②北岳登山に行ってきました。

3、北岳山頂に到着後、決死の下山。

朝に肩の小屋を出発し、北岳山頂を目指す。

登山道があるのかないのかわからないような、岩の坂を登っていると山頂に到着!

 

 ついたど~~~!

でも景色はまったく見えず、霧の中。

 

記念撮影もそこそこにして、下山を開始する。

八本歯ノコルから下山した。

 超急な木の階段をひたすら下りる。

こんな階段が何本もあった。

たまに木が崩れていることもあり、慎重に下った。

 

そして、その先には・・・

 巨大な雪渓。。。

登山道が雪で埋まってます。

 

写真ではなかなかわからないかもしれないですが、この斜面はかなり急です。

アイゼンなしのトレッキングポールのみでとりあえず進むが、

とにかく滑る。

雪といっても小さな氷が集まったじゃりじゃりした雪なので、足を置いても足場がすぐに崩れる。

万が一、ここを滑り落ちると何百メーターも滑落することになり、大変危険。

しかもところどころ雪渓に穴が開いていて、その穴の中には雪解け水の滝があり、そこに落ちると非常に高い確率で命を落とす。

全身系を集中して、足場を確保し、トレッキングポールを雪に突き刺して滑らないようにゆっくり下山する。

 

しばらくすると、霧が晴れてきて急に緑豊かな視界が広がった。

 

この景色はとても神秘的で感動した!

しばらくぼーっと見とれた。

再度、落石に注意しながら必死に下山する。

 

何とか、雪渓を過ぎて二股に到着。 

ここからは通常の下山道なので、安心して下山していたが、

 川の増水により、登山道にまで水が浸入してました。

 

ひざを痛みを我慢しつつ下山していると・・・

橋が崩壊!!! 

これどうやって進もうかと模索していたら、身軽な仲間が崩壊した橋の上をなんとか渡りきった。

そして、ザックから30mロープを取り出して

 このように安全を確保しながら、残り2人も渡りきった。

その後、何度も川の増水による障害を受けるが、なんとか無事に下山できました。

 

みんな怪我なく無事に帰還できてよかった(^_^;)

登山口からは、降りてきた雪渓を眺めることができました。

「よくあんな急な雪の斜面を無事に降りてきたな」とつくづく思ったのでありました。

 

☆今回の北岳登山の教訓!

・7月の北岳でもアイゼンはもって行こう!

・北岳の登山道は迷いやすい。地図&コンパスは必須。GPSがあればなお可。

・2人以上での登山がベスト。滑落する危険性の高い場所があり、1人で遭難や滑落すると捜索不可能に!

・梅雨時期の北岳は増水で難易度上昇。しかも景色はまったく見えない。

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ