最新情報

過去に何度も富士山やそれ以外の山々に登った経験を元に、これから富士登山に挑戦する方々に役立つ服装・装備・持ち物を中心にまとめてみました。富士山は近年訪れる登山者が非常に多くなってきています。毎年のように富士山に登って感じるのは富士山は独立峰で周囲に視界を妨げる山がないため、天気が良ければ8合目ぐらいからの眺めには圧倒的な解放感があって最高です!ただ、決して楽な登山ではありません。標高が3776mと非常に高く、周囲に木が生えていないため、天候があれると予想以上に危険な状況に陥ることも少なくありません。そこで、富士登山のためにここで紹介する服装・装備・持ち物を参考にしていただければ、より安全で快適に富士山を登頂するお役にたてるかと思います。

2018年登山シーズン終了、登山道が閉鎖

約2ヶ月続いた、夏の富士登山シーズンが終了しました。 富士登山オフィシャルサイトによると、下記登山道は閉鎖されたようです。 吉田、須走、御殿場:5合目~山頂 富士宮:6合目~山頂 山頂(お鉢めぐり)   山小屋が順次閉鎖され、トイレも使えなくなってし・・・

強風で下山できず 富士山の誘導員の男性死亡(笠雲発生時)

以下、ニュース記事より抜粋です。 28日、富士山で安全誘導員の71歳の男性が、台風の強い風の影響で下山できなくなり、警察と消防に救助されましたが、低体温症のため死亡しました。 静岡県などによりますと、28日午後1時半ごろ、県の委託を受けた富士山の安全誘導員の男・・・

日本三大清流、名水百選、湧水量日本一の柿田川湧水群へ

IMGP6513

1泊2日の須走ルートの富士登山を終え、ずっと前から行ってみたかった富士山の湧水が大量に湧き出る柿田川公園へ行ってきました☆   アクセス・駐車場   駐車場があります。(普通車/50台,1回200円) 富士山の湧水が湧き出る場所は多数ありま・・・

須走ルート下山道:八合目の分岐-砂走り-砂払い五合目-須走口五合目

須走ルート下山道:砂走り-砂払い五合目

八合目の下江戸屋分岐から先の須走ルート下山道は、下山者数がぐっと少なくなります。(吉田ルートの方が利用者が多いため) 八合目から本七合目の見晴館まではほぼ登山道と下山道が同じのため、少し下りにくいです。 転ばないように、慎重に。 見晴館から先は、一部を除き登山・・・

須走・吉田ルート下山道:山頂から八合目の下江戸屋分岐へ

須走・吉田ルート下山道:山頂から本八合目の下江戸屋分岐へ

富士山山頂での滞在を終え、須走ルートを下山します。 山頂から下山道を見ると、ジグザグの下山道が見えます。   須走・吉田ルートの頂上、久須志神社と山小屋が並ぶ場所は少し離れた場所からみると、空中都市のマチュピチュを連想させます。   早朝は・・・

2018富士山の山頂のご来光

2018富士山の山頂のご来光

  ご来光がよく見える場所に到着。 とりあえず荷物を置き、カメラの撮影準備をします。     まだ日は出ていませんが、空が明るくなってきます。 多くの登山者が待ちわびた瞬間がまもなく始まります。   薄暗く広がる雲海。 ・・・

久須志神社から浅間大社奥宮と剣ヶ峰へ。頂上富士館で宿泊。

剣ヶ峰、気象観測所、富士山頂上お鉢めぐり

これから久須志神社から時計回りに半周した浅間大社奥宮と頂上富士館へ移動します。 久須志神社。 久須志神社から時計回りにしばらく歩くと、須走口下山道(途中まで吉田も同じ)があります。 富士山の火口です。 お鉢めぐりの道は、緩やかな傾斜が多く、ある程度余力があるな・・・

須走・吉田ルート登山道:九合目へから頂上へ

須走・吉田ルート登山道:九合目へから頂上

  須走・吉田ルート登山道の九合目を通過します。 見上げると、ルート頂上がだいぶ近づいてきているのを感じます。 九合目ぐらいになると、ほとんどの方が疲労でスピードが落ちます。 頻繁に休憩しながら登る感じです。 富士山山頂まで200mの看板。 あと、2・・・

須走・吉田ルート登山道:本八合目へから九合目へ

須走・吉田ルート登山道:本八合目へから九合目

本八合目の胸突江戸屋(上江戸屋)とトモエ館の間を登っていきます。 須走ルートと吉田ルートの登山者が共に登る道ですが、ある程度道幅があります。 路面状況はこんな感じです。   見下ろすと、登山道がとても蛇行しているのが、よくわかります。   ・・・

須走ルート登山道:八合目へから本八合目へ

富士山ホテル

下江戸屋の前と通過すると、すぐに下山道の分岐点が現れる。 上から、続々と吉田ルート&須走ルートの下山者が下りてきます。 砂埃がすごいですね。。。 須走ルートの登山道は、ここを少し登って、右側を上がります。 登山道はそれほど砂埃が上がらないので、助かります。 富・・・

サブコンテンツ

※本ウェブサイトはあくまで個人的趣味によって収集したデータに基づいています。本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。富士登山について書かれたサイトは、その他多数あります。多くのサイトや情報を参考にすることをお勧めいたします。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。

このページの先頭へ