大沢崩れ

富士山の西側に ”大沢崩れ” という崖崩れがあります。

テレビで放送されていたので、情報を掲載したいとおもいます。

 

〇大沢崩れの基本データ

・場所 : 富士山の西側斜面

・長さ : 2.1km

・幅 : 500m 

・深さ : 150m 

 

〇大沢崩れの特徴  

・日本最大の崖崩れ

・一年中崩れている(今も)

・崩れ始めたのは約1000年前

・富士山山頂付近の永久凍土が少なくなり、崩れやすい状況になっている

 

テレビで大沢崩れの映像を見たのですが、ものすごくえぐられていて驚きました。

しかも、地球温暖化の影響もあって永久凍土が少なくなって崩れやすい状況とのこと。

1976年の富士山は、標高3200m以上が 永久凍土だったそうです。

ところが今の富士山は、永久凍土が山頂付近だけの状況になっているそうです。

 

現在進行形の崖崩れで大変危険なので、立ち入り禁止になっているそうです。

まあ、岩石がゴロゴロ転がってくるところに行く人はいないと思いますけど。。。


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ