元旦に富士山に登る人々

知り合いが元旦に富士登山に挑戦し無事に登頂しました。

厳冬期の富士登山と言われても、一般の方にはピンとこないかもしれませんが、登頂の難易度は想像を絶するほど高く、大変危険です。

彼が撮影した写真を何枚か見せてもらいましたが、山の上部はカリカリのアイスバーンです。

スケートリンクのような氷が斜面になっているというところでしょうか。

一度滑り落ちると、数百メートルも滑落し、障害物との接触で体の骨が折れて、全身打撲によりショック死してしまうそうです。

斜面が凍り付いた富士山の上部付近に雪が降っても、強風により吹き飛ぶため常にカリカリの氷の斜面。

冬の富士山は風速10m以上は吹いているそうですから、足場が悪いなかの登山はまったくいが抜けないことでしょう。

そのような厳しい環境でも山頂を目指して登る人がいます。

ちなみにみごと元旦に富士山登頂した彼に

『他に何人ぐらいの登山者がいたんですか?』

と質問したところ、

『え~っと、13人くらいいましたね。
ただ、ほとんど外人でしたけどね。
この時期に普通の登山者はこないですから、もしかすると、名の知れた登山家かもしれませんね。』

といっていました。

それと、

『この時期に富士山に登るということは、命を削っている感じです。』

と言っていたのが印象的でした。

 

私も、今年は積雪期に富士山に登る予定ですが(昨年は悪天候で2度ほど断念)天候の安定しやすい4月か5月に登ります。

天候は、運ですね(^_^;)


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ