高山病の頭痛薬はタイレノールがおすすめ!?

この前、登山の講習会で講師の方から聞いたのですが、

「高山病の頭痛対策の薬はタイレノール がいいよ。水が無くても飲めるしね!」

と言われました。

高山病を発症した場合の解決法は、一般的には下山するしかありません。

ただ、軽い頭痛程度の場合はアスピリン系(バファリン)やイブプロフェン系(イブ)、アセトアミノフェン系(タイレノール)などの鎮痛解熱剤が良いそうです。

またアスピリン系やイブプロフェン系などの非ステロイド系の頭痛薬は薬がきついため胃腸が弱い方などは、吐き気があるときはアセトアミノフェン系が適しているそうです。

高山病では吐き気がでるときもあるので、もし事前準備するならアセトアミノフェン系(タイレノール)がいいそうです。

多少調べたところ、山岳会で高山病対策としてタイレノールを推奨しているところもあるようです。

ぜひ参考にしてみてください。

★ タイレノールの口コミ・実売価格はこちら(楽天)

 

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ