御殿場口の大砂走りを駆け下り1合目に到着

6時ごろに起床して朝ごはんを食べる。

昨晩はカレーを食べ過ぎてしまい、かなり寝苦しかった。

お腹がすいているからといって、食べすぎは禁物だとしみじみ感じた。

 

07:26 御殿場口7号5勺の砂走館を出発

今日は天気がいい!

やっぱり登山は晴れがサイコーです。

 

約20ほど下りたところから、本日のメインディッシュである大砂走りが始まります。

2~3時間かけて登った標高を、あっというまの1時間で下りられる砂利の下山道です。

 

大砂走りは、砂利の深い道です。

 

砂利が下山時に足にかかる衝撃をやわらげてくれるので、すばやく下山することが出来ます。

↓↓↓

 

 

09:24 旧2号8勺(御殿場口下山道と須山口下山道の分岐点)に到着

ここが御殿場口の下山道と須山口の下山道の分岐ポイントです。

 

 

分岐点後の須山口の下山道は、トレース(足跡)があまりありません。

標柱がある間隔で立てられているので、それを目印に進んでいきます。

濃霧が発生した場合は、標柱が見えなくなるので遭難する危険性があります。

登山初心者は要注意です。

 

少し進むと、そこには花畑が広がっていました。

 

 

 

 

 

たくさんの高山植物の花々が咲いていました。

さわやかで涼しい風を浴びながら、花々を眺めるのはとても癒されます。

 

しばらく歩いていると、鹿の群れを発見しました。

じ~っとこちらを見ていて、様子を伺っているようです。

 

 

お花畑を過ぎて、樹林帯へ入ります。

樹林帯に入ると、風が無くなり湿度が高くなりました。

 

 

途中でメンバーからもらったお菓子です。

とても美味しかった。

 

 

11:23 須山口下山道1合5勺に到着

 

しばらく下ったところで、御胎内(おたいない)に到着。

せっかくきたので、お参りしました。(洞窟内が暗くて、ちょっと怖かった。。。)

 

13:04 須山口1合目に無事到着

1合目からの富士登山、達成しました!!!

やっぱり5合目からとぜんぜん違い、富士山の緑の自然を満喫できるのがとても良かったです。

天気が良かったり、悪かったりと変化して、そのたびに着たり脱いだり面倒でしたが、そんな変化も含めて富士山の1合目から無事登頂し、下山できたのはとても良かったです(^^)

富士山を1度登った方には、1合目からの富士登山をぜひオススメします!

ただし、初心者の方は、注意しないとたぶん樹林帯で遭難すると思うので、ツアーに参加することを強くオススメします。

 

★オススメの須山口1合目からの富士登山ツアーはこちら ⇒ 1合目からの富士登山~イチフジ~

 

■今回の1合目からの登山の感想

・2泊3日とゆったりスケジュールだったので、とても快適に楽しめた。

・富士山の天気は変わりやすい。ちゃんとした服装、装備の準備は必須

・1合目からの登山は、5合目からと違い、樹林帯の分岐点が多く遭難リスクあり。

・須山口下山道の花畑がとても綺麗だった。

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ