想像を絶する超強風の山頂

風が強く、気温も約8℃と低いため、全身ほぼ厳冬期の冬山登山と同じ服装を身にまとい、準備万端で剣ヶ峰を目指してお鉢めぐりをしようとして、少し進んだら・・・とんでもない光景が迫っていたのでした。

                   ↓↓↓

 

猛烈な風でしたね。

私も友人も、少しは登山経験があるのですが、

過去最高でした。

さすがに身の危険を感じました。

 

それにしても、自然ってすごいですね。いや、時期はずれの6月の富士山がすごいのか。。。

あれだけ猛烈なスピードでに霧(雲)が移動するのはもう、すごいの一言です。

 

いくら登山道が広くて歩きやすいとはいえ、下手に転んだり、石や氷の塊が風にのって飛んできたら・・・

しかも、ガスが濃くて視界も悪い。

この状況で 剣ヶ峰を目指すか否か、ちょっとだけ迷いましたが、

『生きてこそ登山』

ということで、友人と2人仲良く下山することになりました(^^)

 

それにしても、あの光景は一生忘れないでしょう。

尋常じゃないですからね。

 

そんな、すごいものを見せてくれた富士山に感謝しつつ、下山するのでした。 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ