高山病について

富士山の登山で高山病は発症するのか?

私は何度か友人と登頂しましたが、だいたい1/3の確立で仲間が高山病になっていたようです。

「頭がいたい・・・」「寒気がとまらない・・・」などなど本当に辛そうでした。

冗談抜きで、この状態で本当に下山できるのだろうかとおもってしまうくらい辛そうでした。

 

高山病になる確率が1/3とは、かなり高い確率ですよね。(私の仲間がたまたまそうなっただけかもしれませんが)

実は私は高山病になったことが無いのですが、登る前にちょっと不安になります。

 

◆高山病の原因

高山病とは、標高が高くなるにつれて気圧が低くなり、それに伴って空気中の酸素が少なくなり体の各組織で酸素が欠乏状態になったり、気圧の低下に乾燥して体の水分が欠乏することが原因だそうです。

高山病の症状は、頭痛や吐き気などです。

私の友人は下山途中に頭痛になりましたが、動けなくなるくらいの激痛だったため、牛歩での下山を余儀なくされました。

 

◆高山病の予防方法

高山病の原因が気圧の変化による酸素の欠乏と体の乾燥のため予防方法は

・気圧の変化に体がなれるようなゆっくりとしたスピードで登山や下山をする

・まめな給水をする

の2つになります。

 

◆もし高山病になったら・・・

登山の途中で高山病になった場合、さらに登ると症状が悪化します。

私の友人を見ていてもそうでした。8合目くらいで具合が悪いといい始めて、9合目くらいで唇が真っ青になって瀕死の状態になってしまっていました。

自分が高山病になったかも?とおもったら、仲間にその状態を伝えてそこから下山してもよいとおもいます。

高山病の特徴として、下山したら魔法のように症状が消えることです。

高山病になって辛い思いをして、「もう富士山に登らない」となるよりは、またチャレンジして良い思い出にしたいものです。

 

 

 

 

 


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ