMGP5165.jpg

ボコボコとしたデブリ(雪崩で落ちて堆積した雪の塊)が沢をうめつくしていました。

 

 

そろそろ12過ぎになり、お腹もすいてきたので長めの休憩をとることにしました。

 

風が少し吹いていたので、ツェルト代わりにもってきたテントのフライシートに包まってみました。

IMGP5171.jpg

 

そうすると、ビックリするくらい中が暖かく、「スゴイあったかーい!」と仲間から大好評(^^)

 

IMGP5166.jpg

こんなナイロン生地一枚でざっくりと覆っただけですが、体感できるほど温かくなりました(^^)

突風で飛ばされないように、レインフライをピッケルで固定し、ゆっくりと食事と水分補給。

 

あ~、登山中の食事って本当にうまい!

 

ゆっくり食事したところでレインフライを撤収しようとしたら・・・「あっすいません!アイゼンで踏んじゃいました。」との報告が(^_^;)

 

レインフライのはじがアイゼンの刃に踏まれて穴開いてしまいました。

 

まあ、雪山登山は刃物だらけですから、しょうがないですね。

 

やはりビバーク(登山やキャンプなどにおいて緊急的に休息や宿泊すること)するならテントのフライシートを使うのではなく、多少穴空いてもいい用のツェルトを容易するのが吉と勉強になりました!

 

あと、やっぱり雪山行くならこれ!

IMGP5175.jpg

GPSですね!

雪山の登るルートにもよりますが、登山道がない場合もありますから、GPSはおすすめです(^^)

 

話は脱線しますが、今年の2月に谷川岳へ行ったときにホワイトアウト(吹雪により視界が真っ白になること)になりまして、死ぬかもと思いました。

 

P2216469.jpg

ホワイトアウトの2月谷川岳・・・今ここどこ?状態に!

ホワイトアウトになると、自分がどこ歩いているかさっぱりわからなくなりますし、視界が弱いので間違って崖を転落する可能性もあります。(このときGPSを中継地点の雪洞に置き忘れてしまいました)

過去の冬富士登山でも、下山ルートがわからなくなり遭難した事故があったはずです。

トレース(足跡)などは雪山では雪が降らなくても、風で簡単に消えますからね。

 

あと、今回スマートフォンも持って行ったのですがスマホはグローブを着けた状態で操作できないので、電波の届く雪山低山ではいいかもしれまんが、森林限界(標高約2500m)を超える雪山高山では専用のGPSを持ったほうがいいと感じました。

 

氷点下の強風が吹き荒れる中でグローブとって素手で操作というのは、雪山経験者ならわかると思いますが非常に苦しいです。

あっという間に手の体温が奪われて、そもそも手がかじかみ動かなくなるはずです。

 

私の所有するガーミンのオレゴン450(garmin oregon450)はグローブをつけた状態でも操作できますし、動作保障温度も動作温度:-20℃~70℃です(^^)

 

う~ん、雪山はホント金かかりますね(^_^;)

 

ちょっと話がそれましたが、その後快調に登っていくのでした。


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ