登山には非常に多くの危険が存在。最低限の装備は必要。

登山というのは非常に多くの危険が存在しているものだと思います。

人里離れた山奥へ入るということは、ある程度想定できる危険に対処できるように準備するということがとても大事であると感じています。

初心者だからといって、悪天候がよくなったりすることも、急峻な坂道がゆるやかになることもありません。

あそこから人が歩いてきたから、その道を進めば・・・という理由で地図を確認せず山道に入り、遭難しかけたという話もよく聞きます。

登山をすればするほどにそれ相応の知識と準備がとても大切と感じています。


八ヶ岳やアルプスの登山者は、それ相応の準備をされているように感じますが、
富士登山においては、本当に知識不足、準備不足の方々が多くてビックリします。

いままでの富士登山で、

寒さで身動きがとれなくなった方

大雨の中で雨具をもたずに登る人

なぜかヒールで登る女性

体がよろけるほど強風なのにポンチョを凧みたいに広げて登る親子(子供がかわいそう)

など、とても信じられないような服装・装備で富士山を登る人を毎年見かけます。

昔と違い、今の登山装備はとても高性能で進化しています。

できるだけ多くの人に富士登山を快適・安全に楽しんでいただきたと強く願う今日この頃です。


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ