甘く見たら危険です 遭難25件、目立つ軽装者

毎年富士登山では信じられないくらいの軽装者がいます。

———————————-

 富士山で遭難事故が相次いでいる。日本一高い山とあって海外からの観光客も多く、Tシャツに短パンなどの軽装で挑む登山者も少なくない。だが、昨夏には低体温症で東京都の男性が死亡するなど、夏の富士山といえども時に牙をむく。県警は「万全の準備をすれば防げる事故が多い」と注意を呼びかけている。

 県警地域課によると、今年の富士山での遭難事故は15日までに25件。2人が死亡、13人がけがをしている。昨年1年間で41件と過去最悪だったペースに迫っている。山梨県の富士吉田登山道でも、7月31日と8月12日にそれぞれ男性が突然倒れて死亡した。

 県内での山岳遭難は転倒したり道に迷ったりするケースが多いが、富士山の場合は、サンダルやTシャツ姿などの軽装による疲労などが目立つ。25件の遭難のうち24件は県外の登山者で、さらにこのうち6件は米国人や中国人などの外国人観光客だった。

 7月27日に遭難した米国人4人はいずれもスニーカーにジーンズという格好で登山。体調を崩し動けなくなり、新6合目付近で救出された後、「せっかく日本に来たから思い出をつくりたかった」などと話した。7月上旬には東京都の20代男性が「電車から見てきれいだったので」と、懐中電灯も持たずに富士山に登り、午後10時前に8合目付近で「暗くなって道がわからない。怖いので助けてほしい」と救助を求めた。

 県山岳連盟によると、標高が100メートル高くなるごとに気温は0.6度ずつ低くなる。地上が30度でも、標高3776メートルの富士山頂では初冬の気温になるという。また、風速1メートルの風が吹くと体感温度は1度低く感じるという。

 県観光局によると、夏季(7、8月)の富士山の登山者数は、2006年から増加傾向にあり、08年夏は過去最高の約43万人、昨夏は約36万人に上った。若者が多いのが特徴で、登山グッズなどを販売するアウトドアショップ「スウェン」の担当者は「最近は20、30代の若い客が登山服を購入するのが目立っている」という。

 遭難件数も増え続けており、県警地域課の浅野守次長は「富士山を知らないまま登山する人も多い。必要な準備や計画を整えて万全な体調で臨んでほしい」と話す

———————————-


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ