ヘッドライト(ヘッドランプ)は必須

日中の日帰り富士登山でも、ご来光の富士登山でも、ヘッドライト(ヘッドランプ)を必ず用意しましょう。

(※懐中電灯のような手で持つ照明は、片手がふさがってしまうため登山には不向きです。)

headlight.jpg

最近販売されているヘッドライトは昔のような豆電球ではなく、LEDのものがほとんどです。

LEDはとても明るくて新品の電池をセットしたら数十時間も光り続けるくらい長寿命です。

 

ご来光を見るための夜間登山でヘッドライトが必須なのは言うまでもないですが、日中の日帰り登山でもヘッドライトを持っていたほうが良いです。

以前、私の友人たちがヘッドライトを持たずに日帰りの予定で早朝に出発したのですが、予定よりも時間がかかってしまい下山するころには薄暗くなってしまって

「だんだん暗くなってきて、本当にあせったよ。薄暗くなる中で仲間同士で一言も言葉を交わす余裕も無くて、ただただ急いで下山したよ。」

といっていました。

夜の富士山を照明なしで登山するのはほぼ不可能ですからね。

(真っ暗の中で恐くて足を前に出すことができません。。。)

 

富士山に限らず、登山にはアクシデントが付き物です。ヘッドライトはかならず準備しましょう。

 

ヘッドライトを選ぶときのポイントは、雨がふってもしっかりと動作する防水性のあるものを選ぶのがポイントです。

 

それと、予備の電池を持っていった方が良いでしょう。

ザックの中に入れておいたら勝手にスイッチが入ってしまい、いざ使おうとしたときに電池が切れてしまったり、電池が残り少なくなってしまいいつ光りが消えるかわからない状況になってしまうことも考えられまから。

 

ヘッドライト(ヘッドランプ)のまとめ

・夜行登山はもちろん、日中の富士登山でも必ずヘッドライトを準備する

・雨が降ってもしっかりと動作する防水性のあるヘッドライトを準備する

・予備の電池も用意する

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ