エントラントとダーミザクスとゴアテックス

登山用の雨具(レインウェア・カッパ)には防水透湿性素材が使われています。

とってもポピュラーなのがゴアテックス。

それ以外にも多くの防水透湿性素材があります。

防水透湿性に関してとても参考になる記事を発見したのでご紹介します。

 

東レが開発したダーミザクス(Dermizax)という防水透湿性素材について詳細に書かれています。

 

この記事を読んで、Dermizax EVを試しに使ってみたいと思いました。

 

それとこの記事がとても面白いです。

————

たとえば気温10度Cのとき、外側の布が濡れて水の膜ができた状態だと湿度は100%。そのときの水蒸気分圧は9.21mmHgになるという。身体側が気温30度Cで湿度50%だったとすると、こちらの水蒸気分圧は15.91mmHgとなる。水蒸気は内側から外側へと抜けていく。

もちろん、外側に水の膜がなければ湿度はうんと下がるので、水蒸気の抜ける効率はずっとよくなる。透湿機能を高めるために撥水機能を回復するのは有効なのだ。

————

水蒸気が外に出るか中に入るかは、湿度だけでなく、温度と湿度による水蒸気分圧によって決まるということですね(^^)


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ