悩みに悩んだ末に登山靴を購入!その靴は・・・

休みを利用して、1日中登山靴を探しまくった。

 

好日山荘やカモシカスポーツなど、有名どころのアウトドアショップに足を運んだ。

特にカモシカスポーツでは、また何足か履かせていただいた。

試着した靴は、

LOWA(ローバー)タホー GTX

SCARPA(スカルパ) ミラージュGTX

の2点。

タホーは足に合って歩きやすかった。

ミラージュは私のサイズが無くて、良いか悪いかも判断できなかった。

 

なんだか、スッキリしない。

これだ!というものがなんか見つからない。

結局購入することは無く、また好日山荘に行く。

 

以前試着したSIRIO(シリオ)  PF662-GTX を再度試着してみる。

う~ん、確かに履きやすいし、値段もまあまあだが、デザインがあまり気に入らない。

履きやすいのだが、なんだがしっくりこない。

 

装備の中で、登山靴だけは妥協したくない

なぜなら登山靴は、登山装備の中でもとても重要だから。

もし、足に合わなかったりすると靴擦れや足のつま先が当たったりする。

そうなると、せっかくの楽しい登山が一瞬にして苦行になってしまう。

 

そして、値段が高い。

あまり登山しない人なら1~2万くらいのハイキングシューズでも良いが、私が今回購入したいのは夏山の縦走はもちろん、冬の低山や残雪期の登山にも対応できる(軽アイゼンが付けられる)登山靴。

このクラスになると値段が3~4万ととても高価

「買ったけど自分の足には合いませんでした。残念!」となりたくない。

どうせ買うなら120%満足したものを購入したい。

 

 

そして、好日山荘を後にしてついに最終手段をとる。

 

それは、

——————————

神田にある、さかいやスポーツ に行く

——————————

もう、ここでしっくりくるものが無ければ、今回購入するのはあきらめよう と思っていた。

 

2時間くらいかけて、ようやくさかいやスポーツのシューズ館に到着。

さっそく店内入る。

さすがに品揃えが豊富だ!

気軽に履けるハイキングシューズから、厳冬期の冬山で使うマウンテンシューズまでかなりの品揃え。

 

入り口付近に広がるハイキングシューズエリアを通り抜けて、トレッキングシューズ売り場へ。

かなりの品揃えだ。

今までいったどの店よりもシューズがそろっている。

そこで、とある靴が目にとまった。

DOLOMITE(ドロミテ) バレス(Valles) ヌバックGTX

 ・ DOLOMITE(ドロミテ) バレス ヌバックGTX

良質の厚手ヌバックレザーをアッパーに採用し、ライニングにはゴアテックス・ブーティを使用。軽量ながら硬めのソールを備え、ハードなトレッキングや3季の登山に活躍するレザーブーツ。
しっかりとした足首のサポートとビブラムソールで、本格ルートの足元を支えます。
本場イタリー製の仕上げで愛着をもって長く使えます。

アッパー素材:ヌバックレザー(2-2.2mm)
ライニング:Gore-Tex
インソール:ナイロン(3mm)
アウトソール:Vibramソール#1206
重量:720g(UK8 1/2足)
カラー:ダークブラウン
Valles NBK GTX Made in Itary

—————————————————-

なになに、定価 46,200円 (税込)  →  34,650円 の25%OFF。

これはお買い得だ。

しかも、アッパーがレザーでカッコイイ。

重さも720gと軽量。

すぐさま定員さんに自分のサイズがあるか聞いてみると、あるとのこと。

とりあえず試着してみることにする。

 

足を入れて紐を締めて・・・

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

ついにきました!私にピッタリの靴が!!!

この靴はまさに私のオーダーメイドのような登山靴です(涙)

かかとが細く、甲は幅広だけどが厚さは薄い(店員さんに言われた) という私の足にピッタリ!

スカルパのように狭くもなく、シリオのように足の甲の部分がぶかぶかに余らない。

他店で試着すること10足以上。(好日山荘のスタッフさん、カモシカスポーツのスタッフさん、いろいろお世話になったのに購入できなくてごめんなさい)

ついに、ついにきました!

スーパーフィート トリムグリーンという超有名なインナーソールがありますが、それなしでもそれに近い履き心地です。

そして、もちろんイタリア製!作りが中国産と違います。

(※時間に余裕がありば、中国製の登山靴(1~2万円)とイタリアなどのヨーロッパ製の登山靴(2万~)を履き比べてください。もちろん足に合うことが前提ですが、そのフィット感と履きやすさの違いを感じるでしょう。あるショップの店員さんが「中国製はアルバイトが作ったような靴。靴職人が作ったイタリア製の靴と違って当然。」と言っていました。別のショップの店員さんは「登山靴の性能は完全に値段に比例する。」と言い切ってました。)

 

しかもこの靴は、理想に掲げていた条件をほぼ満たしています。

・デザインが落ち着いたダーク系で普段履きにも使える

・もちろん足にフィットする

・夏の縦走、残雪期の登山、冬の低山に使える

・できれば軽い布製がいい → これは720gと軽いから問題なし。

 

さらに、

・この履き心地と性能にしては安い!

・アッパーがヌバックレザーなので傷が目立ちにくい

・8本爪くらいまでのアイゼンなら大丈夫

・当然だがVibram(ビブラム)ソール

 

店員さんからの補足として

・ソールにポリウレタンを使用しているので3~5年ぐらいででソールは張り替えてください。

 ソール張替えは1万円くらいで、2~3週間程度かかります。

・皮を使用しているのでお手入れしてください。

 

 

ということで、即決で購入しました。

DOLOMITE(ドロミテ) バレス(Valles) ヌバックGTX

DOLOMITE(ドロミテ) バレス(Valles) ビブラムソール

MADE IN ITALY

 

なんだか素敵な登山靴に出会えて感動しました。

 

貴重な2日休日を靴選びに費やしたかいがありました。

 

あとは実践で活躍するだけですね♪

 

前の記事 『 登山靴の履き比べ-hanwag(ハンワグ)、SCARPA(スカルパ)、SIRIO(シリオ)など 』 はこちら


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ