下山時に、さらに1人が高山病に

  • LINEで送る

吉田口(河口湖口)の下山道は、砂利道でとても下りやすい。

勢いよく下っていたら友人の1人が「あたまが割れそうだ・・・」といい始めた。

高山病を発症してしまった。

私を含めた4人のうち2人が高山病になってしまった。

 

しかも、その友人の頭痛はひどいらしく、まったく動けなくなってしまった。

いつも明るい友人から完全に笑顔が消えて、とても苦しい表情に。

励まそうと、私が冗談を言ったら

「俺そんなに余裕ないから。」

と真顔で返される始末。

 

横になって休んでいても、友人の高山病はまったく改善しない様子。

ずっと留まっていてもどうしようもないので、なんとか動いてもらう。

 

吉田口(河口湖口)の下山道はジグザグに折り返しているのだが、その折り返し地点で毎度小休憩しながら下山した。

 

途中で、吉田口(河口湖口)の下山道と須走口の下山道との分岐点が現れる。

 

高山病の患者を2人抱えながらの下山にはとても時間がかかった。

結局、5合目に到着したのが11:40。

頂上から下山を開始したのが6:10だったので、下山に5時間30分もかかった。

 

その後、みんなで近くの温泉に直行。

温泉の休憩所で、「頭痛はよくなった?」と聞いたところ

「あれっ、そういえばぜんぜん痛くないわ。治ったみたい。」

あれほど苦しんでいたのがうそのよう。

高山病は下山すると完治するようだ!

 

 

  • LINEで送る


motimonolist_pdf.gif

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧

☆・・・必ず必要な装備
○・・・できれば用意したい装備
△・・・あれば便利な装備

  • 富士山を快適に楽しく登るための登山装備・登山道具
  • 富士登山の服装・持ち物・装備リスト一覧
  • 富士登山ルートの比較と人気ランキング!
  • 富士登山ルート地図・マップのダウンロード
  • 高山病の症状、予防と対策
  • 富士山の天気予報(雷・強風・雨)確認手順
  • 【冬富士登山 厳冬期】生死の境界線 元旦に冬富士山頂を目指す人
  • 【冬富士登山遭難】九合五尺付近で滑落しそうな遭難者を発見・救助
サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ