タオル・手ぬぐいは汗ふき用・日焼け対策・防寒対策にもなる実用的な装備

  • LINEで送る

タオル・手ぬぐいは汗ふき用・日焼け対策・防寒対策にもなる実用的な装備です。

さまざまな登山シーンで活躍します。

 

首の日焼け止め対策

好天の場合、富士山の日差しは非常に強いです。

太陽が真上にある時刻の場合、つばの大きなハットをかぶっていれば、それだけで首の日焼け防止効果がありますが、早朝や夕暮れ時など日光が横から差し込んでくる時間帯は、首に日差しがあたります。

IMGP6584

富士山 御殿場ルート7合目の朝6:40で撮影した写真

この時間帯は、昼間に比べると紫外線は少なくなっていますが、気になる方は何かしら首に巻いておくと良いでしょう。

 

 

汗ふきに

首にタオルか手ぬぐいを巻いて登られている方はよく見かけます。

suyama-1311

グループで登った時の写真 5人中4人がタオルを首に巻いています

顔から汗がにじんできたら、首元のタオルでサッと汗を拭けるので、とても便利です。

手ぬぐい

温泉タオルのようなものでも良いですが、日本伝統の手ぬぐいは薄くて乾きが非常に早く肌触りもなかなか、さらには収納時もコンパクトでおすすめです(^^♪

suyama-3501

薄いので、頭のからかぶせて、帽子をかぶれば首元の日焼け予防になりますし、首元に風が入るので蒸れにくいです。(見た目はいまいちですが実用的)

「手ぬぐい」売れ筋・人気ランキング

価格が手ごろで色柄が豊富です。

 

ご来光時の防寒対策

ご来光の時間帯の富士山の山頂付近は、夏でも1ケタ台の気温で、風が強く非常に寒いことも多いです。

fujisan_temp2016_2

これは2016年の7~9月の気象庁の富士山山頂の観測データです。赤く囲んだ部分を見ると最低気温の平均は0℃前後だとわかります。(気象庁ページはこちら

日の出が始まるご来光の時間は、ほぼ最低気温の時間帯で、そんな中じーーーーっとゆっくりと上昇する太陽を数十分にわたってみていると・・・非常に寒いです!

首は皮下脂肪が少なく、体の中で熱が奪われやすい部分ですから、タオルやネックウォーマーを首元に巻くことで多少は暖かくなります。(それでも寒いです)

 

その他の出番

手が汚れたら拭くのに使ったり、山小屋で寝るときにヘッドライトの光が目に入らないように覆うのに使ったり、下山後の温泉にも使えます。

また、登山中に鼻水が出る時は、首元に巻いて、手ぬぐいで鼻をかむこともあります。(行動中にすぐに鼻かめるので便利、天気良ければ水分蒸発しペリペリに)

タオルや手ぬぐいは何かと便利なので、1枚はぜひ持って行きましょう(^^♪

 

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ